Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仕事で努力しても報われない。悲しく無気力になっている時の対処法

仕事で努力しても報われない。悲しく無気力になっている時の対処法

どれだけ会社で努力しても、報われない

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

 

みなさんは自分のパフォーマンスが
適切に評価されない時、どうしていますか?

何のリターンもないのに
アウトプットし続けていると、途中から

「自分は一体何のために、仕事をしているのか」

という問いに嫌でも直面しながら
仕事をする状況もありますよね。

今回はそんな

  • 努力を認められず
    モチベーションが下がっている
  • 悲しく、自信もやる気も無くなっている
  • 報われない。何のために働いているのか
    わからなくなってきた方へ

努力が報われず、悲しみと無気力さを感じている時の
対処法をまとめました。

 

関連記事
仕事の難しい人間関係や疲れ、自分を見つめ直したい時に。過去記事のまとめ

 

 

その前に「評価を期待すること」の心理的カラクリ、知ってますか?

 

自分が正しく評価されないと
裏切られたような気持ちになったり
気持ちをどう立て直していいのか、わからないなど

自分自身の存在に対して、どこか所在なく
不安定な気持ちになってしまうことがあるかと思います。

 

そしてその「所在ないような気持ち」は
「だって評価されないんだし、当然でしょ?」

と一見、ごく自然な反応だと思うかもしれませんが、
この「自分の行為が認められず、ダメージを受ける」
という状況の裏側には

 

幼い頃から、私たちが当然のように受けてきた
根深い「心理的擦りこみ」が、働いている場合があります。

 

「…突然、何?」と思うかもしれませんが

私たちの感情が大きく揺すぶられ
深い
悲しみや不安感を抱くその背後には

自分が考えている以上に
その感情を引き起こす根深い原因が
こころの奥で作動していることが、ままあります。

 

そこでまずは今抱えている
失望の根幹になっているかもしれない
「心理的な擦りこみ」について、触れていきたいと思います。

 

実は根が深い、幼い頃の心理的な擦りこみ

 

それは、私たちの幼い頃からはじまります。

 

幼児期、私たちは
親から食べ物を与えられ守られ、養ってもらう
常に「与えてもらう側」の存在です。

 

非常に当たり前すぎる話ですが、
この常に「受け身の存在」であり、誰かから
何かを与えてもらう環境下で育ってきた私たちにとっては

子供
お母さんとお父さんかいなかったら大変だ。私は生きていけない。

と無意識的に理解し
自分の生存のニーズを満たしてくれる「親」という存在を
こころのどこかで、観察していくようになります。

 

そうして

子供
お母さんは、私がいい子だと愛してくれるんだな。
お父さんは、私が優秀だと認めてくれるんだな

 

と、親の期待や希望を少しずつに把握しながら
自己の存在、生存の安全を守ってもらうために
周囲の期待に合わせたり、振る舞っていくことを覚えていきます。

 

もちろん成長段階によっては、親の期待にあえて反発し
自我を形成させていく時期もありますが
幼い頃から、私たちの意識の深くに刻み込まれた

「自分の存在を安全に守ってもらうためには
誰かに受け入れられ、認められることが重要」

という意識は
大人になっても無意識の中に生き続け、働き続けます。

 

 

今でも働きつづける、擦りこまれた意識

 

そして話は本題に戻りますが

 

「一生懸命、努力したのに報われない。
自分はこんなにも必死にやっているのに
自分の一体何が悪かったっていうんだろう。

悲しい。やる気がなくなった。もう嫌だ」

 

こういった状況に直面している時は

「自分の存在を誰かに認められないと
自分の生存の立場が危うくなる」

という心に擦り込まれている意識が大いに刺激されるため

存在の危機を感じるほどに
非常に辛い感情を引き起こしやすいのかもしれません。

 

そしてこの「擦りこみの意識」を押さえたうえで
努力が報われず、失望している時の対処法を見ていきます

 

 

努力が報われず、辛い時の対処法

認められない=自己価値が危うくなる、という擦りこみに気づく

 

「誰かに評価されれば、自分の費やした努力や
自己価値は守られ、それが満たされないならば
自分の存在価値が危険にさらされる」

 

そういった、なんの疑いもなく感じてきた反応が

実は幼い頃からの心理的な擦りこみに
突き動かされているものかもしれない、ということに
まず意識的に気づく必要があります。

 

もちろんそれに気づいたところで、今味わっている
辛い感情が解消される訳ではないかもしれません。

けれど「そういうカラクリが実は働いていて
だからこそ、強い無力感を感じざるを得ないのだ」

と、今の状況を異なる視点から眺められることは
感情をむやみに痛めつけず、守ることに繋がります。

 

 

幼い頃からの意識の刷りこみから自分を解放し

今抱いている感情を癒し、自分の行為や
自分自身に対して、正しい価値を与えていくのは

彼らではなく、私たち自身である必要があります。

 

今は少し、精神的に踏ん張り時ではあると思いますが
自分自身を優しく労わって下さいね。

 

評価されることで、最終的に欲しているものを考える

aim

 

そして評価されることで
「最終的に自分が一体何を欲しているのか」に
意識を向けることも大切です。

  • 賞賛され敬われること
  • 正しく理解してもらうこと
  • 自分を受けとめてもらうこと

様々あるかもしれませんが、それらは
自分で自分に与えることは可能でしょうか?

 

「自分はここまでやったのだ」と無言の中で自分を賞賛し
報われなかった悲しみを、自分なりに静かに慰め

自分の成し遂げた行為は、誰にも見えなかったとしても
これからの道のどこかに繋がっていくのだと

自分で、自分の思いと行為を立て直してゆく。

 

自分自身で、自分に対して十分にそれらを与えられる時、
それを周囲に求める質にも量にも
変化が起きてくるのかもしれません。

 

最後に、この言葉を

 

人は不合理で、非論理的で、利己的です。
それでも、人を許しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをした、と
言われることもあるでしょう。
それでも、善を行いなさい。

あなたが成功すると
邪魔立てする人に出会うでしょう。
それでも、成功しなさい。

あなたが正直で誠実だと
人々はあなたを騙すかもしれません。
それでも、正直で誠実であり続けなさい。

あなたが何年もかけて築き上げたものが
一晩で壊されることもあるでしょう。
それでも、作り続けなさい。

あなたが安らぎや幸せを見つけると
嫉妬されるかもしれません。
それでも、幸せでありなさい。

あなたが善い行いをしても
翌日には忘れさられることもあるでしょう。
それでも、善い行いを続けなさい。

あなたの持つ最良のものを世界に与えなさい。
たとえそれが十分でなくても
最良のものを、この世界に与え続けなさい。

最後に振り返った時、あなたにもわかるはず。

全てはあなたと
あなたの内なる神との間にあることなのです。

あなたと他者との間であったことなど
一度もないのです。

 

Mother Teresa

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index