損な役回りを、背負っている気がする。どこか微妙な役割を、引き受けている方へのお話

損な役回りを、背負っている気がする。どこか微妙な役割を、引き受けている方へのお話

人生では 色んな役を演じている

もやし
ぼく ふざけた犬役
ねぎ
わかってるね

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさんは、周囲の人々に対して
どう振舞うことが多いですか?

しっかり者に、楽天家。愛されキャラに、真面目な人。
中には、損な役回りを背負っている気がする方も
いるかもしれません。
 
今回は、様々な役回りがある中で
なんだか、微妙な役回りをしている気がする方へ。
私たちが演じる「役」についてのお話です。
 
 
関連記事
昔の自分に、3つ言葉をかけるなら何を伝える?過去の自分に贈る、大切なメッセージ
 

 

私は 何役?

 
こちらはオーラソーマ、66番ボトル
「女優・ビクトリアのボトル」
先日の個人セッションで、選ばれたボトルです。

 
優しいバイオレットと、ピンクの可憐な色合いが
「女優」のボトル名に相応しく
 
このボトルを選ぶクライアントさん達は
「女優」というボトル名を聞くと、一応に
「おぉ!」っと、驚いた反応される方が多いです。
 
 
そんな中で、ある話を思い出しました。
ある男性とその友人との、会食の話です。
 

ある日、男性と友人は、会食の約束をします。

男性の友人は「当日は妹も連れてくる」と伝えるのですが
約束の会食日、友人が連れてきたのは
 
 
世界的な大女優、オードリー・ヘップバーンだったそうです。
 
 

オードリー・ヘップバーンの言葉/山口路子著
 
 
 
突然の大女優の出現に、男性は
「君の妹ってオードリー ヘップバーン?!」

「なぜ言ってくれなかったんだ」とばかりに驚愕しますが
彼の友人であり、オードリーの兄は

「自分にとっては、普通の妹なのだ」と答えたそうです。
 
 
オードリーは、著名な女優でありながら
兄にとっては、ただの妹。そして母であり
ユニセフ親善大使と、様々な顔を持っていましたが

私たちも、日常では「様々な顔と、役割」を持ち
それらの役を、演じ分けて生活しています。

そして先日
「女優」のボトルを選んだクライアントさんは
 
 

「長年、友人は自分の指導役で
 
自分は、相手の指導を優れたものとして
受け入れている役だった」

 
 
自分と、友人とが続けてきたその状況や
お互いの役割のようなものに
違和感を感じるようになったそうです。
 
 

様々な場で演じられる 色々な役


私たちは家庭や職場、組織で
頼られ役に、頼る役。おとぼけ者に、しっかり者など

時と場に合わせて「必要で、適切」と思われる
それぞれの役を演じています。

そして、そう行動するからこそ
社会は、お互いの弱さや強さを補いながら
うまいこと回っていきます。
 
 
けれど、特定の舞台の上で
「自分としては、演じる必要があった役」を

その舞台を降りても尚、必要以上に演じてしまう時。

66番ボトル「女優」は、問いかけるのかもしれません。
 
 

「あなたはこころから その役を望んでる?」


 
このボトル、下層のペールピンク
「心臓」ハートに関連した色です。
 
自分としては望まずとも、立場上
特定の役割を演じておかないと、場が収まらなかったり
 
その役を演じるからこそ
上手く機能する、人間関係も状況もあります。
 
 
66番ボトルは役を演じる上で、場の雰囲気を察し
自他を見つめる「冷静な眼差し」を感じさせる
バイオレットが、ボトル上層にありますが

一方で、ボトルの上下層に隠れている
レッドも無視はできません。
 
 
なぜならレッドは「怒り」に関連した色、とも言われ
レッドがいわゆる「強烈になった」ボトル下層のピンク
 
 
時として、こころの意思を押し殺し続けた後の
激怒として、その色を表す場合があります。
 

「私はそんな役 もう受け入れたくはない」

 
 

 
 

何の役を 掴み取っていくか


66番ボトル、上層のバイオレット
「変容」に関連した色です。
 
女優は様々な役を生きながらも、作品が終われば
舞台は解体され、彼女は演じていた役を葬り
次の新たな役を引き受ける
 
その絶え間ない、変化の中にいます。
 
 
私たちは、目を見張るほどの賢さを持ちながらも
全くの無能だったり
あまりに純粋でありながら、どこか悪人で

自分の存在意義を求めながらも
別にそんなものなくても、生きていけたり
様々な役の断片を、継ぎはぎしながら生きています。

 

「あなたは、何の役を演じるの?」

 
 
66番ボトル「女優」の 問い。
 
女優は、永遠に役を演じ続けながらも
あらゆる役から、自由なのかもしれません。
 
 
 

最後に オーラソーマ


「より、素の自分でいる時間と環境を
増やしたいと思いました」

それが今回、最後に
クライアントさんが辿りついた意識でした。
 
 
オーラソーマを訪れるクライアントさん達は
コンサルテーションで、ボトル越しに対話を始めると

「もう、こんな状況はいらない」
「私は本当は、こう生きたかった」と

無意識の層では、強い意思が芽生えていたのを
垣間見る瞬間があります。
 

110本以上ある、オーラソーマのボトルは
「あなた自身」を映し出す、色の鏡です。

どうも気持ちがスッキリしない時、
行き詰まり感がある時は、カラーボトルを通して
こころの思いを見つめ直しに、オーラソーマをお試し下さい。

こころに隠れていた、思いや感情こそが
私たちの現実を動かす、大切な鍵となりますよ

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index

 
 

TAG index
error: Content is protected !!