「終わらないと思っていたのに」人間関係の、終わりにあるもの

「終わらないと思っていたのに」人間関係の、終わりにあるもの

人間関係が、終わる時

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん「終わらない」と思っていた関係が
残念な形で終わってしまったこと、ありませんか?

今回はそんな、人間関係の「終わり」についてのお話です。
 
 

 
 

その映画を観たのは、10年以上前

 
けれど今でも、印象に残り続けている作品があります。
フランスの映画「ふたりの5つの分かれみち」です。
 

 
この映画はある夫婦が、まさに離婚する場面から始まります。
 
 
生活に疲弊し、乾ききった中年の夫婦。
これから物語がどう、展開するのかと思いきや

この映画が「進む」ことはありません。
 
 
離婚から始まるこの映画は
離婚→ 2人の結婚生活→ 結婚式→ 交際期間と
時計の針が「戻って」いくのです。
 

ラストシーンは、2人が出会う場面で終わるのですが

観客は2人の結末を知りつつも、時間の逆流とともに
親愛の情を増す彼らに、奇妙な感覚を覚えます。
 
 
と同時に「なぜこの2人が、破局に向かったのか」

過去へ遡るごとに、2人の生活にはいくつもの
暗示が潜んでいたことに、気づきます。

エンディングは、2人が出会う海。
 
 
もう何十年も前に撮影したのではないか、と錯覚する程
浜辺には、若い2人の姿が映し出されます。

映画の冒頭、干からびたような夫妻からは想像できないほど

共に夕暮れの海に入っていく2人には
水々しさと希望がありました。
 
 

水は「無意識」を表す

 
精神的な世界から見ても、この2人が海で出会い
共に水の中に入っていくシーンは、象徴的です。

人間関係は、お互いの海=水という
無意識の世界へと、入っていくようなもの。
 
 
勿論そんなことは知らずに
私たちはあらゆる人間関係の前で

「相手がああした」「こう言った」と
傷ついたり、振り回されたりもするのですが

どんな関係性の底辺にあるのは
海=私たちの無意識です。
 

人間関係の始まりの時、海の表面には光があり

「相手はいい人そう」「気が合いそう」など
穏やかなものに見えます。
 
 
ですがこの海には「巨大な水車」が仕掛けられています。

この水車は、2人の人間の出会いから回転を始めますが
あるタイミングに達すると

互いの海=無意識に沈んでいたものを
海面に引きずり上げていきます。
 

水車が引きずり上げる、ものの中には

今まで海底に沈み見えなかった、お互いの習性や
無自覚の欲求。危うさや、脆さなど
影の部分がひしめき、私たちを呆然とさせます。
 
 
その様子は、いきなり海底から
獰猛な生き物が飛び出してきたようで
混乱させられるものの
 
 
それら水車が引き上げたもの
もっと言えば人間関係が終わる、あらゆる要因というのは
 
2人の人間の始まりの瞬間から、ずっと海の中にありました。

それがある地点で、表面化したにすぎません。
 
 

映画「ふたりの5つの分かれみち」の夫婦の生活には

小さな穴のような綻びが、いくつもあり
それらはその時々では、些細なものに見えます。

ですが海底に沈み、見えなかったものと
いよいよ、全面的に対峙しなければならなくなった時。
 
 
幸福を約束してくれると信じていた、夫婦の関係性は
虫食いの穴がひしめく、葉のようなものだったとわかります。
 
 

人間関係の、始まりも終わりも

 
全てが初めから、海に含まれていて
そのどちらもが、再生のための延長線上にあります。
 

どれだけ美しい海にも、光が差し込まない闇があり
人間関係で、何らかの闇=違和感を感じた際
 
 
「何かが、おかしい」
 
 
どれだけその小さな違和感を
素通りせず向きあえるか。
 
その気づきを、無き物にしない慎重さを持てるかを
海は語りかけます。
 
 
 
珊瑚の群生に、泳ぐフグ

サメと出会えば、さようなら。
 
 
人間関係は、海の中

窒息するかもしれない危険と引き換えにしても
人は海に潜るのでしょう。
 
 

最後に

もやし
ぼく、山派
ねぎ
どうでもいいよ

 
人間関係に、丸腰で向かわないこと。
 
疲れがとれなかったり、感情的に追い詰められる関係性では
海の水車が、まさに回っている状態です。
 
 
人間関係の海の中で、自らの無意識に潜むものを
立ち止まって見つめる。
その時初めて、回り続ける水車の動きに影響を与えられます。
 
 
人間関係に自分自身に、これからの生き方に
調和を、癒しをもたらしたい方は

オンラインコース「人間関係の舞台裏」をどうぞ

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!