Ricoriss リコリス

女性の「生きる」を創造する

プロフィール・思い

こんにちは。Ricorissリコリスの、Ricoです。
 
私がRicorissリコリスを立ち上げたのは
 
今を生きる女性が、こころを育み
生きる道を創造する場を、作りたかったからです。
 
 

プロフィール

Ricoりこ
神奈川出身。学生時代から世界を旅し
シンガポールには、5年半ほど滞在して働く
 
幼少の思い出
すべり台の降りるところに、落とし穴を作った
 
好きなもの
自然・散歩・旅・猫・花
 
好きな言葉
「あくる朝起きたら
また違う風が吹いているからね」
河合隼雄

 
 

この仕事をはじめたきっかけ

 
現在は精神的な分野に、身を置いていますが
 
以前は完全な現実主義者で
こころ云々よりは、人生のほとんどを
論理や理屈で生きていました。
 

 
「メリット、デメリットは何で
どちらがいいか」

 
 
いつも分析的に、答えを探していましたが
ある時どれだけ考えても
答えの見つからない問題を抱えました。
 
 
今にして思えばそれは、論理で割り切れない感情
「こころ」の問題でした。
 
 

偶然見つけた、心理系カウンセリング

 
「今までの考え方では通用しない」
 
けれど解決策が見つからず
疲れきっていたある日。
 
 
その状況から気持ちを引き離せる
何かが欲しくて
 
ネットで「セラピー」や「癒し」について
検索していると偶然
心理系のカウンセリングを見つけます。
 
 
ともかく現実を忘れ、癒されたい一心で
突発的にカウンセリングを受けたのですが
そこではじめて
 
自分の「こころの声」を聞きました。
 
 

こころが伝えていたこと

 
それまで自分の「論理の声」は
「もう少し頑張れ」と言い続けていたのですが
 
 
私の「こころの声」は
論理の声に押しつぶされながらもずっと
「もう疲れたよ」と叫んでいたのです。
 
 
そこでようやく
「自分の本当の思いに、耳を傾けてこなかった」
 
問題の核心に気付き
その状況から自分を解放させると共に
 
 
「自分」「こころ」の調和が
生きる上で、いかに大切かを知りました。
 
 

こころを調律できる場を作りたい

 
私たちはこころと、感情と生きています。
 
 
知性は教育の場で鍛えられ
身体を治療し、ケアできる場はあっても
精神、私たちの内面世界に対するケアは
 
「それって、精神が弱ってる人向けでしょ?
私はそこまで深刻じゃない」

 
抵抗や戸惑いを感じる意識の方が大きく
なかなか自分の精神の世界を
正面きって、見つめる機会はありません。
 
 
ですが私たちのこころの奥、
無意識に隠れている、感情や思いは
 
 
今この瞬間の、自分のあり方や生き方
 
そして未来に向かって
「こう生きたい」と願う道さえ
硬直させている事実は、あまり知られていません。
 

 
混沌とした、変化の激しい社会の中で
自分の人生が、どうなってしまうのか。
 
時にその答えを社会に他者に
求めたくもなるでしょう。
 
 
けれど最終的に、自分を支える砦となるのは
私たちそれぞれの「こころの軸」
 
あらゆる変化の濁流にあっても
自分の中心点を見失わない確かさを
自らの内に、育てることのように思います。
 
 
 
私が、Ricorissリコリスを立ち上げたのは
 
こころの中心点を育み
自分自身と、生き方とを調和させながら
 
自分で自分の人生を
創造できる女性が増えていくようにと
願ったからです。
 
 

経歴

多摩美術大学卒業
大手メーカーに勤務後
2016年から、Ricorissリコリスを立ち上げ
心理カウンセラー/サウンドセラピスト
エッセイストとして活動中

 

今を生きる女性のこころを育み
この人生で開花できる力を
内側から呼び覚ます。
 
 
自分を人間関係を、生き方を再生させ
女性の「生きる」を創造する
 
 
それがRicorissリコリスの思いです
 

 

Menu

 

error: Content is protected !!