考えても答えがでない。2択の問題で悩み続け、心が疲れている人への、新しいアプローチ

考えても答えがでない。2択の問題で悩み続け、心が疲れている人への、新しいアプローチ

考えても、答えがでない

もやし
「答えがでない」っていうのが
答えじゃない?
ねぎ
ニンゲンは複雑なのよ

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさん、問題を抱えた時、どうしてますか?

今回は

  • 2択の問題を考え続けているけど、答えがでない
  • 考え続け、心身が疲れてきた方へ

こういった状況下での、新しいアプローチを紹介します。
 
 
関連記事
こころの疲れをとる。何もしてなくても、疲れる時に。こころの疲れをケアしよう
計画通りにいかず、途方に暮れ気味の方へ。オーラソーマ77番ボトルからのメッセージ
 
 

 
 

迷った時に、2つのアプローチ

 
迷ってる時は、主に2つのアプローチが考えられます。

  1. 思考を使って考える
  2. 答えがでないので、一旦休止

もし前者の「思考」を使って考える場合は

  • その問題の中で「最も苦しい」と感じる部分は何か
  • またその問題を解決して
    一番、欲しているものは何かなど

 
心理的ネックになっている部分が何か、を意識し
問題を考えることも大切です。
 
ですがそれをして「答えらしいもの」を見つけても
気持ちが晴れなかったり、再び問題を考え続けるループに
はまってしまうことも、あるかもしれません。

 
その場合は
「答えがでないので、一旦離れる」こともできますが

頭の中の考え事をやめ、思考を止めることは
瞑想などの、精神的な修養を行っていない限りは
なかなか難しいですよね。
 
 
そんな中、今回紹介するのは
思考を使う、または考えるのをやめても
スッキリしなかった時に試したい、第3の手法です。
 
 

第3のアプローチ


それが「直感」です。
 
 
「直感…??」と思うかもしれませんが
この直感的アプローチについては、以前

オーラソーマ・B92グレーテルから学ぶ、人生で最も追いつめられた時に大切なこと

でも触れましたが、頭で考え抜いていも答えがでず
お疲れ気味の方が、力を抜いて
委ねるような感覚で試せる方法です
 

直感的アプローチを試そう

まずは静かな場所で、2-3分
ゆっくりと、自然な呼吸を続けて下さい。

呼吸でお腹が上下するのを感じ
自分の身体を、しばらく感じてみましょう。

身体のどこかに、緊張している箇所があったら
吐く息とともに、その部分の緊張を落としていきます。


次に今必要のない感情や、考えごとなど
不要だと思う全ての思いを、呼吸と共に吐き出して下さい。

たとえその考えごとや、感情が再びやってきても
呼吸にのせて、そのまま吐き出していきます。
 
 
不要なものを吐き出し切った、と感じた後、次に
胸の中心から、平和を吸い込むイメージをして下さい。

優しさや静けさ、穏やかさでも構いません。

平和の感覚を深める、それらの感覚を胸に吸い込み
心身をリラックスさせていって下さい。
 
 
ちなみに今、思考や気持ちが少し
落ち着いているのがわかりますか?
 
十分なくつろぎを感じたなら
次の言葉を、自分自身に問いかけて下さい。
 
 
 
 

「どうしたらいい?」

 
 
 
 

 
 

その瞬間、何を感じましたか?

 
もしかしたら、その瞬間、何らかの「言葉」や
「意識」「感覚」を、受け取ったかもしれません。
 
それが直感。 繊細な、一瞬の感覚です。

 
人によっては
「よくわからなかったけど、今、気持ちが穏やかで
あれこれ考える必要はない気がする」と
感じる方もいるかもしれません。
 
 
それがなんであれ、先ほど瞬間的に感じたイメージや言葉、
心によぎったけれど、言葉にするには難しい
「こんな感じ?」といった、小さな感覚を

頭で解釈するのではなく、こころで
そのまま受けとめてみてください。
 
 
今、受けとった小さな感覚の中に、現在の状況に
どう働きかければいいのかの、ヒントやアイデア、
インスピレーションが、隠れているかもしれません。
 
 

判断する上で、大切なこと


 
2択の問題であれ、様々な問題に判断をくだす際は

まず判断の下地となる、こころのやすらぎや
平和の感覚に、つながる必要があります。
 
 
というのも、あまりに根つめて考えている時は
実は「思考」が「混乱」にすり替わっていて

けれど、すり替わっているのに気付かないまま
混乱の中で思考し続ける、悪循環にいる場合があります。
 
 
そうなると、心身はすり減るばかりで
その中で「答えらしきもの」を見つけたとしても

その答えは、本来の意識状態とは軸がずれている為
真に自分を導く答えではない、可能性があります。

適切な判断を下したい時は
「自分は今、正しいこころの持ち方にある」と
自ら確信できることが大切です。

そして呼吸は
判断の土台となる平和の感覚を、強化してくれます。
 
 
二択の問題で判断が難しく、こころが疲れた時は
呼吸で身体をくつろがせながら行う
直感的アプローチをお試しください。
 
 

最後に

 
もし今の問題が「人間関係」で
考え続けても収集がつかない方や
「今後どうしたいか」関係性を見つめ直したい方は

人間関係と、自分自身を見つめ育む
オンラインコースをどうぞ

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!