Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
プロフィール・Ricorissの思い

このサイトを見つけていただき、ありがとうございます。
Ricorissの、りこといいます。

私がRicorissを立ち上げたのは

今の生き方に行き詰まり感を感じていたり
自分自身のこと、これからの生き方を
見つめ直したい女性のための

こころに寄り添うサロンを作りたかったからです。

 

プロフィール

りこ

出身地:神奈川県
学生時代から主に東南アジアを旅して
シンガポールに5年半ほど暮らす

幼い頃の思い出:すべり台の降りるところに
落とし穴をつくった

好きなもの:自然、お散歩、旅
猫、花、カフェで読書

好きな言葉:「あくる朝起きたら
また違う風が吹いているからね」河合隼雄

 

この仕事をはじめたきっかけ

今私はこころのケアを専門する分野にいますが

以前は心うんぬんより程遠い現実主義者で
人生のほとんどを、論理思考で生きてきました。

 

 

当時は何かにつけて
「メリット、デメリットは何で一体どちらがいいのか」

そんな風に分析しては、答えを探していましたが
ある時、数ヶ月考え続けても
答えがみつからない問題を抱えました。

それは論理では解決できない、簡単に割り切ることのできない
感情、こころの問題でした。

 

そんな時、偶然見つけたオーラソーマ

 

今までの自分の考え方では、答えがでずに
心が疲れ始めていたある日。

その状況から、気持ちを引き離せる何かが欲しくて
ネットで、セラピーや癒しについて検索していた時

偶然、オーラソーマを見つけました。

 

「名前が不思議だ。そして色がきれいだ」

 

たったそれだけの理由で、突然スクールに申込み

綺麗なボトルでも見て、現実を忘れようと
最初は単純に思っていたのですが

そこでカラーボトルを通じて
初めて、自分の「こころの声」に触れました。

 

こころの声が言っていたこと

 

 

それまで私の論理の声は「私が、もう少し頑張ればいい」
と言い続けていたのですが

私のこころの声は
論理の声に押しつぶされながらもずっと
「もう疲れたよ」と叫んでいたのです。

 

そこでようやく
「自分の本当の思いに耳を傾けてこなかった」
という問題の核心に気付き

その状況から自分を解放させる共に
生きる上で「自分」と「こころ」が調和していることが
いかに大切かを知りました。

 

こころをケアするサロンを作りたい

 

私の仕事は、こころを扱います。

ですが働く女性は、こころとか感情とかに
構ってられない程、忙しさに追われながら
日々を生きなければならない時があると思います。

 

けれど、そこでケアが回らなかった気持ちや感情は
そのままどこかに消える訳ではなく

意識の奥に沈んだまま、自分では全く気がつかないところで
私たちの歩みに影を落としたり、遮ったりもします。

 

私がRicorissを立ち上げたのは

私たちのこころの奥に潜り込んでいて
「自分の歩みを弱めている何か」を見つめたり
解放させる機会を持つことで

こころと生き方がより調和し、本来の自分らしさが花開き

人生をこころから豊かに歩んでいける女性が
少しでも増えていくようにと、願ったからです。

 

 

経歴

多摩美術大学卒業。シンガポールに5年半在住し
大手メーカーで秘書やマーケティングに従事

日本及び、イギリスでオーラソーマや
クリスタルボウルの修養を積みながら

シンガポールベースで、個人セッションや
コラボレーションイベントなど多数開催

 

今を生きる女性たちが
混沌として、疲れきった思いの中を生きるのではなく

こころを見つめ、調律していくことで
私たちが本来、花開かせることのできる何かを
静かに開花させていくこと。

 

こころから、花ひらく。

 

そんな女性達の生き方をサポートすること。
それがRicorissの思いです。

 

 

 

※現在クリスタルボウルヒーリングは
スペース近隣が工事中のため、一時中止しております