私、思いやりがないのかも…。思いやり力を高め、人間関係を変えていく為に大切な姿勢

私、思いやりがないのかも…。思いやり力を高め、人間関係を変えていく為に大切な姿勢

私、思いやりがない

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさんは、思いやりがあると思いますか?
 
自分としては「ある」と思っていても

  • 「思いやりがない」と言われてしまったり
  • 思いやりが足りないらしく
    人間関係がうまくいかない方も、いるかもしれません

今回はそんな「思いやりの力」を育むためのお話です。
 
 
関連記事
人を受け入れられない、どうしていいのかわからない方へ。心に留めたい2つのこと
人間関係を支えるのは「聴く力」。聴く力を育む、意識したい大切なこと
 

 

ちなみに「思いやり」とは?

【思いやり】

自分の行動・言葉が、どう他者の感情に
影響を及ぼすかを考えられること
vocabulary.com

もし「自分の思いやりの力は弱いのかも」と
感じている方は、大切なのは
 

「自分で自分を、思いやる力をつける」

 
その力を底上げすることに、尽きるのかもしれません。

 
中には「自分を思いやる」その概念自体に
戸惑いを覚える方もいるかもしれませんが
なぜ「自分を思いやる力」の底上げが大切かというと
 
自分で料理を作れない人が
他者に料理を教えられないのと同様に

自分で自分を思いやる感覚が、曖昧な場合
それを人に与え、人間関係で発揮するのは難しいからです。
 
 

よってまず、最初に取り組むべきは

 
自分が自分にかける「思いやりの質」を高めること。

その姿勢は
他者への思いやり力を育てる上での、基礎になります。

 
「自分への思いやり」とは例えば

  • 仕事をミスなく仕上げられた
  • 心身の疲れに気づき、自分を労ったなど

どんなことでも、自分が行った小さな行為に気づき
「この部分はよくやった」と、認められることです。
 
というのも、他者に対する思いやりは

  1. 起こった出来事に気づけて
  2. それを踏まえて、配慮ある言動を相手に返す

必ずこのプロセスを辿るため

まずは日常で「自分が行う行為」に客観的に気づけて
その行為に対し、肯定的な眼差しを向ける姿勢が大切です。
 
 

フォローの力も大切

 
また「自分に対して、フォローできる力」も力になります。
たとえば自分自身で

  • 悲しくてしかたない、と感じている時は
    「悲しかったよね」とフォローを入れる
  • 怒り心頭で、許せないと感じたなら
    「その位辛かったよね」など

感情的にたまらない時に、その思いを受けとめ、励ます。
自分に対して、フォローができる力です。
 
 
その「自己フォロー力」がついてくると
誰かが喜怒哀楽を表している際でも

「一体どういう言動をとれば
相手の気持ちが和らいだり、少しでもマシになるのか」
 
相手の状況や思いに、気持ちを馳せられる
思いやりの基礎力に繋がります。
 
 

思いやりに正解はない

 
けれど日々、自らを思いやる力をつけ
実際それを、人に差し向けたところで

「違う。私が欲しいのは、そういうのじゃない」と

懸命に差し出した思いやりさえ
はね除けられるかもしれません。

 
けれどそうなったらまた
「傷ついてしまった」と、傷ついた自分をフォローをする。

そうしてまた、自分を思いやる循環に戻り
そこで培った配慮の力を再び
誰かが必要としている時に、そっと注ぐ。
 
 
これを読んでいる方の中には
自分には思いやりがないのでは?と感じている方が
いるかもしれません。

けれどこうして、自らを省みている時点で
他者を思いやる際に必要な、客観性はあります。

客観性や観察力がないと、他者への配慮はできません。

どんな人でも、人間関係で苦労したからこそ
礼節をわきまえるようになるし

後悔や罪悪感、苦しい思いが本来戻るべき道へと
自分を戻してくれることもある。
 
 
そして自分に対し、こころからの慈しみや
思いやりをかけられる時。それを他者に差し出すのは
以前より困難ではなくなります。
 
 
まずは自分に。そして周囲に。

内側から温めることから、始めて下さい。
 
 
 
こころのケアしながら
人間関係や、自分自身を見つめたい方は

関係性と自分を育む、同じ過ちは繰り返さない。
「人間関係の舞台裏」オンラインコースをどうぞ 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!