こころの内側には「音」がある。私たちを呼びかける、こころで鳴り響く「音」のお話

こころの内側には「音」がある。私たちを呼びかける、こころで鳴り響く「音」のお話

こころの内側にある 「音」

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
 
先日、69番ボトル「鳴り響く鐘」を
選んだクライアントさんがいました。

 
このボトルは「鐘の音」に、関係するのですが

私たちのこころの内側にも
様々な「音」が発されています。今回はそんな
こころの内側にある「音」についてのお話です。
 
 
関連記事
オーラソーマ・実際の個人セッション(コンサルテーション)の雰囲気は、こんな感じ
 

 

「音」というと

 
昔、ラオスで聞いた「鐘の音」を思い出しました。
 

 
その鐘は、ラオスの寺院の屋根に取り付けられていて
風が吹くたびに、鐘が揺れ、音が響く様式でした。
 
 
お坊さん達にとっては、その鐘の音色は
日常の一部なのでしょうが、自分にとっては
もはや 寺廻りより < 鐘の音 でした。
 
 
それまで、数々の東南アジアの寺を巡りましたが
聴いたことのない響きを持つ、ラオスの寺院の鐘の前で

「なんてきれいな音だろう」と
しばらく、立ち尽くしていました。
 
 

神聖なものを つなぐ音


「鐘」の歴史は古く
古代エジプトからあったそうです。
 
 
鐘は祝典行事や裁判の際に、また時の切り替わりを
告げるなど、様々な用途で使われていましたが

元々は
「神々と、人間をつなぐもの」だったそうです。
 
 
そんな風に言われると、ラオスで聴いた鐘の音は
確かに、神がかっていると思いました。

寺院のお坊さんに、変な外国人だと思われてもいいから
時間の許す限りそこにいて
もっと、鐘の音を聴いていたかった。

その位、ラオスの寺院で聴いた鐘の音は
神秘を感じさせる音でした。
 
 

もやし
変質者?
ねぎ
うるさいね

 
ですが ラオスの鐘を思い出す時、不思議なのは
 
 
「何故そんなところに行ったのか、全くわからない」
ということ。
 
 
もしかすると、ラオスかさえも定かでなく
どこの寺かも、何故そこへ行ったのかもわからない。

記憶から抜け落ちていて、全く思い出せないのです。
 
 

この感じ オーラソーマに似ている


 
「オーラソーマのこと、全く知らないけど
なんとなく来てしまった」

 
そういうクライアントさんは、結構います。
 
 
オーラソーマでは、100本以上あるボトルから
4本のボトルを選ぶのですが、ボトルを選んだ後に

「何故このボトルを選んだのか、わからない」
そう話すクライアントさんも、多々います
 
 
オーラソーマも ボトルも
何故選んだのか、よくわからない。
 
 
けれど確かに、4本のボトルは目の前に選ばれていて
選ばれた色の世界を元に、クライアントさんは
自らの内面、「こころの世界」を旅していきます。
 

 
その「こころの世界」には、今まで
ひた隠しにしてきた、思いや感情だったり

本当は望んでいたけれど
いつの間に忘れてしまった、自分の姿など
 
 
様々な意識の音が
「こころの内側で鳴り響く、鐘の音」があって
 
 
オーラソーマに訪れるクライアントさんは
こころの奥から発される
その鐘の音を、聴きに来ているのかもしれません。
 

 
そして、その音は他人には聴こえません。
 
 
オーラソーマでは、プラクティショナー(カウンセラー)が
クライアントさんに、素晴らしい言葉をかけて指導し
それによって、クライアントさんが
癒され、変化する、と思われる節がありますが
 
 
深い癒しは、プラクティショナーの言葉によって
起こるのではありません。
 
 
私たちの「こころの奥」無意識の世界には
他人の言葉が届かない、深淵な領域があります。
 
 
そして本物の癒しや変化は、その「こころの深淵」に
クライアントさん自身で辿り着き、そこで鳴り響く

「こころの音」を聴いた時に起こります。
 
 
そこへは、誰も踏み込めません。
クライアントさんが一人で、向かう必要があります。
 
 

ただ オーラソーマの場合は

 
本当に「たった一人」で
こころの深淵へと向かうのか、というと
そういう訳でもありません。

 
オーラソーマでは、4本選んだボトルの内
「特に惹かれる、1本のボトル」を、身体に使用します。
 
 
ボトルは身体に使用できる
エッセンシャルオイルなのですが

クライアントさんは、選んだ1本のボトルと
そのボトルに込められた「自然の力」と共に

自らのこころの世界へと、踏み込んでいきます。
 
 
漢方薬は、自然植物を成分としていますが
オーラソーマのボトルも同じく
植物や鉱物など、自然の力が込められています。
 
 
ボトル使用前後の、効果や規則性を
数値化できないので、医療品ではありませんが

長年の臨床から、オーラソーマのボトルが
精神的な領域にも、働きかけることはわかっていて

現在では、医療従事者や心理学者など
アカデミックな分野の方々にも、使用されています。
 

 
個人セッションでは踏み込めない
クライアントさんの、こころの奥

「鐘」が鳴り響く領域に潜っていける
自然の力が宿る、オーラソーマのボトル。
 
 
先日、69番ボトル「鳴り響く鐘」を
選んだクライアントさんは
 
「自分の意志をしっかりと持っていきたい。
自分自身としっかり向き合いたいと思えました」


と、最後に語ってくれました。
 
 
いつも、クライアントさんにボトルを手渡す時は
 
「ここから先は、ボトルがやる」と
後は任せるような気持ちになります。
 

昔、ラオスだか、どこかの国の寺院で
鳴り響いていた 鐘の音。
 
 
よくわからないけれど、オーラソーマに惹かれ
セッションにやってくる、数々のクライアントさん。

選ばれる、ボトル達。
 
 
「本当はこう、生きたかったんだ」と
願う世界を、ボトルの色は奏でている。
 
 
オーラソーマを訪れる誰もが
自らの内側で鳴り響く、大切な鐘の音を聴きに

こころの奥へと、戻っていくのだと思います。
 
 

最後に オーラソーマ


自分のこころの声を、聴く。
 
 
それは普段、あまりにもノーマークな声ですが
そこには、今の自分が繋がる必要のある
様々な思いや意識が、込められています。
 
 
先がよく見えない、わからない。
気持ちが曇っていて、一歩を踏み出すのが難しい時。

オーラソーマで、こころの世界から発されている
色とりどりの音を、聴きにきて下さい。
 
オーラソーマのキャンペーン情報や
限定記事を含む、メルマガをはじめました

 
関連記事
オーラソーマのボトルを使うと、実際に何が起こるのか?ボトルの効果と、体験談の話
 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
プロフィールの詳細はこちら
TAG index

TAG index

 

TAG index
error: Content is protected !!