本当にこれでよかったのか、正しかったのか。今歩んでいる道に、迷いが生じている方へ

本当にこれでよかったのか、正しかったのか。今歩んでいる道に、迷いが生じている方へ

この道は、正しいのか

 
こんにちは。Ricoriss の、りこです。
みなさん、歩みたい道はありますか?
 
今回は
「今していることは、本当にこれでいいのか」
自分の決断は正しいと思いつつも、不安は大きく

今歩んでいる道が、正しいのか
わからなくなっている方へのお話です。
 
 
関連記事
流されるのは、やめにする。自分の意思で、これからの道を歩みたいと願う方へ
 

 

「ゲッセマネの園」

このオーラソーマのボトルは「ゲッセマネの園」

イエス・キリストが十字架に、はりつけにされる
前日の話に、関連しているボトルです。

キリストは、明日にでも処刑されるかもしれない
緊迫した状況下で

「できるなら、この状況から自分を救って欲しい」

「ゲッセマネの園」と呼ばれる場所で
祈り続けたと言われています。

それまで彼は、どんな状況であろうと
「自分と神は、常に共にある」と
理解していたのですが

「自分はこれから
壮絶な死を迎えるかもしれない」

明日に迫る危機を思うと、ひどい恐怖に苦しみます。
 
 
「本当に神は、私と共にいてくれるのか」
 
 
神に対し、小さな疑いを感じながらもキリストは
「ゲッセマネの園」で

絶望と生への願いが交錯する
すさまじい祈りを続けたそうです。
 
そうして、もがき苦しみながらも
最後に彼が、添えた言葉があります。
 
 
できるなら助けて欲しい。けれど全ては
 
 
「御心のままに」
 
 
 
 

大きな流れに、委ねられるか


「自分の切れる手札の全ては、切り終えた」
その自覚と自負があるのなら

その後、その道がどう展開するかは
流れの中に、信頼とともに委ねること。

それがオーラソーマ、7番ボトル
「ゲッセマネの園」のメッセージです。
 
 
このボトルの上層 イエロー は「不安」に
下層のグリーンは「道」に関連している色で

このボトルは「道」を歩む上で「不安」は
当然ついてくると、伝えているのかもしれません。

私たちは極力、不安を感じなくていいよう
希望と確信に、保証された道を望みます。
 
 
けれど物事の表面を、希望一色で埋めつくし
一切の不安要素を押し隠したり
論理性や、建設的な考え方を欠くよりかは

自分の内にある、どうしようもない
不安の声を正直に受けとめながらも

自らが選んだ道を、信頼と共に進めるか。
その姿勢を、このボトルは問いかけています。

その境地は簡単に、手に入るものではありません。
 
 
ですが「不安」と「信頼」
その極性を受けとめる、こころの器を育みながら

その過程によって得られる、精神的な成長こそが
自らの選択と、その結末に
成熟や恵みを、もたらすのかもしれません。
 
 
見通しの弱い、リスクある道を選ぶより
住み慣れた枠の方が安全です。
 
けれどその安全圏は、真にこころを潤さず
「ここは違う」と、内側から声が聞こえてくる。

その声は苦しみであり、救済の光でもあります。
 
 
苦しみと、光

それらを十字架にかけ
背負っているからこそ、問われます。
 
 
 
「あなたは
不安と同じくらいの信頼を抱えながら
あなたの選んだ道を、歩めますか?」
 
 
 

そんなオーラソーマ7番「ゲッセマネの園」

【色】上層/イエロー 下層/グリーン
シェイクカラー/オリーブグリーン
【タロットカード】戦車/The Chariot
【キーノート】人生のプロセスを信頼し、物事の展開に希望をもつ
【使用部位】胸周り、腹部の上、みぞおちの周り

購入する¥5200(税抜き)

 
 

最後に、オーラソーマ


人生の分岐点にいて
道なき道を、歩もうとしている時に。

オーラソーマは
100本以上のカラーボトルを使い

これから歩む道のために、私たちの内側に潜む
「今、見つめる必要のある思い」を
見つめていきます。

人生の帰路にいて、自分自身のこと。
そして生き方を、見つめ直したい方は
色の鏡で自分を知る、オーラソーマをどうぞ 

 
 
関連記事
やりたくないこと、実は無理してやっている。自由を忘れそうになる時に

 
 

Profile image
心理カウンセラー/サウンドセラピスト

詳細を見る

「自分を思う時間」を、大切にするメルマガ

「生き方を、ゆたかに」メルマガ配信中

   ●メルマガ限定のコラム
キャンペーン情報を、含む

「自分をどう、生きたいか」
一息ついて、自分を思う時間を作りたい方へ

のんびり配信の、メルマガをお届けします
「自分を思う時間」を、大切にするメルマガ
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

 

error: Content is protected !!