Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

怒りが、ずっと収まらない…。怒りが収まらず、長引いている時の対処法2つ

怒りが、ずっと収まらない…。怒りが収まらず、長引いている時の対処法2つ

怒りが 収まらない

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

今回は

  • 会社で私生活で、嫌なことがあり
    その怒りが大きい方
  • 忌々しい出来事や、相手から言われたことを
    思い出しては怒りに震えている方

また「もうこんな状態は十分だ」と気づきながらも
再びやってくる怒りをどう収めればいいのか、
難しさを感じる方へ。
 
長引く怒りを収めていく為の、対処法をご紹介します。

 

関連記事
特定の人にイライラする時に。オーラソーマ・15番ボトルから、意識したい1つの視点
仕事の難しい人間関係や疲れ、自分を見つめ直したい時に。過去記事のまとめ

 

 

相手への非難は 一旦停止

 

「怒るのは 当然だ。
相手はとんでもない人間で、ひどいことをしてくれた」
 
 
時間が経過していても尚、怒り続ける時
私たちは基本的には、こんな風に考えますよね。
 
 
けれどここでは「相手への非難」から距離をとり
違った角度から「怒り」について考えていきます。

相手への非難を続ける限り、怒りは長引きますが
長引く怒りに向き合っていくには
まず「怒りの構造」をおさえることが必要です。

 

押さえておくべき 怒りの構造

 

大きな怒りが長引くと、途中から
「疲れた…、もう思い出したくもない…」

と、思うようになりますが、こころでは平和を願いながらも
気がつくと、怒りを再発させてはいませんか?
 
 
そして、なぜこの
「怒りを拒否しているのに、怒り続ける」という
矛盾した状況が起こるのか。
 
 
それは「怒り」には私たちの意思とは関係なく
隙あらば私たちに付着し、乗っ取らんばかりの
「生きたエネルギー」を持っているからです。

 

怒り = 生きてる?

 

「怒り」はどう生きているのか。

実際に怒りについて探っていくと
「怒りのパターン」がわかるかと思います。

  • 反復の習性がある。毎回、同じ記憶や
    言葉を再生させ、感情をあおる
  • 相手を攻撃することは当然で
    自分の正しさを立証するよう、思考を興奮させる
  • 瞬間的に不愉快な記憶を思い出させ
    その記憶に怒りで反応するよう、仕向けてくる
  • 惨めさや悔しさ等、他の否定的な感情も連帯させ
    否定性の深みへと、引きずり込む

思い当たる節はありますか?

 

「でも怒ってるからこそ、こう感じるのでは?」
と思うかもしれません。

けれど怒りが長引き、あなた自身は既に
怒ることに疲れきっているのに尚、
怒り続ける、という矛盾した状態が起こるのは
 
 
まさにこの「怒りの生きたエネルギー」が
私たちの意思に反して
活動を再開しようとしているからです。

 

 

時に「怒り」に乗っ取られて
無自覚にも、顔つきが変わってしまう人がいますが
長引く怒りを抱えている時は
 
 
「怒りは自分から独立して活動している、別の生き物」
くらいに考え

怒りに対し、適切に対処していくことが必要です。
その上で、対処法です

 

長引く怒りへの 対処法

対処法は 2つです。

怒りのエネルギーパターンである「怒りの粘着性」を考慮し

何を言われても無反応か、散らすか です。

 

対処法1 無反応

 

怒りのパターンがやってきても、最初はやはり
怒りに飲み込まれてしまうかもしれません。

けれど途中で「あ…、これは例の怒りのエネルギーだ」
と気づいたなら、その後は水行のように

たとえ怒りの滝に打たれても
「完全な無反応」を貫いてみましょう。

 
 

怒りは
「あんなことされたんだよ。本当に許せないよね」
と様々な想念をちらつかせて
あなたが怒りに応じるよう、仕向けてくるかもしれません。

けれどここでグッとこらえ
一切の感情を注ぎ込まないようにします。

 

すると数分後には、全く違う考え事をしている自分に
気づくかもしれません。
 
 
その時こそが
「…あの時、怒りに反応しなくて良かった」と思える
怒りに翻弄されず、うまく対処できた瞬間です。

 
 

「それができれば、苦労しない…」
と思うかもしれませんが

ここで具体的な行動を起こさず
怒りに主導権を譲り渡してしまうと

心身ともに疲弊する状況から逃れることは
難しいかもしれません。

 
 

長引く怒りを終結させる為にも
然るべき行動を起こしていきましょう。

 

対処法2 怒りを散らす


2-1. 声で散らす家にいる場合

「あー」など、音は何でもいいので
自分の内に溜まっている、怒りを声で表して下さい。

今の怒り具合が70%なら
100%まで一気に怒りを引き上げて
全身で怒りを感じて、限界を超えましょう。
 
 
そうすると、あるところで
全身の力と怒りが抜けて、放心状態に到達します。
その状態に達したら、静けさの中でしばらく休みましょう。

 

2-2. 身体で散らす会社や、外にいる場合

お手洗い等の個室で、全身で怒りを感じて下さい。
 
 
怒りが全身に広がり、それが限界を超えて
蒸発していくまでを「瞬間的」に体験して下さい。

これはジャンプと一緒で、一定の緊張状態を保った後
一気に力を解放させる方法です。怒りを解放した後は
全身の力が抜け、静寂の感覚を感じます。

 
 

相手に焦点を当てたり、記憶を細かに思い出すと
怒りが再発し、怒りを解放させる瞬発力が弱まるので

純粋に「怒り」だけを感じて
即、吐き出すことを意識してください。

 

寝る前に 怒りが再発しそうな時に聴くといい音

 

睡眠前後は意識が開放的になる
怒りのコントロールが難しい時間帯ですが

「こころを癒す周波数」と言われる
528ヘルツの「ソルフェジオ周波数」を
聴くことも助けになります。

 
 

2010年メキシコ湾岸で、原油の流出により海が汚染された時
汚染された水に「528ヘルツの音」を流し
水質調査したところ

実験前に、7ppmだった油性物質の濃度が
実験後には、1ppm以下に下がったそうです。
 
 
科学的には検証中の「音の治癒力」ですが
528ヘルツの音は、海を再生させたように
私たちの心を癒し「細胞を再生させる音」と言われています。

 

最後に オーラソーマ

 

怒り=レッドが多い時は、補色であるグリーンを見ると
こころを和らげることを助けます。

過剰な怒りによって傷つくのは、こころです。
長引いた怒りの中ではなにより
こころをいたわることを大切にして下さい。

こころのケアが必要な方は、オーラソーマをどうぞ 

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index