やりたくないこと、実は無理してやっている。自由を忘れそうになる時に

やりたくないこと、実は無理してやっている。自由を忘れそうになる時に

自由じゃない気がする

 
こんにちは。Ricorissリコリスの、りこです。

みなさん、何となく続けてるけど実は
やりたくないことをしてること、ありませんか?
 
 
今回はそんな状況下で
こころがスッキリしない方へのお話です。
 
 
関連記事
自由に生きたかった。厳しい親との関係で、自分の生き方を見出すのが難しかった方へ

 
 

「本当は、やりたくなかった」

 
私にとってそれは「バイオリンの練習」でした。
 

 
幼い頃、その音色に感動し
習い始めたバイオリン。
 
 
けれど待っていたのは、苦痛しかない
練習漬けの日々でした。
 
 
一体何のために、練習してるのか
わからなくなるほど
 
朝から晩まで、バイオリンを弾き続け
 
 
「もう嫌だ」
限界を感じ、バイオリンをやめた時
7年の歳月が経っていました
 
 

バイオリンをやめた翌日
 
 
「もう練習しなくていいのか」
 
不思議な開放感に包まれながらも
幼心に思いました。
 
 
「なんだこんなの。やめようと思えば
いつでも、やめれたんじゃないか」

 
 
 
全てのものには、鍛錬があります。
 
私にはバイオリンの鍛錬は無理でしたが
世の中には、どんな厳しい鍛錬でも
続けられる人は存在します。
 

 
その女性は、幼い頃から
「勉学」の鍛錬を積んでいたそうです。
 
 
彼女は厳しい受験戦争に勝ち進み
学歴社会の頂点にのぼり詰めた後

選ばれた者のみが働ける
世界的組織にいたそうです。
 
 
何かを「続けられる人」は
努力から脱落しなかった者のみが得られる
絶対的な力を知っています。
 
 
女性はその力と着実に
人生を駆け抜けようとしていました。
 
 
「一体自分は、何をしているのか」
 
 
ある日、全ての意味が崩れさり
涙がとまらなくなる時まで。
 

 
「こんな道、本当は望んでいなかった」
 
 
学歴社会の栄光を勝ち取るまで
己を研鑽し続けた、この女性と
 
途中でバイオリンをやめた自分とを
並列させるのも何ですが
 
この女性と私には「ある共通点」がありました。
 
 
 

「親の影響」だった

 
この女性が涙腺が壊れるまで泣き崩れ
はじめてわかったのは
 
 
「自分が勉強し続けたのは
ただ親に、認めてもらいたかっただけ」

 
 
ただそれだけで、ここまできた。
 

 
「よくやったね」
自分を受け入れてくれる、親の温もりは
優秀な成績と引き換えに、手に入る。
 
 
「結果が出せないこと」とは
親の失望と、呆れの眼差しにさらされ
 
出来損ないの自分が、取り残されることだった。
 
 
間違えずに、バイオリンを弾くこと。
学業で優秀あり続けること。
 
 
本当は大して望んでない、やりたくないことでも
逃げずに果たせば
 
 
「自分を受け入れてもらえる」
 
女性も私も、そう信じていたのだと思います。
 
 

「全ての軸がずれていた」


そう気づいた女性は
「親の称賛」の延長線上だった仕事が
それ以上、続けられなくなったそうです。
 
 
もう誰かのために、学歴社会の王冠を
かぶり続けることはない。
 
 
女性は、世界最高峰のキャリアを手放し
 
自分を取り戻せる道を、探しているそうです。
 

 
人が前に進むためには
 
その後ろに残してきた、もう1人の自分と
向き合わなければならない時があります。
 
 
「バイオリンなんて、もう弾きたくない」
 
そう呟いていた自分の声を
私はそれ以上、取り残しては進めなかったし
 
 
突然女性を襲った、制御できない涙も
 
「そうじゃない生き方を、望んでいた」
内なる自分の、呼び止めだったと思います。
 
 
 
今もし、本当はやりたいことじゃないけど
何となく続けている。自由を感じない方は

  • 自分に課しているものは何か?
  • それは何のために、課しているのか?
  • それはあなたをどう、幸せにし
    そしてどう、不幸にもしているか

自分の思いと、すり合わせをしてみてください。
そうするからこそ、見えてくる選択肢があります。
 
 
 
 
実家には、もう誰も弾くことのなくなった
バイオリンが残っています。
 

 
「本当はあなたは、どうしたかった?」
 
 
「間違えたら怒られる」と憂鬱に練習していた
あの頃の小さな自分に、問いかけます。
 
 
多分そこは、草はらで
小さな自分は、ためらいながらも
ゆっくり、バイオリンを弾きはじめます。
 
 
おおよそ栄光とは無縁の、つたない音色の
バイオリンを、楽しそうに弾いている。
 
 
でも自分はそれでよかった。
 
 
「バイオリンが好き」
 
こころからそう思えた、思いそのものが栄光で。
 
 
 
 
その思いとなら、私たちは生きていけたんです。
 
 
 
 
 

最後に 「本当にしたいことは何?」

 

もやし
キャッツに出る
ねぎ
何役だよ

 
 
でも音楽はいいですね
全てを超えて、広がっていくから
 

 
 

Profile image
心理カウンセラー/サウンドセラピスト

詳細を見る

「自分を思う時間」を、大切にするメルマガ

「生き方を、ゆたかに」メルマガ配信中

   ●メルマガ限定のコラム
キャンペーン情報を、含む

「自分をどう、生きたいか」
一息ついて、自分を思う時間を作りたい方へ

のんびり配信の、メルマガをお届けします
「自分を思う時間」を、大切にするメルマガ
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

 

error: Content is protected !!