Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【イクイリブリアムボトルの使い方】効果を高める、正しい使い方のまとめ

【イクイリブリアムボトルの使い方】効果を高める、正しい使い方のまとめ

イクイリブリアムボトルを使おう

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

オーラソーマのイクイリブリアムボトル
きれいですよね。

 

見ているだけでも、色のエネルギーを受け取れる
イクイリブリアムボトルですが
ボトル本来の目的は、身体に塗ることです。

今回は、ボトルを買ってみたけれど
使い方がよくわからない方へ。ボトルの正しい使い方や
注意事項のまとめをご紹介します。

 

関連記事
オーラソーマのボトルの効果って、本当にあるの?長年使用しての、体験レポート!
オーラソーマのボトルを、個人的に使いたい。ボトルの効果的な選び方や、留意点は?

 

オーラソーマ ボトルの使い方

1. まずは浄化から


もしオーラソーマ商品の

  • ホワイトポマンダー
  • セラピスベイのクイントエッセンス

をお持ちの場合は、ティッシュに数的落として
ボトルを拭いてから使用するとボトルの浄化になります。

もしどちらもない場合は、ティッシュに水を含ませて
浄化の意図を込めて、拭き取とることもできます。

2. 左手で ボトルを持つ

浄化が終わったら、キャップをとって
左手で、写真のようにボトルを持って下さい

  • 親指で、ボトルの底を支える
  • 中指で、オイルが出る部分を押さえる
  • 人差し指薬指を、ボトルの左右に置く
  • 小指はボトル側面に添える

 

3. ボトルをシェイクする

ボトルの上下の層が混ざり合うまで、シェイクします。

最初にボトルをシェイクをする場合は
ボトル内に空気がないので、上下層が混じり合うまで
時間がかかりますが、根気よくシェイクしましょう。

ねぎ
2回目以降、空気が入ると、
簡単にシェイクできるよ

シェイクすることで
ボトルに自分のエネルギーが反映されるので

シェイク後のボトルは基本
他者に触れられないようにして下さい。

 

4. オイルを身体に塗る

シェイクしたオイルを手の平に適量とり

身体の前面と背面全面に、
帯状にぐるりと一周するように、オイルを塗っていきます。

※オイルを塗る時は
左右どちらの手を使っても大丈夫です。

 

ちなみに、ボトルはいつ使うのがいい?

朝と夜の1回ずつ、1日合計2回使うのがおすすめですが
自分の感覚に合わせて、使用回数を調整しても大丈夫です。

またボトルはそれぞれ、対応する身体箇所を持っています。

bodycolor

ピンク系のボトルを使用するなら
ピンクの身体の対応箇所は、下腹部周辺なので
下腹部をぐるりと一周するように、オイルを塗ります。

ボトルを体のどこに塗ったらいいのか分からない方は
こちらをどうぞ

【イクイリブリアムボトル・使用部位】全ボトル・身体の使用部位についてのまとめ

 

ボトルを使用する際の 注意事項

レッド系のボトルは 夜間使用を避ける

レッドはエネルギーを活性化するので
夜眠る前に使用すると、睡眠を妨げる可能性があるので
夜間使用は控えた方がいいかもしれません。

一方で朝、身体に元気がないときは
足の裏にレッドを塗ると、エネルギーを活性化してくれます。

 

ディープマゼンタのボトルは 染みに注意

もやし
ディープマゼンタをこぼして
黒くなっちゃったよ

ディープマゼンタ系のボトルは
オイルの色が濃いので、オイルを肌に塗る際は
お洋服などにこぼさないようご注意下さい。

もやし
手についたオイルの色は
石けんで洗うとすぐとれるよ

 

ちなみに、複数のボトルを同時に使っていい?

基本的には、複数のボトルを同時に使用するのではなく
1本ボトルを使用したら数週間ほど、期間をあけてから
次のボトルに移るなど

使用する時期をずらした方が、いいかもしれません。

 

オーラソーマのボトルは
それぞれのストーリーやテーマを持っています。

ボトルを使用している際は、そのボトルにちなんだ
独特の体験や、気づきが促されることがあるので

できれば1本ずつ、それぞれのボトルと丁寧に向き合った方が
特定のボトルを使うことで、何が起こったかを
把握しやすいかもしれません。

簡単なガイドラインの紹介でしたが
自分の感覚を大切に、ボトルを使って下さいね。

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index