Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「あなたには、わかって欲しかった」悲しみと怒りに。こころを癒していくためのお話

「あなたには、わかって欲しかった」悲しみと怒りに。こころを癒していくためのお話

「あなたには、わかって欲しかった」

 

もやし
ねぎちゃんは、わかってくれるよね?
ねぎ
わかんない

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

 

みなさん、一生懸命伝えたいことがあったのに
相手に少しだけ、寄り添って欲しかっただけなのに

実際相手からは同意も得られず、全く理解もされず
強い憤りや、悲しみを感じたことはありませんか?

 

受け入れられることを望んでいたのにも関わらず
それを踏みにじられた際の衝撃は
時に、人間関係に大きな影をもたらすことがあります。

 

今回は人間関係で、相手から理解してもらえずに
こころのわだかまりを抱え続けている方へ。
気に留めておきたいお話をご紹介します。

 

関連記事
癒やすことが難しい、心の傷から生み出されるもの。消えない心の傷を、抱えている時に
悲しみや怒りをずっと握りしめていて、消えない方へ。オーラソーマ45番のメッセージ

 

 

 

全てを受けとめる「おおきな木」

 

みなさんは
「おおきな木」という絵本を知っていますか?
おおきな木 [ シェル・シルヴァスタイン ]

このお話は、おおきなリンゴの木と
一人の少年の物語で、少年が老年期を迎える迄の
おおきな木との交流が描かれています。

 

おおきな木は少年が望むのなら、リンゴを与え枝を与え
最後は自らが切り株になろうとも

「それでこの子が幸せになるのなら」と
少年に全てを捧げながら、彼の願いに応え続けていきます。

 

この物語が問いかけるのは、私たちはこの少年のように
「自分の望みに耳を傾け、守ってほしい」と相手に願う
強い要求を持っていることや

おおきな木が示す、何をも拒否せず
自らを切り崩しながらも、相手を受け入れる姿勢こそが
最善の愛情なのかという、問いかけかもしれません。

 

 

私たちはおおきな木、「聖母」を求める

 

私たちは幼い頃から、このおおきな木のように

優しく慈しみ深い「聖母」のような相手から
「自分を受けとめてもらいたい」と願う
本能的な欲求を、無意識的に持っています。

 

これはオーラソーマ、84番
「風の中のキャンドル」というボトルで

このボトルは「母親」というキーワードに関連しています。

 

難しい状況に直面し、誰かから自分を受けとめてもらうことで
弱った気持ちを補強し、立ち直りたいと思っている時。

もし、私たちが相手に対して
「優しい母親のような理解と受容」を求める場合は
残念ながら、傷ついてしまうことがあるかもしれません。

 

というのも相手も自分も、私たちの実の母親でさえも
無下に人を扱うこともあれば、独善的に人を批判もする
聖母でなければ、ただの人の子で

誰しもが
「こういう状況なら、普通はわかってくれるでしょ」という
一般的な常識感覚に沿って生きている、というよりは

自らの世界観に沿って、忠実に生きているからです。

 

 

オーラソーマ84番。風の中のキャンドルから

 

手を伸ばし理解を求めたのに
相手からは予期せぬ批判や、黙殺が帰ってきた場合や

その相手が親密性の高い人であればある程
そこで受ける精神的な痛手は
簡単に癒えるものではありません。

 

けれど自分の思いを、寸分違わず理解できる人はいないし

自らのニーズを完璧な形で満たしてくれる人を
この世界に求めるのは、非常に難しいことなのかもしれません。

 

 

「風の中のキャンドル」というボトル名には

キャンドルの火が強い風を受け、
吹き飛ばされそうな状況にあっても

キャンドルはまっすぐに
その風を受けとめようとしている情景があります。

 

「なぜ、自分をわかってくれなかったのか」と
激怒の炎で、自らを焼き尽くしてしまわないように。

そしてこころの内に灯る、自分を守る温かな火までも
かき消してしまわないように。

 

 

時に吹きつけてくる冷たい風の中で

 

誰かから理解され、受け入れられることと
全く受け入れられないこと。

 

その2つを、人生では容赦なく背負っているということを
傷つきながらも、受けとめられる強さに開いていく時。

 

キャンドルの火は、風の中にあっても
消えることはないのかもしれません。

 

 

最後に。オーラソーマ

 

オーラソーマは
私たちのこころの内にあるキャンドルに
もう一度、火を灯していくようなカラーセラピーです。

 

疲れ気味な日々が続いて、こころに温かさが必要な時は
色の中で自分を癒す、オーラソーマをどうぞ

 

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 
 

TAG index

 

TAG index