Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人をまとめ、導く。リーダーシップを高めるために、大切にしたい2つのこと

人をまとめ、導く。リーダーシップを高めるために、大切にしたい2つのこと
もやし
自分には関係のない話ですね
ねぎ
敬語だね

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

 

みなさん
リーダーの役割を担ったことはありますか?

私たちは学校や組織、あらゆるコミュニティーの中で
様々なリーダーの質を備えた人々に出会いますが

今回は人をまとめ、導くリーダシップにおいて
大切な2つの要素についてのお話です。

 

関連記事
知的で判断力が高いあなたへ。オーラソーマ59番ボトルに学ぶ、バランス感覚の大切さ
仕事の難しい人間関係や疲れ、自分を見つめ直したい時に。過去記事のまとめ

 

人を導く リーダシップを支える、2つの要素

 

私が出会ったリーダーの中で、最も強烈な
リーダーシップを発揮していたのは、元職場の上司でした。

 

「会社で、最も仕事ができる人の元で働きたい」

 

そう思って働きはじめた職場は
超がつくほど、論理思考に軸をおく会社でした。

そこでは知能戦なら任せろとばかりの
多くの理数系の社員達が働いていたのですが

その中でも上司の頭のキレと存在感は
ともかく群を抜いていました。

 

94番ボトルの質が 上司を際立たせていた

 

上司の一体何が際立っていたのか。

時が経ってから、94番ボトルを眺めると
その理由がぼんやりと立ち上がってくる気がします。

ボトル下層のイエローは、知性的な質に関係する色です。

 

上司は交渉が必要な会議の場では
相手の話を大らかに聞いていたと思えば

一気に相手の懐に飛びこみ、押し通したい主張を
論理的に洗練された方法で展開し
説得する力に長けていました。

そうなると話し合いの相手は、わずかな隙もない
上司の弁舌に反論できず、結局は彼の狙いどおりに
会議を締めくくることが度々ありました。

 

その、場と人を圧倒できる力には私も思わず
「誰にも負けないですよね」と
直接上司に伝えたことがあります。

当時は94番ボトルでいうと
下層のイエロー、上司の知的な部分にのみに
意識が向いていましたが

今思うに、94番ボトルの上層ブルーにこそ
上司のリーダーシップを支える力が宿っていた気がします。

 

94番ボトル 上層のブルーが伝えるもの

 

上司は昔ながらの武士のようで
周囲に愛想を振りまくタイプではありませんでした。

ですが鋭く、物静かな眼差しの奥には

 

「どうしたら部下が、それぞれのポジションの中で
最善のパフォーマンスをできるのか」

「そのために、彼らをどう導くべきか」

「部下がミスをしても、自力で対処させるべきか。
それとも部下の力量を超えたと判断し
自らが切り込み、サポートした方がベターか」

 

様々な状況を的確に洞察しながら、
過剰にも不足にもならないサポートを添えられる知性と共に

「自分はここにいるから、しっかり戦っておいで」

という、母のような思いやりが、いつもそこにありました。

それは94番ボトル、上層のブルーに関連している
「母なる質」のように思います。

 

一度部署の中で、大きな損失を出すミスが起こった時。

部署の外からは、ミスの原因となった同僚を
少なからず批判する声が聞こえてきましたが

上司は決して、その同僚を問題の矢面に立たせたり
感情的に責めたてることはしませんでした。

 

立場上、ミスの責任を全て背負いながら

「この状況を、どう立て直せばいいのか」
上司はその一点に全神経を集中し
ミスで膨らんだ業務を、冷静にこなし続けていました。

そしてその静かな姿の中には
困難な状況とミスをした部下を
戦いながら、守ろうとしているようにも見えました。

 

頭の回転が早く 話術に長けた人は沢山いる

 

求められる結果をしっかりと差し出せる
実務に強い人も沢山います。

 

けれど鋭い才智と共に「人を守ろうとする」
母性的な強さを備えている方は

人のこころに残る
リーダーシップを発揮できるのだと思います。

 

仕事には妥協がなく、下手に甘えようものなら見透かされ
爪の甘い説明をすれば、容赦なく切り返される。

緊張感が伴う部署でしたが
部下全員が、上司の厳格さの後ろに隠れている
人間的なあたたかさに気づいていました。

 

知性は高みを目指して人を上へと引き上げ
母性は人を繋ぎ合わせながら
横へと、伸びゆくものなのかもしれません。

上司の転勤が決まった時
普段はクールな同僚が、最後に上司に言いました。

 

「私は、あなたのようになりたい」

 

 

最後に オーラソーマ カウンセリング

 

自分自身に、母性をかける。

オーラソーマはそんな時間を過ごしたい時に
おすすめのカラーセラピーです。

柔らかい色彩の世界で
母性的な慈しみと共に、こころを和らげたい時に。
オーラソーマをお試しください

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 
 

TAG index

 

TAG index