考えても答えがでない。2択の問題で悩み続け、心が疲れている人への新しいアプローチ

考えても答えがでない。2択の問題で悩み続け、心が疲れている人への新しいアプローチ

考えても、答えがでない

もやし
「答えがでない」っていうのが
ねぎ
ニンゲンは複雑なのよ

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん、何らかの問題を抱えた時
「まずは、自己解決したい」と思いますか?
 
 
即、人からアドバイスをもらいたい方もいれば
一人静かに、考え抜く人もいるし
アプローチの方法は様々ですよね。

一人で考える場合は
どれだけ考えても、答えがでない状況に
直面する場合もあると思いますが、今回は

  • 2択の問題を考え続けているけど
    なかなか答えがでない
  • 悩み続けて、心身が疲れてきた方へ

こういった状況下での、新しいアプローチご紹介します。
 
 
関連記事
計画通りにいかず、途方に暮れ気味の方へ。オーラソーマ77番ボトルからのメッセージ

 

迷った時に。2つのアプローチ

 
迷ってる時は
下記の2つのアプローチが考えられます。

  1. 思考を使って考える(論理的アプローチ)
  2. 答えがでないので、一旦休止(中立的)

 

「思考を使って考える」の場合


 
これは、みなさんが既に行っている方法だと思いますが
思考を使って考える場合は

  • その問題の中で「最も苦しい」
    と思っている部分は何か
  • また、その問題を解決して
    一番欲しているものは何か、など

 
心理的ネックになっている部分が何かを意識し
問題を考えていくことも大切です。
 
ですが、それをしたところで
「答えらしいもの」に、辿りつけたようで
実は気持ちがすっきりしなかったり

再び、同じ問題を考えだしては
同じ考えのループに、はまっている場合もあります。
 
 
その場合は「答えがでないので、一旦離れる」
中立案も試せるのですが

頭の中の考え事を止め、問題から心を離すことは
長期的な瞑想など、精神的な修養を行っていない限りは
難しいのが実情だと思います。
 
 
そんな中で、今回紹介するのが
「思考を使って考える」または「考えるのをやめる」
を試しても、スッキリできなかった時に試したい
第3の手法です。
 
 

第3の方法 「感覚的アプローチ」

 

それは「直感」です。

 
 
「直感…??」と、思うかもしれませんが
この直感的アプローチについては、以前

オーラソーマ・B92グレーテルから学ぶ、人生で最も追いつめられた時に大切なこと

でも触れましたが
頭で考え抜いているのに、どうも答えがでない方や
こころが疲れきっている方が、力を抜いて
委ねるような感覚で試せる、シンプルな方法です
 
 

直感的アプローチを 試してみましょう

 

まず静かな場所で、2-3分
ゆっくりと、自然な呼吸を続けて下さい。

呼吸で、お腹が上下するのを感じ
自分の身体を、しばらく感じてみてください。

身体のどこかに、緊張している箇所があったら
吐く息とともに、その部分の緊張を落としていきます。

 
 
次に頭の中の考え事や、今必要のない感情など
不要だと思う全ての思いを
呼吸と共に、静かに吐き出していって下さい。

たとえその考え事、感情が再びやってきても
ただ呼吸にのせて、そのまま吐き出していきます。

 
そして不要なものを
「全て吐き出し切った」と感じた後
胸の中心から「平和」を吸い込むイメージをして下さい。

 
 
「優しさ」や「静けさ」「穏やか」でも構いません。

平和の感覚を深める
それらの感触を胸の中心に吸い込み
ゆったりと時間をかけて、心身をリラックスさせて下さい。
 
 
ちなみに今、思考や気持ちが少し
落ち着いているのがわかりますか?
 
 
十分にくつろいだ、と感じたなら
次の言葉を、自分自身に問いかけて下さい。

 
 
 
 

「どうしたらいい?」

 
 
 
 

 
 

その瞬間、何かの言葉や意識、感覚を受け取るかもしれません

 

それが直感。繊細な、一瞬の感覚です。
 

 
人によっては
「よくわからなかったけど、なんだか気持ちが穏やかで
今、あれこれと考える必要はない気がする」
と思う方がいるかもしれません。

 
それがなんであれ、
先ほど瞬間的に感じとったイメージや言葉、
心によぎったけれど、言葉にするには難しい
「こんな感じ?」といった小さな感覚を

頭で解釈するのではなく
こころで、そのまま受けとめてみてください。
 
 
今受けとった小さな感覚の中に
今の状況に、どう働きかければいいのかの
ヒントやアイデア、インスピレーションが
隠れているかもしれません。
 
 

判断する上で 大切なこと


 
2択の問題であれ、日常の様々な問題に
判断をくだす際は

まず「判断の下地」となる
自らのこころのやすらぎや、平和の感覚を
作り出す必要があります。
 
 
というのも、あまりに根つめて考えている時などは
実は途中から、思考が混乱にすり替わっていて

けれど、すり替わっているのに気付かないまま
「混乱の中で思考し続ける」という悪循環に
はまっている場合があります。
 
 
そうなると、心身はすり減るばかりで
その中で「答えらしきもの」を見つけたとしても

その答えは本来の自分の意識とは
やはり軸がずれていて、心底
自分を納得させるものでは、ないのかもしれません。
 

適切な判断を下す時は
「自分は今、正しいこころの持ち方の中にある」
と、自ら確信できることが大切です。

そして呼吸は、判断の土台となる
平和の感覚を強化してくれる、重要なツールです。
 
 
判断が難しく、こころ疲れた時は
やすらぎと共に判断を支える
感覚的、直感的アプローチをお試しください。
 
 

最後に オーラソーマ

頭がこんがらかって、思考をまとめようにも
難しさを感じる。同じ問題を考え続けて
感情が収まらない、そんな時に。

オーラソーマは、100本以上のボトルから4本を選び
意識や感情、深層意識に触れながら
自らを見つめ直す、色を使ったカウンセリングです。

忙しい日常を離れて、こころや内面を整えたい方は
オーラソーマをお試し下さい

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index

 
 

TAG index
error: Content is protected !!