なんとなくの、現状維持。だましだましの生活に、やってきやすい「壊す」力

なんとなくの、現状維持。だましだましの生活に、やってきやすい「壊す」力

年齢を重ねるほど 現状は変えたくない

 

もやし
そうだけど、なんか文句ある?
ねぎ
あんたまだ 1歳でしょ

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。

先日「現状を変えたくない心理」に関する
記事を読みました。
 
 
どの世代の患者にも共通する心理だが、高齢になると
「現状を変えたくない」という思いが強まる

 大阪大学人間科学部 平井啓准教授
 
 
主に「患者さんの心理」を取り上げていたのですが
この心理は、普遍性がある気がしました。

今回は、気持ちがモヤモヤしているけれど
現状はあまり変えたくない。
けれど、だましだまし日々を過ごしている時に
やってきやすい「壊す力」のお話です。
 
 
関連記事
流されるのは、やめにする。自分の意思で、これからの道を歩みたいと願う方への、お話
 

 

無理に 現状を変える必要はない

 
ですが クライシス=危機、帰路は突然やってきます。
 
その状況を最も表すのが、オーラソーマ・16番ボトル
「バイオレット・ローブ」なのかもしれません。

 
このボトルは
「塔」というキーワードに関連しています。
 
 
そして「塔」というと、有名なのが
旧約聖書の「バベルの塔」の物語です。

この話は諸説ありますが 一般的には
「天に届くほどの、塔をつくる」と

人間たちが、神に挑戦するかのように
天高い塔を建立しはじめ
その様子を見た神が、塔を崩壊させる話です。
 
 

「塔」=「積み重ねられたもの」の象徴


「自分たちは 神にも届く」
 
人間たちの、その信念を反映した塔は
神によって、呆気なく滅ぼされてしまいますが
 
 
「塔」は 私たちが時間と共に積み重ねてきた
「何らかの信念」を表します。
 
 
そして16番ボトル「バイオレット・ローブ」は
その「信念」=「塔」が
突然、崩れ去る状況に関連しています。

昔、大学受験で 長い間
浪人生活を送っていた友人がいました。
 
 
「なんとか、だましだまし頑張っていても
ある瞬間、そうしている自分に気づくことがある。

 
そして、それに気づいてしまった瞬間に
それ以上、頑張ることができなくなる」

 
 
その意識は、16番ボトルのストーリーに
似ていると思いました。

今までは上手くいき、大丈夫だと思っていた。
気力もあり「このままいける」と信じていた。
 
 
けれどある日、安泰だと思っていた「塔」の
地盤が崩れ、容赦なくグラつき始める。それは

  • 感情の上下動が激しく、いつもの比ではない
  • その状態が長引き、モヤモヤする
  • 深刻な苦しみや、辛さを伴う

といった表現で、表されるかもしれません。
 
 
そして、それこそが
16番ボトル「バイオレット・ローブ」に含まれる
「塔」の意識が、動き始めている証です。

 

オーラソーマに来る クライアントさん達は

芸術や美術など、何らかの表現に関連する方や
経営者の方もいるのですが、共通しているのが

「0から1を作る。新しい何かを生み出す過程」を
彼らは専門としている点です。

 
そして、そういった過程を実践している方は
もしかすると、オーラソーマに
「入ってきやすい」のかもしれません。
 
 
というのも、個人セッションでは
長い間、握りしめていた思いや感情、
無意識に囚われていた信条などを

「0から 1へ」
破壊から、創造へのプロセスを含むからです。
 
 
クライアントさんが 16番ボトルだったり
バイオレットを含む、ボトルを選ぶ時。

そこには「長年かかって築き上げられた
特定の信念や、生き方」に
焦点が当たっている場合があります。
 
 
ですが、だからといって
簡単に方向転換できる方は、滅多にいません。

頭では正しいと分かっていても、基本
私たちの意識は、今の自分に横やりをいれるような
あらゆる変化に、価値を与えようとはしないからです。
 
 
ですが、興味深いのは
 

 
「私はもう ウンザリだよ」
 
 
と、今まで築き上げてきた「塔」の崩壊を求め

無意識にバイオレット色のボトルに手を伸ばす
クライアントさん達がいる、ということです。
 
 

強制終了という 始まり


今まで、着古していた愛着ある洋服を
 
「その服は 終わりだよ」
 
と、引き剥がす
16番ボトル「バイオレット・ローブ」
 
 
「バベルの塔」の話には続きがあり

人間たちの慢心を見た神は、塔を崩壊させると共に
それまで人間が持っていた
「共通言語」をも解体します。
 
 
人々は互いに「違う言語」を話す羽目になり
意思疎通ができなくなった彼らは
それ以上、塔を建てられなかったそうです。
 
 
塔は崩れ 共通言語を失った。
 
けれど引き換えに「自らの言語」が手渡された。
 
 
人々は、崩壊した塔の瓦礫をかき集め
再び形をとらせるのではなく

自らの言葉を携え
それぞれの地へと、歩みを進めていきました。
 
 

 
激しい変化を表す
16番ボトル「バイオレット・ローブ」には
レッドが隠れていますが

この色は、塔の崩壊を起こしながらも
新天地に向かうための、天からの燃えるいかづち
 
 
終わりと、始まりの力が、そこにある と
伝えているように思います。
 
 

最後に 色の癒し・オーラソーマ

停滞気味の生活の中、少しでも気持ちを前進させ
動かしていく機会が欲しい方は

色の鏡で自らの「こころの世界」を見つめる
オーラソーマをお試し下さい。
 
 
そのオーラソーマのキャンペーン情報や
限定記事を含む、メルマガをはじめました

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

TAG index

 

TAG index
error: Content is protected !!