Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

職場での誤解を解く。誤解の構造を理解して、人間関係がこじれた時に行う対処法

職場での誤解を解く。誤解の構造を理解して、人間関係がこじれた時に行う対処法

職場の人に、悪く誤解されてる…

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

親しい関係であれ、違う人間である以上
誤解する、される状況は避けられませんよね。

 

こちらとしては悪意はないのに
一方的に誤解されてしまった方や

大して仲の良くない相手から誤解され
相手から攻撃的な態度や、不快感を表されて辛い

など、難しい状況に直面している方もいると思います。

 

今回は何故そういった、一方的な誤解が発生するのか。
誤解の心理的な背景に触れながら、対策をご紹介します。

 

関連記事
「あなたにはわかって欲しかった」悲しみと怒りに。こころを癒していくためのお話
一人は寂しい。でも面倒な人間関係は疲れる。人間関係に疲れたら「ハリネズミの願い」

 

 

誤解の 心理的な背景を知る

 

普段の私たちの意識状態を
下記の図で表すとします

color-conscious

丸の中心にあなたがいます。
その周りに、様々な意識や無意識があり
様々な色は、感情を表します。

 

相手の 誤解のはじまり

 

あなたを誤解した相手が、女性だったとしましょう。

彼女は幼い頃
「あなたはお姉さんだから、しっかりしなさい」
と、親からしつけられたとします。

その時の彼女の意識は、先ほどの図で表すと
彼女の思考(ブルー)が動いて、彼女にこう言います。

bluetalk
 

思考
お姉さんらしく、
しっかり自己規律しないとダメだ

 

その時から彼女は、親の言いつけを守り
「しっかりと振る舞うこと」を自分に課していきます。
一方で

彼女
もっと自由に、振る舞いたい…

 
という悲しみも、こころに宿っているかもしれません。

この悲しみは「しっかりしないとダメ」という
思考に押され、彼女の無意識の中に沈んでいきますが
この後も、無意識の中で生き続けます。

sad-pic

 

悪い誤解が 生まれる瞬間

 

 

その後、成長した彼女がたとえば
「自分の意思を大切にする、Aさん」に出会うとします。

 

Aさんは、たとえ誰かに何かを課せられても
自分の意思に沿わない、と感じたら
「それは、自分にはできない」と
はっきり自己主張する人かもしれません。

 

ですがもし彼女が、そんなAさんの態度を見たならば
彼女はAさんに対して
強い不快感や、怒りを感じる可能性があります。

 

なぜなら、親の言いつけ通り「しっかり者」であることを
自分に課してきた彼女にとっては
「自分の意のままに行動する、Aさん」というのは

昔そう振る舞いたくても、許されなかった部分を
完全に体現している相手だからです。

 

 

彼女の心の奥に、長い間潜んでいた
「しっかり者を、演じ続けるしかなかった悲しみ」は
ここで怒りに転じ、Aさんに対して

「なんの責任を負うこともなく
自由勝手に振る舞う、嫌な人間」

といった、偏見を作りあげるかもしれません。

 

そしてここが、身に覚えのない悪い誤解が
生まれる瞬間でもあります。

 

相手の抑圧しているものに触れる時、誤解が起きやすい

 

私たちのこころ、無意識の中には
長い時間をかけて抑圧された
数多くの悲しみや、怒りがひしめいています。

 

 

たとえ私たちが「しごく一般的」と思われる
言動をしたとしても

相手の人生の中で、無意識に抑圧してきた「何か」に
運悪く触れてしまえば、こちらに悪意はなくても、

相手から、一方的な誤解を受けたり
トラブルにつながる可能性はあります。

 
悪い誤解の全てが
「相手の無意識が発動し、怒りを引き起している」
とは断定はできませんが

相手の誤解が、全く客観性を欠いていて
度を超えたような、怒りを伴っている時は

彼らの、無意識の中の「何か」が
誤解の原点になっている場合があります。

その場合「彼らの無意識を紐とき、誤解を解く」のは
実は神業に近いほど、難しいと言えます。

 

よって、こういう状況では

もやし
相手の何かに、触れちゃったんだな…

と、精神的に一歩引き下がる方が、賢明なのかもしれません。
けれど、その上で対策をとるなら

 

自分自身に 誠実であること

 

不条理な誤解をうけ、相手から攻撃をうけた時などは
特に動揺し、気持ちがぶれてしまいます。

 

けれど相手が誰で、自分に何をしてこようが

自分の内において、良心の呵責がないのなら
一種の迫害的な状況にあっても

自分が本当に思っていることを歪めたり、
相手に対して、下手に出る必要はなく

まっすぐに「自分自身」である姿勢は大切です。

 

身に覚えのない誤解や、不当な扱いを受けた時こそ
自らの芯の部分が揺らがないよう、意識を固め直し

相手の無意識の問題と、自分の行動とを
混同させる必要があるのかを
考えてみるといいかもしれません。

 

誤解に、たじろがない。自分をぶらさない。
人からどう思われようと、間違ったことをしていないのなら
自分を揺るがさない姿勢を貫くことは、大切です。

 

けれど、自分の行動の棚卸しも忘れずに

 

全てが全て「相手の無意識の問題」
な訳では、ないかもしれません。

 

相手とのやりとりを思い出し
「相手が誤解しているとすれば、あの行動か?」と
自分の言動を、客観的に内省することも大切です。

もし、こちらに何らかの落ち度があったならば
相手が求めているのは、非を認めたり、
素直に、反省の態度を示すことです。

まだ距離を縮められる関係性ならば、
謙虚に自らの言動を見直し、時間をかけて
相手に働きかけていくしかありません。

 

人間関係で、心身ともに疲れ気味で
こころに滋養が必要な方や

今抱えている思いを、癒しながらも
見つめ直したい方は、色の鏡で心を映しだす
英国式オーラソーマをどうぞ

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 
 

TAG index

 

TAG index