Ricoriss リコリス

女性の「生きる」を創造する

一人は寂しい。でも面倒な人間関係は疲れる方への本「ハリネズミの願い」

もやし
ひと恋しいが、わずらわしい
ねぎ
揺れてるね

 
こんにちは。Ricorissリコリスの、Ricoりこです。
みなさん、人間関係に疲れていませんか?
 

  • 人といると緊張する、疲れる
  • 一人の方が楽に感じる
  • 嫌な思いをしたくないなど

 
完全に1人になりたい訳じゃないけど
人付き合いが面倒だったり疲れを感じる方へ。
 
 
2017年の翻訳・小説部門の大賞を受賞した
オランダの寓話「ハリネズミの願い」の紹介です。
 
 

「ハリネズミの願い」

 
このお話は、1匹のハリネズミが森の動物たちに
手紙を書く場面から始まります。
 


親愛なるどうぶつたちへ。
 
ぼくの家に遊びに来るよう
キミたちみんなを招待します。
 
 
でも
だれも来なくてもだいじょうぶです

 
 

人は恋しいが、煩わしい


 
物語の中でハリネズミは
 

みんなとお話したいけど
ヒキガエルは、怒りんぼう。
 
怒りすぎてからだが膨らみ
破裂するかもしれないし
 
アリはあまりに哲学的で
何を言っているのか、わからない

 
 
動物たちが家に来た際、引き起こすかもしれない
あらゆるリスクを想像します。
 
 
そうすると誰かといる、というのは
やはり簡単ではなく
 
もしかすると
誰も家に呼ばない方がいいのかも、と葛藤し
中々、動物たちに招待状を出せません。
 
 

人間関係の、複雑な色模様

 
友人やパートナー、職場の同僚であれ
あらゆる人間関係が始まる時
 
出会った相手は最初、絵の具でいえば
シンプルな、1色の色のように見えます。
 

 
けれど時が経ち、やがて自分が知らなかった
相手の一面を垣間見た瞬間から
 
 
「え?そんな色あったっけ?」
当初はシンプルに見えた、相手の色の中に
 
実は複雑で、得体の知れない色彩が
隠れていたことに動揺します。
 
 
そうして驚きを感じつつも
相手の隠れ色を、受け入れられば関係は続くし
 
そうでない場合は、そこで関係は途切れます。
 

 
ハリネズミは物語の最後に
動物たちの多様なカラーにうろたえ
 
「やっぱり、ぼくにはムリかも」
動物たちに手紙を書くのを
諦めてしまう瞬間を迎えます。
 
 
ですがこういった
どうにもならない限界に達した時
現実は、思いもよらない展開を迎えます。
 
 

トーン・テレヘン著「ハリネズミの願い


 
多様な動物たちに、あとさずりしながらも
 
 
「本当はみんなとただ、お茶を飲みたかった。
そんな単純なことがなぜ、何より難しいのか」
 
 
内気で繊細なハリネズミが
葛藤の先に見つけた景色は、何だったのか。
 
 
人間関係の複雑さに、こころが疲れ
 
大きな期待はしていないけど
小さな希望を忘れたくない時に。
 
 
私たちが誰しもが抱える
孤独と繊細さを包み込む
 
オランダからの、大人のための不思議な寓話。
「ハリネズミの願い」がオススメです
 

 
1-2ページの、オムニバス形式なので
毎日、少しずつ読むことができますよ。
 
 

最後に

 
人間関係への難しさから
少しこころが疲れた方は
 
自分自身に寄り添い、こころを癒す。
オンライン・カウンセリングコースをどうぞ。
 
 
疲れの向こう側にある
今、見つめるべき思いと向き合う
確かな機会です

オンラインカウンセリング

 
 

About The Author

Ricorissリコリスを主催する
心理カウンセラー/サウンドセラピスト
 
プロフィールを見る

人間関係の舞台裏「人間関係には、舞台裏がある」

女性の「生きる」を創造する
人間関係を、自分を見つめる

オンライン・カウンセリングコース
Online Counseling Course

 

自分を思うひとときRicorissのメルマガ


●メルマガ限定のコラムや
●キャンペーン情報を含む

自分を思うひとときを過ごす
メルマガをお届けします

    
オンライン・カウンセリングコース
裏側の物語
 女性のための、カウンセリングサロン
Ricorissリコリスの思い
©Ricoriss All Rights Reserved
著作権者の許可のない、当サイトの文章や画像の無断転載や使用および
言い回しを変えただけの内容の模倣を禁じます
error: Content is protected !!