Ricoriss リコリス

女性の「生きる」を創造する

現状維持じゃダメ?。だましだましの生活にやってくる「壊す」力

仕事でも私生活でも

 
私たちに根付く
「現状を変えたくない」思い。
 
けれどそんな現状維持の
だましだましの日々にやってきやすい
「壊す力」のお話です。
 
 

「無理に現状を変える必要はない」

 
ですがクライシス、危機は突然やってきます。
 
 
その状況をよく表しているのが
オーラソーマ・16番ボトル
「バイオレット・ローブ」です。
 

 
このボトルは
「塔」というキーワードに関連しています。
 
 
「塔」といえば有名なのが
旧約聖書の「バベルの塔」の物語で
 
この話には諸説ありますが、一般的には
「天に届くほどの塔をつくる」
 
人間たちが、神に挑戦するかのように
天高い塔を建立しはじめたため
 
神が塔を崩壊させる話です。
 
 

「塔」=「積み重ねられたもの」

 

 
「自分たちは神にも届く」
 
人間の自惚れを反映した「塔」は
神に呆気なく滅ぼされてしまいますが
 
 
「塔」は私たちが時間とともに積み重ねてきた
「何らかの信念」を表します。
 
 
そして16番ボトル「バイオレット・ローブ」
 
長期的に築き上げた信念=「塔」が
突然、崩れ去る状況に関連しています。
 

 
昔、大学受験で長期の
浪人生活を送っていた友人がいました。
 
 
「だましだまし頑張っていても
ある時、無理矢理そうしてる自分に
気づくことがある。
 
そしてその瞬間、それ以上
頑張ることができなくなる」

 
 
その意識は、16番ボトルのテーマに似ています。
 
 
「今までは上手くいっていた。大丈夫だった」
だからこのままいけると信じていた。
 
 
けれどある日
安泰だと思っていた「塔」の地盤が崩れだし
容赦なくグラつき始める。それは

  • 感情の上下動が激しく
    いつもの比ではない
  • その状況が長引き
    深刻な苦しみや、辛さを伴う

 
といった状態で、表されるかもしれません。
 
 
そしてそれこそが
16番ボトル「バイオレット・ローブ」
「塔」の意識が、動き始めている証です。
 

 
 

オーラソーマに来る、クライアントさんが

 
16番ボトルや
バイオレットを含む、ボトルを選ぶ時は
 

 
「長年かかって築き上げられた
特定の考え方や、生き方」

 
焦点が当たっている場合があります。
 
 
ですがだからといって即
方向転換できる方は滅多にいません。
 
 
私たちの意識は基本的に
 
今の生き方に横やりをいれるような
あらゆる変化に
価値を与えようとはしないからです。
 

 
けれどオーラソーマで興味深いのは
内心では「もうウンザリだ」と思っていて
 
その思いを今ここで
自分自身に知らしめるために
今まで築き上げてきた、塔を壊すために
 
 
無意識的にバイオレット色のボトルに手を伸ばす
クライアントさん達がいる点です。
 
 

「強制終了」という始まり


 
「バベルの塔」の物語には続きがあり
人間の慢心を見た神は、塔を崩壊させるとともに
 
それまで彼らが使っていた
「共通言語」をも解体してしまいます。
 
 
そうして人々は「違う言語」を話す羽目になり
 
意思疎通できなくなった彼らはそれ以上
塔を建てられなくなりました。
 
 
塔は崩れ、共通言語を失った。
 
けれど引き換えに「自らの言語」が手渡された。
 
 
人々は崩壊した塔の瓦礫をかき集めるのではなく
 
自分の言葉を携えて
新天地へと、歩みを進めていきます。
 

 
激しい変化を表す、16番ボトル
「バイオレット・ローブ」の色の中には
レッドが隠れていますが
 
 
この色には、塔の崩壊を起こした
燃えるような天からのいかづちの力があり、それは
 
 
「終わりと始まりの力がそこにある」
伝えているのかもしれません。
 
 
 

About The Author

Ricorissリコリスを主催する
心理カウンセラー/サウンドセラピスト
 
プロフィールを見る

人間関係の舞台裏「人間関係には、舞台裏がある」

女性の「生きる」を創造する
人間関係を、自分を見つめる

オンライン・カウンセリングコース
Online Counseling Course

 

自分を思うひとときRicorissのメルマガ


●メルマガ限定のコラムや
●キャンペーン情報を含む

自分を思うひとときを過ごす
メルマガをお届けします

    
オンライン・カウンセリングコース
裏側の物語
 女性のための、カウンセリングサロン
Ricorissリコリスの思い
©Ricoriss All Rights Reserved
著作権者の許可のない、当サイトの文章や画像の無断転載や使用および
言い回しを変えた、内容の模倣を禁じます
error: Content is protected !!