自由に生きたかった。厳しい親との関係で、自分の生き方を見出すのが難しかった方へ

自由に生きたかった。厳しい親との関係で、自分の生き方を見出すのが難しかった方へ

自由が なかった

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさんは、親との関係性はどうでしたか?

良好な関係だった方もいれば、親が厳しく
苦い印象が強い方もいるかもしれません。

今回は親の厳しさの為に、自由や平和の感覚を
見出すのが難しかった方へ。親との関係から
自分を立て直していく為のお話です。

 
関連記事
流されるのは、やめにする。自分の意思で、これからの道を歩みたいと願う方へのお話

 

 

自由に自分を生きれなかった 王様の物語

 
最近「英国王のスピーチ」という映画を観ました。
アカデミー4部門を受賞した、実話の作品です。
※以下ネタバレあり

 

主人公はイギリスの王、ジョージ6世。
 
 
彼は、幼い頃から「吃音」に悩まされていて
大衆への演説が苦手で、王位など不要だったのに
運命の巡り合わせで、英国の王となってしまいます。
 

そんなジョージ6世が
「吃音を治したい」とお忍びで訪れた
吃音の療法家との、出会いと成長が物語の軸です。
 
 
療法家は、平民のライオネル。

「生まれつきの吃音はいない。いつからなった?」
療法家のライオネルは、ジョージ6世に質問します。

幼い頃、本来は左利きなのに、右利きに強制されたり
身体的、精神的な自由を抑圧される経験によって
吃音が起こる可能性もある、と療法家は示唆します。
 

 
「原因など知るか」と、憤るジョージ6世。

物語では時折、ジョージ6世の
民衆へのスピーチの様子が映し出されますが

吃音と緊張で、言葉がつまる王に聴衆はうつむき
王にとっては、辛い時間が流れます。

「話したくても、話せない」

そんな耐え難い任務の中で、ジョージ6世の
威厳と自尊心は、少しずつ打ち砕かれていきました。
 
 

厳しい親が 与えたもの

物語の中盤、吃音の訓練中に
ジョージ6世が、幼少期を振り返る場面があります。
 
 
ジョージ6世の父、ジョージ5世は
「敬え、自分を恐れろ」と威圧的で、ジョージ6世は
父親に服従するしかなかった記憶を思い出します。

何かを怖れる程に、ひどくなる吃音。

絶対的な権威を持つ父親への怖れが
吃音の始まりではなかったか、と
ジョージ6世は、小さな気づきにたどり着きます。


 
ちなみにオーラソーマには
そんな厳しい親、いわば「権威を持つ存在」に
関係するボトルがあります。

それがこちら、5番ボトル「サンライズ・サンセット」です。

イエローレッドの、まばゆい色合いで
太陽の「日の出・日の入り」を表すボトルですが
「精神的な指導者」や「権威を持つ人間」
にも関係しています。
 
 
ジョージ6世にとって父親は、圧倒的な権威を持ち
逆らうことは許されない存在でした。

権威者の父にひれ伏すように、ジョージ6世は
王家の息子として躾けられ、身体的にも矯正され

「自分が、自分であること」を正されてきた
大きな悲しみを負っていたのです。

 
 

英国王のスピーチ

 
そんなジョージ6世に、最も恐れていた事態が訪れます。

第2次世界大戦が始まり、国民を激励する為に
ラジオの公開放送で、演説することになったのです。

私たちの人生でも
「最も苦手で、できれば逃げたかったもの」から突然
肩を掴まれる瞬間があります。

けれどそれは、苦手意識の中で窒息し続けるのではなく
その前に進む為の「時の知らせ」のように思います。
 
 
民衆へのスピーチ。
何度も恥と怖れに、打ちのめされてきたジョージ6世。
 
 
「また民衆に失望される。笑われる」
 
砕かれてきた自尊心を、またもや粉々にされるのか。
 
恐怖とストレスで不安定になるジョージ6世でしたが
吃音の療法家・ライオネルは、ぶれませんでした。
 
 
「あなたは 立派な王になれる」そう、王に伝えたのです。

 
 
スピーチの訓練は、時に歌を歌うように
時に汚い言葉を罵り、怖れを吹き飛ばすように
笑いを交えながら行われました。

療法家・ライオネルに支えられ、ジョージ6世は
父という権威者に圧迫され、公務によって砕かれていった
自らの権威を取り戻すよう、練習を重ねます。
 
 
国民へのラジオ演説の日。
スピーカーの前に立つ王に、療法家のライオネルは

「私一人に話しかけて」と伝えます。
 
 
自らの尊厳を見失い、傷ついた王に最も必要だったのは
「私は、あなたと共にある」という
友愛だったのかもしれません。
 
 
ジョージ6世のラジオ演説の後
見事なカメラワークで映し出される、聴衆の様子は
ぜひ映画でご覧いただきたいのですが

「権威」と関係するオーラソーマ・5番ボトルの
「対」として関係するのが、このボトルです。

 
 

オーラソーマ 83番ボトル

 
「オープンセサミ」というボトルです。

上層のターコイズ
「私」という「唯一無二の個性」を表す色で
 
ボトル下層のゴールドは「自分の中心点」
言うなれば魂のような、揺るがないものを表します。
 
 
「英国王のスピーチ」でジョージ6世は
ターコイズ が表す「私という個性」を
自由に生きれなかった、悲しみがありました。

自らを正される経験によって負った痛みで
時に私たちは83番ボトル、下層ゴールドが示す
「自らの内にある、消えることない尊厳や権威」が
自分自身で、見えなくなることがあります。
 
 
服従するしか、道はなかった。
自由を、自らの権利を生きられなかった。
 
 
親との関係は「権威」との関係です。
 
親という、絶対的な権威に制限をかけられ
自分を思うように生きられなかった、全ての人に。
 
 
83番ボトル「オープンセサミ」は
「私の人生では、私が法だ」
 
 
生きるのが難しかった「私という表現」の解放、
そして意識の奥底に眠っていた
「自らの権威の力」に目覚めるよう

「扉を開け」と、促しているのかもしれません。
 

オーラソーマのセッションでは、このボトルは
どこかで自分を表現するのを躊躇していた方や
特定の組織を離れ、自らの個性を使って
独立したい方などに、選ばれる印象があります。

「私」を生きる力を 私は持っている。

83番ボトル「オープンセサミ」は
その喜びを 自由を謳う、美しいボトルです。
 
 

最後に オーラソーマ

もやし
わたしが法だ
ねぎ
だまりなさいよ

 
オーラソーマでは、110本以上のボトルから
4本のボトルを選び、選ばれたボトルには
「自分自身」が、鮮やかに映し出されます。
 
 
セッションではカラーボトルを通し
自らの「こころの世界」を旅して

「今、何に気づく必要があるのか」
「どう生きることを、本当は望んでいるのか」

感情や意識、無意識を交えながら
自らの内面世界を、見つめ直していきます。
 
 
今の生活に、自分自身に揺らぎがある時。
美しい色の世界で、自らを見つめる
オーラソーマをどうぞ 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

TAG index

 

TAG index
error: Content is protected !!