人に甘えられない、頼れない。一人で頑張りながらも、こころは疲れている方へ

人に甘えられない、頼れない。一人で頑張りながらも、こころは疲れている方へ

「甘えられない」

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさんは、人に甘えられますか?
 
今回は難しい状況下でも、何とか自己解決し
あまり人に頼らない、頼れない。

けれど人に甘えられず
本当はこころが疲れている方への、お話です。
 
 
関連記事
損な役回りを、背負っている気がする。どこか微妙な役割を、引き受けている方へのお話
 

 

できるだけ、自力でどうにかしたい

 
「人の手を煩わせたくないし、相手に申し訳ないから」

それが以前会った、甘えられない方が
話してくれた内容でした。

実際、人の手を煩わさず、自己解決するこの方は
周囲にとっては、助かる存在でしょうし

他者に配慮する姿勢は
人生では確実に、プラスに働いていると思います。
 
 
ですが「人の助けに身を委ねられない」
素直に甘えを、表現するのが難しいのは

「他者から手渡されるもの」と「自分」とを繋ぐ
「パイプ」のような意識が弱い。

そのパイプに何らかの、根詰まりがあるのかもしれません。
 
 

他者から手渡されるもの、といえば

 
昔「手渡される紙」を頼りに
宝探しする遊びをしていました。

一人の子が、いくつか紙に指示を書き、家の中に隠す。
そして他の子は、隠された紙=指示書を探します。
 
 
たとえば最初は
「テレビの側を探せ」と、書かれた指示書がある。

そしてテレビの側に行くと今度は
「洗濯機を探せ」と、新たな指示書を見つける。
 
 
それを繰り返すと最後に宝、お菓子を見つけるのです。

思えば人生も、似たようなものなのかもしれません。
 
 
自分の力だけでは、宝を探せない私たちは
他者から手渡される「指示の紙」
助言や教訓を、それとなく受け取り生きていく。
 
偶然、友人から聞いた話が、その時の自分にとっては
必要な情報だった等も、その1つです。
 
 
けれど仮に「他者から手渡される紙」の中に
「ビターな紙」があったら?

 
「よくもまぁ、その程度のことで人に甘えられるね。
少しは自分で考えたら?」
 
 
人によってはそれ以降、もう二度と
「ビターな紙」に傷付けられまいと

やたらと自力で解決するようになったり
完璧な自分であることを、自らに課す方もいるでしょう。
 
 
痛い目に遭えばそれだけ、手放しで人を信頼する力や
他者から「手渡されるもの」を受けとる力は
弱まっていきます。
 
 

ですが側から見たら「遠慮は無用」

 
「どんな事情があるにせよ、必要な時は素直に甘え
手を伸ばして欲しい」と思うことでしょう。

 
けれど甘えられない人にとって
その言葉はありがくとも、実際は
なんの意味も、もたない場合があります。
 
というのも、甘えられない人にとっては
救いを求めようにも、他者に伸ばす「手」を
喪失している場合があるからです。
 
 
たとえそうでも、手が伸ばせないなら口を、足を
全身のどこを使ってでも、ともかく支えを求めればいい。
 
 
ですが甘えられない人はその度
口が、足が、全身が消えていき

他者に架かるはずの「橋」を
喪失していることに気づきます。

その「橋」を喪失してしまったのは
 
「自分を支えてくれるものなんて、ない」
こころに根付いてしまった、信念のせいかもしれないし

一人で全ての矢面に立ち、生きなければならなかった。

そんな環境にいたからこそ、人に甘える選択肢を
自分のものに、しきれないのかもしれません。
 
 
決して一人では、生きていけないはずの
この世界に、身一つで立ち向かい

他者に伸ばしたいはずの「橋」が一体
どこにあるのかも、わからない。

にも関わらず「皆に負担をかけたくない」と
時に過度な重荷を背負い、その重さに麻痺し
けれど優しく微笑みながら、言ったりもします。
 
 
「いいんです。自分でやれますから。
だから私のことは、どうぞ気にしないで下さい」

 
 
人に甘えられない心理の裏には、他者には
簡単に理解できない、根深いものがあります。
 
 

「人の手を信じていい」

 
甘えられない人が、その概念を全身で信じ
生きられるまでは、大きな力を必要とします。
 
 
そしてその過程では、橋の架からない場所で一人
懸命に生きるしかなかった無念や

手渡される支えを受けとる「手」を
喪失していた悲しみを、自覚する必要もあるでしょう。

完璧に依存させてくれ、自分を世話してくれ
幸福感で満たしてくれる。

そんなユートピア的生活に、浸り続けない限り
甘える力が、弱くなるのは必然です。
 
 
また人に甘えるにしても、その甘えが打算や
責任能力の欠如からくるものなら
結局は人生に影を落とします。
 
 
甘えるのが苦手で、困難を覚える方はこれから
「甘えられない」その習性をどうしたいのか。

自分なりのビジョンを描いて下さい。
 

「健全な甘え」ができる人間関係には
甘える/甘えさせてあげる、そのバランスに
対等性があるはずです。

周囲と、どんな関係性を築きたいのか
意図を持ちましょう。
 
 
また何でもこなせる能力をあえて
封印するのも大切です。

何かを背負える限界値が、人より高いことを自覚し
自分が本当にすべきことと、周囲がすべきことを
厳しく見極める力もつけましょう。

 
相手に迷惑をかけないよう、配慮することも
相手に甘える自分を肯定することも
等しく大切です。
 
 
一人でも生きていける力を
身につけてきた自分を誇りながらも

全てを一身に引き受けてきた
無言の悲しみも労ってください。

人様に迷惑をかけまいと
立ち向かった先は向かい風で

そんな割りに合わない目に合う私たちに
「手渡される紙」を思います。
 
 
タンスの下に、紙がある

 
疲れたろう。もう休め。テーブル周辺を探せ
 

 
 
テーブル周辺に、紙がある。

国だってあんなテキトーだよ
たまにはテキトーでいいさ
 
キッチンの引き出しを開けろ

 
 
キッチンの引き出しに、紙がある。

 
もう十分だったよ。人の手をとっていい
 

 
 

最後に

 

もやし
ねぎちゃん、猫の手貸してくれる?
ねぎ
冗談じゃないよ

 
私たちの無自覚の習性が
人間関係では、困難を引き起こします。

「甘えたい」と願いながらも、その意識下に
「甘えたら怒られる」「誰も助けてくれない」など

強い意識が隠れているのなら
現実に反映されるのは、そちらの思いです。
 
 
「人間関係の舞台裏」オンラインコースでは
私たちの、無意識の世界も絡めながら

難しさを感じる人間関係を見つめ
より調和的で、バランスされた道を探していきます。

同じループを繰り返すのではなく、人間関係と自分に
新しい風を吹き込みたい方は、Webコースをどうぞ

 
 
生きることや、こころのこと
息抜きお便りをお届けする、メルマガも配信中です

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!