Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

特定の人にイライラする時に。オーラソーマ・15番ボトルから、意識したい1つの視点

特定の人にイライラする時に。オーラソーマ・15番ボトルから、意識したい1つの視点
もやし
イライラさせられる
ねぎ
走ってきな

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん、特定の誰かにイライラして
「嫌だ…どうも耐えられない」と思うこと、
ありませんか?

 

もし今、そういった状況にいるのなら

「一刻も早く、相手や状況から逃れたい…
どうにかならないものか…」と思いながら
日々、やり過ごしているかもしれませんが

今回はそんな難しい状況にいる方へ。
オーラソーマ・15番ボトルから、今の状況に
少し取り入れてみたい、新しい視点をご紹介します。

 

関連記事
怒りが収まらない!怒った時に効果的なオーラソーマアイテム・レディナダのまとめ

 

 

「影」を意識する。オーラソーマ 15番ボトル

 

このボトルはオーラソーマ 15番ボトル
「新しい時代の奉仕」と言われるボトルです。

このボトルには「影」という
キーワードが関連しているのですが

この「影」という概念は、オーラソーマにおいても
あらゆる心理療法的なアプローチにおいても
大切な視点です。

そしてそんな「影」に関連する15番ボトルの
メッセージですが、その前にみなさんは
「裸の王様」のお話を覚えていますか?

 

 

仕立て屋に「おばかさんには、見えない布」で
衣装を作ってもらった、とある王様の話です。

その衣装は、肉眼で見ることはできないものの
家臣も王様も「この人は、ばかだ」と
思われたくない一心で、全員揃って

「自分には衣装が見える」と、豪語していきます。

 

けれども王様はどう見たって裸で
物語りの最後に、ある少年に
「王様は裸だ」と叫ばれてしまいます。

そしてオーラソーマの15番ボトルには
この「裸の王様」に流れているテーマが
潜んでいる気がします。

 

オーラソーマ 15番ボトルのメッセージ

 

私たちは、誰かに嫌な思いをさせられたり
苛立ちを感じた時は

「相手がそれを引き起こしたから
自分は怒っている」

と、その絶対的な方程式の中で
怒りを感じることが多いと思います。

 

けれど15番ボトルが伝えるのは
「相手=問題を引き起こした人」という概念の外にある

「自分自身の、影の部分」に意識を向けることです。

 

どういうことか というと…

 

たとえば、あなたが職場で
「仕事の飲み込みの遅い人」に苛々し
強い嫌悪感を抱いているとします。

 

 

それを普段通りに考えるのなら

「仕事を覚えるのは難しいのはわかる。でも
いくらなんでも飲み込み遅いし、正直イラつく…」

といった、一見筋の通った思いを抱くかもしれません。
けれどここで「15番ボトルの視点」を通すとすれば

 

仕事の処理能力の低さや、スローペースに苛つく、
というのは

「自分自身が全般的にせっかち気味で
基本、全てを早く済ますべき」と思っていたり

「一回、方法論を習ったのなら
全てをそつなく、完璧にこなすべき」

といった「急ぐこと・完全であることが善」
といった意識が、自己の内に深く根を張っているからこそ

スローペースで、物覚えが得意でない相手に
ことさら敏感に反応し
苛立ちを感じるのかもしれません。

 

早いことと、スローなこと。完全と、不完全さ。

これらは、そのどちらもが生きる上で必要な要素で
単純な善悪の中に、簡単に収まるものではありません。

 

けれど、私たちがどちらかの要素に強い観念や
執着を持っている場合は

そうでない人々に対して
「自分特有の意識」を振りかざしながら
人を拒絶し、批判することにも繋がりかねません。

 

そしてそれこそが
オーラソーマ、15番ボトルの伝える「影」です。

誰かに強く苛立ち、怒りを感じている時

「その状況の背後に
自分の影になっている部分はないか」

その視点を取り入れることを、15番ボトルは問いかけます。

 

ちなみにこれは、心理学でいう「投影」と言われる現象で
自分の影になっている部分が、他者を通して
鏡のように映し出される現象を指しています。

 

そして留意したいのは、私たちはこの「投影」を
「星の数ほど作動させている」ということです。

だからこそ、自分の影を見る姿勢が大事なのですが
それは結構、難しいことでもあります。

 

「なぜなら自分の影など、誰も見たくはない」

 

「裸の王様」のお話で、王様や家臣達が
己の名誉心を傷つけまいとして
「王様は裸だ」という事実を伏したのと同様に

私たちは自分の影になっている部分
自分の真実が、あぶりだされるような領域に向き合う際は

えぐられたくない部分を
えぐられるような苦痛の感覚を伴うことから
それを極力、避けようとする意識が働きます。

 

けれどそもそも「影が表れる」ということは

「自分の心の中に鎮座し、状況を硬直させていた
特定の意識を手放す時がきた」ということを示し

それは自己の変容と、状況の変化を促す
解放のサインでもあります。

 

 

もし今、相手にイライラしながらも
「自分の影」を見るという、新しい視点を持ち込めるなら

  • その状況において、自分は何を許せないのか
  • こうすべき、こうあるべき、という
    固定観念を持っていないか
  • その観念は、本当にそうだと言えるのか

に、意識を向けてみるといいかもしれません。

 

相手との状況が複雑な場合は
ここで「自分の影がどうの…」と言われても
そんなものは知らないし、どう考えても
悪いのは相手だ、と怒りを感じるかもしれません。

 

ですが「自らの影と、正面から向き合う」という
自分の意識を広げるかもしれない、新しい物の見方の中に
飛び込んでいける姿勢こそが

一見、不変に思えた状況を切り開く
ブレイクスルーポイントになるのかもしれません。

 

最後に オーラソーマ個人セッション

一人で考え続けたけど
状況や気持ちは硬直したままだ…。

そんな方は「新しい視点」に触れに
オーラソーマをお試し下さい。

色という鏡を使い
自分自身の硬直した部分をほぐしていく
カラーセラピーですよ

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index