Ricoriss リコリス

女性の「生きる」を創造する

激しい感情に振り回されている時こそ、あえて感情の中に入る

みなさん、激しい感情に振り回され
疲れ果てたことはありませんか?
 
 
特に怒りの渦中では、抜け出すことが難しく
果てしなく感情的になってしまいますよね。
 
今回は、感情が暴発気味の時に意識したい
「もう1つのあり方」のお話です。
 
 

「怒りに取り憑かれていく男」

 
幼い頃、美大の卒業制作展で
アニメーション作品を観ました。
 
美術館
 
そのアニメ作品は子供心にも
惹きつけられるものがあり
 
なけなしのお小遣いで
動画作品集を買って帰りました。
 
 
大人になったある時、その作家さんの作品が
米国アカデミー賞のノミネートをはじめ
世界のアニメ映画祭で受賞したことを知ります。
 
 
それが「頭山あたまやま
アニメーション作家、山村浩二さんの作品です。
 

 
頭山あたまやま」は、江戸時代の古典落語が題材で
 
あるケチな男が「捨てるのはもったいない」
さくらんぼの種を、食べる場面から始まります。
 
 
するとケチな男の頭に葉が生え、桜の花が咲き
やがて桜の木をめがけて
人々が押し寄せるようになりました。
 
 
ケチな男の頭の上は、花見客でごった返し
 
最初はやり過ごしてた男も
花見客の非常識な行動に
徐々に怒りを募らせていきます。
 
 
 
頭に生えた木のせいで
おかしな世界に迷い込んでいく「頭山」
 
この物語には類話があり、約700年前に書かれた
「堀池の僧正そうじょう が挙げられます。
 

ある怒りっぽい僧がいた
 
寺の近くに榎木えのきがあり
榎木えのき僧正そうじょうと呼ばれた
 
あだ名に苛立った僧が、榎木を切り落とすと
今度は「切り株の僧正そうじょうと呼ばれた
 
ますます怒った僧が、切り株を捨てると
跡地に堀池ができ「堀池の僧正そうじょうと呼ばれた
 

 
 
堀池の僧正そうじょう」も「頭山あたまやま」も元を辿れば
 

  • 怒りっぽい
  • ケチ、など

 
自らの否定的な性質が仇となり
状況が悪化していくのですが
 
 
当の本人は
自分が蒔いている、問題の種がわからず
行き着くところまで、転がり落ちていきます。
 
 
 
私たちも激しい感情を抱えている時は
大抵「堀池の僧正」や「頭山」のように
 
その状況に、沸きあがる感情に振り回され
疲れ果てて終わります。
 
 
ですが「そうじゃない在り方」を描いたのが
 
美大の卒業展で買った
山村浩二さんのアニメ作品集の
 
「神様」という話でした。
 
 
 

「神様」

 

もやし
ぼく?
ねぎ
地獄におちな

 
舞台はある室内で
 
部屋から真っ直ぐこちらを見ている
「不思議な存在」がいます。
 

 
「不思議な存在」は、ずっと同じ姿勢で
お尻をポリポリ掻き、ぼんやりしています。
 
 
時折部屋のドアから、他の生き物や蝶がきても
「不思議な存在」は特にリアクションを示さず
基本、何も起こりません。
 
 
ですが他の生き物たちが帰り
やがて部屋に1人、とり残されると
 
呑気に見えた「不思議な存在」の目に
涙がたまりだし、はらはら泣きだしはじめます。
 
 
「頭山」の男が、人々の振る舞いに
我を忘れ、荒れ狂っていくのとは反対に
 
 
「神様」の不思議な存在は
 
こころの奥からこみあげてくる
悲しみの内にたたずみながら、沈黙を貫きます。
 

 
泣きじゃくる、不思議な存在の悲しみで
全てが染まっていったその時
 
 
突然、部屋の扉が開き
そこに「神様」おぼしき存在がやってきます。
 
 
驚く不思議な存在ですが、扉はすぐ閉まり
「神様」は、さっさと帰っていくのでした。
 
 
「一体何が起きたんだ?」
 
 
目をぱちくりさせ、呆然とする不思議な存在。
 
神の来訪という、刹那の出来事ですが
空気は明らかに変わります。
 
 
やがて部屋には、どこからともなく蝶がやってきて
気がつくと涙は乾き
また、のどかな日常に戻っていきます。
 
 

激情のピークを迎える時

 
カウンセリングでも
クライアントさんのこころに
 
真空地帯のような空間が
立ち上がることがあります。
 
 
それはなぎ──
精神の全てが、静止したような空間で
 
 
「不思議な存在」が、たどり着いたような
 
自らの悲しみを思い、泣くための
最後に残されたような空間です。
 
 
そして激情さえも果て、力尽き
「もうダメだと思ったその瞬間」
 
「神様」が訪れます。
 

 
まるで救世主に思える人と遭遇したり
 
考え方がひっくり返るような出来事が起き
改心に繋がるといった「神様」もあるでしょう。
 
 
感情に振り回されている最中は
神も仏もあったものではありませんが
 
世界には人の手を超え、自立した力が流れていて
助けや恵みのようなものは
 
 
こころのなぎ
精神のもっとも深い、沈黙の淵に流れ出します。
 
 
 
ですがなぎの地点は
一歩間違えれば、感情に引き裂かれる
発狂の危険と、隣り合わせでもあります。
 
 
「助けなんてない」
 
皮肉シニカルで嘲笑的な態度に傾けばそれまで。
なぎは起こらないし
 
作為的に作るなぎにも
もちろん宿るものはありません。
 
 
激情の奥、感情の深みに降りていけるかは
私たちに委ねられています。
 

 
誰もいない室内に1人、不思議な存在は
感情の深みに自分を捧げます。
 
 
灼熱のような激しい感情の内にも
凍てついた、氷のような感情が隠れていて
 
自らその氷を溶かさない限り
鎮まらない激情はあります。
 
 
あなたは何を失ったのでしょう?
激情の奥を覗きこんでみてください。
 
 
激しい感情の果て、こころの深淵でしか
開かない扉があり
 
泣くしかできない孤独な凪に、神様は宿ります。
 
 

最後に


 
オンライン・カウンセリングコースでは
激しい感情の内側にある
思いの源泉につながるプロセスを辿ります。
 
 
激情に突き動かされている時ほど
 
一体何が、自分を突き動かしているのかを捉える
静けさと意志が必要です。

 
 
こころの奥の静かな空間から
自分を見つめ直したい方や
 
自分のために泣きたいような気持ちの方は
オンラインコースをどうぞ

オンラインカウンセリング

 
 
世界の著名なアニメーション映画祭で
グランプリ受賞および入賞した
山村浩二さん「頭山」もどうぞ
 

 

About The Author

Ricorissリコリスを主催する
心理カウンセラー/サウンドセラピスト
 
プロフィールを見る

人間関係の舞台裏「人間関係には、舞台裏がある」

女性の「生きる」を創造する
人間関係を、自分を見つめる

オンライン・カウンセリングコース
Online Counseling Course

 

自分を思うひとときRicorissのメルマガ


●メルマガ限定のコラムや
●キャンペーン情報を含む

自分を思うひとときを過ごす
メルマガをお届けします

    
オンライン・カウンセリングコース
裏側の物語
 女性のための、カウンセリングサロン
Ricorissリコリスの思い
©Ricoriss All Rights Reserved
著作権者の許可のない、当サイトの文章や画像の無断転載や使用および
言い回しを変えた、内容の模倣を禁じます
error: Content is protected !!