Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私、思いやりがないのかも…。思いやり力を高め、人間関係を変えていく為に大切な姿勢

私、思いやりがないのかも…。思いやり力を高め、人間関係を変えていく為に大切な姿勢

私もしかして、思いやりがない…?

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

 

みなさん
自分には思いやりがある、と思いますか?

 

自分としては「ある」と思っていても

  • 「思いやりがないよね…」
    と、はっきり言われてしまったり
  • どうも思いやりが足りないらしく
    人間関係があまりうまくいかない

そういった方もいるかもしれません。

今回は「思いやり」という部分で
どうもつまずいてしまっている気がする方へ。

思いやりの力を高め、人間関係により良く
働きかけていく為に、大切なことをご紹介します。

 

関連記事
人を受け入れられない、どうしていいのかわからない方へ。心に留めたい2つのこと
人間関係で大切なのは、人の話を「聴く」力。聴く力を育むために意識したい大切なこと

 

ちなみに「思いやり」とは?

 

【思いやり】

自分の行動・言葉がどう他者の感情に
影響を及ぼすかを考えられること
vocabulary.com

 

たとえば、体調の悪そうな妻を見た夫が
いつもはしない皿あらいを手伝うことは

相手や、相手が欲しているニーズを予測し
それに応じた行動をとれているので
思いやりがある、と言えます。

 

今、「自分の思いやり力は、弱いのかもしれない」
と感じている方は、その力をいかに高めていけるのかが
ポイントになってくると思いますが、大切なのは

 

自分で自分を、思いやれる力をつけること

 

その力を底上げすること。
それに尽きるのかもしれません。

 

 

もしかすると、みなさんの中には

「…自分を、思いやる…??」と、その概念自体に
戸惑いを覚える方もいるかもしれません。

 

ですがなぜ、まず「自分自身を思いやる力」を
底上げすることが大切かというと

自分で料理を作れない人が
人に料理を教えることができないのと同様に

自分で自分を思いやる感覚が曖昧な場合
それを人に与えていくことは、難しさを伴うからです。

 

自分に対しての 思いやりの質を高める

 

よってまず、最初に取り組むべきは
自分が自分にかけられる「思いやりの質」を高めること。

その姿勢を育むことは、他者への思いやりの力を
育てていく上で力になります。

 

そして「自分への思いやり」とは、たとえば

  • 仕事をミスなく仕上げられた
  • 料理を丁寧に作った

など、それがどんな小さいことでも
自分の行った小さな行為に気づき

それを「ああ、あれはよくやったよな」
と自認し、認めてあげる姿勢です。

 

なぜなら他者に対する思いやりは

  1. まず、起こった出来事に気づける
  2. それを踏まえて、配慮ある言動を相手に返していく

というプロセスを必ず辿るため、まずは日常で
自分が行う小さな行為に客観的に自分で気づけて

そしてそれがなんであれ、その行為に対して
穏やかな眼差しを向けることができる、いう姿勢が大切です。

 

フォローできる という力

また自分自身に対して
「フォローをできる力」を高めていくことも力になります。

フォローの力とは、例えば

  • 悲しくてしかたない…と感じたなら
    うん…悲しかったよね…
  • 怒り心頭で許せない… と感じるなら
    その位、辛かったよね… など

感情的にたまらない時に
「たしかにあれは、ひどかったよね…」とフォローを入れ
自分の気持ちに保護を与えられる力です。

 

その自己フォローの力を成長させていくことは
他者が強い喜怒哀楽を表している時においても

一体どういった言葉をかければ
相手の気持ちに少しでも和らぐのか、マシになるのかに
思いを馳せることができる、思いやりの基礎力に繋がります。

 

思いやりに 正解はない

けれど日々、自分を思いやる力をつけたとしても
実際、人にそれを差し向けたところで

「違う、私が欲しいのはそういうのじゃない」

と、もしかしたら一生懸命に差し出した思いやりさえ
はね除けられることがあるかもしれません。

 

 

けれど、そうしたらまた「ちょっと傷ついた…」
と、再び自分の心のケアに意識を引き戻すこと。

そうしてまた、自分を思いやる循環に戻り
その循環の中で培った配慮の力を再び

他の誰かが必要としている時に、自然に注いでいくこと。

 

これを読んでいる方の中には
「自分には思いやりがないのでは…?」
と思っている方がいるかもしれません。

けれどこうして自分の内側を見つめ、内省している時点で

「自分を客観的に見つめる」という
他者を思いやる際に必要な力は、そこにあります。

 

 

人間関係で苦労したからこそ、人に対して
礼節をわきまえるようになるし
自分のあり方を変える、きっかけを掴むことができる。

 

自分自身に対して、打算や計算ではなく
こころからの慈しみや思いやりを
自然にかけてあげられる時。

それを他者に施していくことは
以前より、難しくはないのだと思います。

 

まず先に自分の気持ちのケアが必要だと感じたら
オーラソーマをどうぞ 

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 
 

TAG index

 

TAG index