最も大切だったものを、失ってしまったら?「喪失」という闇の中にあるものの、お話

最も大切だったものを、失ってしまったら?「喪失」という闇の中にあるものの、お話

喪失の、その先にあるもの

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさん、大きな「喪失」の経験はありますか?

オーラソーマには「喪失」のキーワードに関連する
ボトルがあるのですが、それがこちら

102番ボトル「サミエル」です。
 
闇夜のような、深い色合いのボトルですが
今回は「喪失の中にあるもの」についてのお話です。
 
 
関連記事
失ってしまっても、先行きが見えなくても、あり続けるもの
 
 

 
 

「火花」のドラマを見た

 
最近、以前 芥川賞をとった又吉直樹さんの小説
「火花」の、ドラマ版を観ました。


 
※以下ネタバレあり
 
 
この物語は
常識を覆すような芸を追求する、若手芸人と
前衛的な芸風で、鬼才型の先輩芸人との

2人のお笑い芸人の、軌道を描いています。
 
 
主人公の若手芸人は、芸の独自性を貫きたいのですが

独特すぎる世界観を押し出しすぎても
客は、ついていけない。かといって
自分の味を押し殺してまでする芸に、何の意味があるのか。
 
 
若手芸人は葛藤を抱えながらも、同じように
自らの芸を貫く先輩芸人と、素朴な食卓を囲んだり
酔い潰れ、笑い倒す日々を過ごしながら

芸人として生きる道を、切り開こうとします。
 
 

102番ボトルの「戦い」


 
「サミエル」のボトル、上層のディープオリーブ
「自分のこころの中心点」「源」のような意識に関連する色です。
 
そして下層のディープマゼンタ「大衆意識」に関する色で
 
色相環でこの2色は、正反対に位置する
「補色」の関係にあります。

「補色」は隣り合わせると、互いの色を引き立てあう
最善の組み合わせになりますが

絵の具で混ぜると、灰色となり
互いの色の本質を失ってしまう、組み合わせでもあります。
 
 
このボトルは「戦い・争い」にも関連しているのですが
「火花」の、若手芸人が直面していたのは
このボトルの2色が表す

「自分のこころの中心点」「大衆意識」

互いに相入れるのが難しい
「補色の戦い」だったように思います。
 
 
 
「大衆から淘汰されない為なら
自分のこころを、淘汰できるというのか?」

 
 

「火花」の逆さまは 「花火」

 
「火花」では作中
打ち上げ花火が、ポイントとして現れます。
 

 
「花火」
 
暗闇に咲き、枯れていく 火の花。
 
 
「火花」の若手芸人達は、なんとか
自らの火の花を咲かせようと、暗闇で戦い続けます。
 
 
足元を見られるような態度で扱われ、お金には苦労し
業界の付き合いには、慣れることができない。

途中から「生きていくためだ」と

芸さえ、大衆ウケするよう変えていった
主人公のこころには、見えない血が流されていました。
 
 
咲くために飛翔し、散っていく花火のように
主人公の若手芸人は、多くを失っていきます。
 
 

 

102番ボトルは 色を識別できないほど暗い

 

 
「サミエル」のボトルの暗い色調は、戦いによる
「喪失」の深い痛みを、表しているのかもしれません。
 
 
「一番、守りたかったものさえ失ったら
自分は終わってしまうのか」
 
 
けれど「サミエル」は
「喪失の、闇の中にあるもの」を見るよう指差します。
 
 
戦いの後の、荒野に立つ若手芸人には
命を削って守ろうとした芸も
それを届けたかった大衆もいません。
 
全て、花火の様に散ってしまった。
 
 
 
それでも 荒野を生きていく為の、かすかな火は
 
まだ自分の内側で、息をしている。
 
 

 
「火花」のドラマのラストシーンは

花火のような派手さはなくとも
今もなお「自らの火」を灯し、生きている

芸人達のやすらかな息遣いを感じさせる
美しい景色で終わります。
 
 
 
オーラソーマのボトルに、オリーブ色がある時はいつでも

「新しい世界」が、そこにあります。
 
 

最後に オーラソーマ

 

 

もやし
ねずみ花火って危ないよね
ねぎ
逃げな

 
現実が行き詰まった時でも
こころの奥では、別の世界が広がっている。

その世界の様子を、カラーボトルを通し
見つめていくのが、オーラソーマです。

こころが描く、新しい世界を眺めながら
気持ちをリセットしたい方は、オーラソーマをどうぞ
 

 
 
限定記事を含む、メルマガをはじめています

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

 

TAG index
error: Content is protected !!