Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「人間関係で、壁を作ってしまう」こころの壁に。猫との生活を通して、教わったこと

「人間関係で、壁を作ってしまう」こころの壁に。猫との生活を通して、教わったこと

「垣根は、相手がつくっているのではなく、自分がつくっている」

もやし
アリスと、テレスの格言だって
ねぎ
アリストテレス

こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさんは、人間関係で
「壁」を作ったことはありますか?

 
 
人との関係で痛手を受けてしまうと
「なんとなく」人と関わることさえ、難しく感じ
 

相手と、ある程度の距離をとったり
わずかな「壁」を作った方が、
安全だと感じるかもしれません。
 

今回は「人間関係で、作ってしまった壁」について
猫との生活で、気づいたお話です。
 
 

関連記事

人を受け入れられない、どうしていいのかわからない方へ。心に留めたい2つのこと
一人は寂しい。でも面倒な人間関係は疲れる。人間関係に疲れたら「ハリネズミの願い」

 
 

「あなたは、私を受け入れてくれてる?」

 
 

「それとも、受け入れてくれていない?」

 
 
大人になり、識別力がつくと
「相手から、好意的に受け入れられているか」を

こころのどこかで、繊細に測るようになるのかもしれません。

 
 
もし相手の「僅かな冷たさ」を
自分としては感じてしまった場合は

「あなたがそうなら、私も心を開くつもりはない」と

「こころの壁」を即座に、時には無自覚に作りだし
それ以降はその壁越しに、
相手と対話することになるのかもしれません。
 
 

 
 

人間関係で、無闇に傷つくことがないように

相手との適切な壁や、距離感を作るのは必要ですが

物質的な壁も、こころの中に作った壁も
一度作り、自ら壁を壊さない限りは
半永久的に、そこにあり続けます。
 
 
傷つきたくない。嫌な思いをしたくなくて
いつの間にか、こころの中に築く人間関係への壁。

その中で
「なんとなくリラックスしながら、相手と共にいること」
を教えてくれたのが、猫との生活だと思いました。
 
 

猫と生きる 垣根を超える 

 
 

実家の猫と初めて会ったのは、玄関先です。
ある朝、幼稚園に行く前に
玄関先で、鳴いている猫を見つけました。

 
 

幼稚園から戻っても、猫はそこで鳴き続けていて
母が猫を抱き上げ、そっと家に入れたのが
19年間に渡る、猫との暮らしの始まりでした。
 

幼稚園に、可愛い名前の女の子がいる。
猫の名前は、その子と一緒にしよう。

 

れなちゃん、れなち。ちゃー坊、にぽぽ。

 

19年間、様々な名称で呼ばれつづけた実家の猫は
よくベランダで顔を上げながら、気持ち良さそうに
お日様の香りを嗅いでいる猫でした。
 
 

 
 

ある時は、布団シーツの隙間に潜りこみ
そうとは知らず、布団と共に空中に舞い上げられたり。
 

「土産だ」とばかりに、白ネズミを捕まえて
私の勉強机のそばに置いていき
家族を震撼させたこともありました。

 
温厚な猫でしたが一度だけ
ベランダで突然、噛みつかれて
猫パンチされたことがありました。
 

 
腕を見ると、猫の歯型が残っていて
「なんてことしてくれる」と
さすがに猫を怒りました。
 

ベランダのドアを閉め、カーテンも閉め
「しばらくは、家に入れてやらない」
と立ちふさがるも

数分後、「外は寒いから、早く帰っておいで」
と、そっとカーテンを開けていました。

 

我が道を行くが 憎めない

 
 
猫の行動を人間が行ったら
「なんてやつだ」と早々に
見切りをつけられるのがオチでしょう。
 
 
ですが猫のフワフワの毛や、大きな目を見ると
意識がやられるのか、何なのか
 
人間は猫相手になると「まぁ、いいや」と
なぜか怒りは蒸発し、ゆるい感覚に引き戻され
のんびりと共存していける。
その不思議さを思います。

 
 

そんな実家の猫と、最後に会った日。

 
 

大学から家を離れ、久々に訪れた実家には
痩せて、老衰で目が見えなくなった猫がいました。

 
 
帰省した日の夜は
いつもは使わない部屋で眠ったのですが
気がつくと、猫が脚の上で寝ていました。

 

軽くなった体重に、小さな温もり。

盲目なのに、なぜ自分の寝場所を当てられたのかは
わかりませんでしたが、こうして一緒に眠るのは
これが最後だろうことは、わかりました。

 
 

「猫が旅立った」と
その後、知らせを受けて戻った実家には

全ての音が消えてしまったような、静けさがありました。

 

 

今でも実家の猫を思い出す時は、胸に一瞬
温かさが広がり、次の瞬間、消えていきます。

 

その温かさは、生前猫がいた時と同じで
猫を思い出す限り
この温かさは、あり続けるのだと思います。

 
 

自分とは、根本的に違う信念をもつ存在がいて
時々、不条理に噛み付かれたりもするけれど
 

その存在と、同じ空間にいることを
なんとなく、温かいと感じる。
 
猫といる時に感じる、そんな思いを
人間に対して思える時
世界はどんな風に変わるだろう。

 
 

人間関係で傷つき、いつの間にか作ってしまった
こころの壁に。
 
猫や動物は、たとえ今、
人と関わることに、恐怖心や憂鬱さを感じ
こころの壁を取り払うのが、難しいと感じていても
 
その壁を超え、
相手とただ、やすらぎと共にいられる力が
私たちの内側には本来あることを
思い出させてくれるのかもしれません。
 
 

実家の猫を、オーラソーマのボトルで表すなら
このボトルです。
 
 

 
 
ピンク色のリボンが、よく似合う猫でした。

 
 

 
 

ボトル 81番 「無条件の愛」

 
 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index