強さを持ち、自分を受け入れる。オーラソーマ・不動の11番ボトル「エッセネ」

強さを持ち、自分を受け入れる。オーラソーマ・不動の11番ボトル「エッセネ」

有名な11番ボトル「エッセネ1」


 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさん、オーラソーマの11番ボトルは知っていますか?
オーラソーマでも、有名なボトルの1つです。
 
 
オーラソーマのボトルには、様々なテーマがあるのですが
中でも自己受容「自分を受け入れる」テーマは大切です。
 
11番ボトルは、その自己受容のテーマと結びついていて
このボトルは、私たちが生きていく上で基盤となる
大切な姿勢を伝えています。

今回はそんな、11番ボトル「エッセネ1」の紹介です。
 
 
関連記事
人を受け入れられない、どうしていいのかわからない方へ。心に留めたい2つのこと
【オーラソーマ・寿セット】恋愛や関係性に効果的な、オーラソーマ3つのアイテム
 

 
 

エッセネ派に関係

「エッセネ1」ボトルは、ピンクの優しい色合いですが

ボトルの背景には「エッセネ派」
紀元前2世紀ごろに存在した
ユダヤ教の人々の話が関係しています。

エッセネ派の人々は、オーラソーマのように色を使い
癒しを行った人々であり
あらゆる宗派から、迫害にあった人々でもあります。
 
よって「エッセネ1」ボトル、上層のクリアーには
エッセネ派の人々が受けた、迫害に関する
「苦しみの涙」が、隠れているのかもしれません。
 
 
けれど彼らは、迫害においても信仰を失わず
「清く慎ましく、生活の全ての側面に
光をもたらすことを心がけた」と言われています。
 
 

強さ

「エッセネ1」ボトルは
「Strength・強さ」に関係しています。
11-card
このボトルは、迫害の苦しみに関係していますが
苦しみの渦中にあっても、その苦しみを明晰に見つめ
向き合える「強さ」を持っています。
 
 
私たちは、人生に大きな影をもたらした
辛い出来事には即、蓋をする本能が働きますが
 
「エッセネ1」ボトルは、苦しい過去や
苦しみを抱える自分そのものを、受容する姿勢を育み

今まで握りしめていた「苦しみの質」を
変化させるよう促します。
 
 
またどんな温厚な人物でも、人間である限りは
苦しみをもたらした
特定の出来事や人を恨みたくもなりますが
 
「エッセネ1」ボトルは
否定的な感情を握りしめ続けることによって
最終的に何がもたらされるのか、を見つめ

自分の感情や考え方に
責任を持って生きることを問いかけます。

ピンク色の優しい色の背後に
苦しみを見つめられる強さと
苦しみを抱える自分を受容できる「エッセネ1」
 
 
自らを包み込める愛情そして
自らの内面に、責任を持てる強さを持つこのボトルは

人として成熟したあり方を伝える、美しいボトルの1つです。
 
 

そんな11番、エッセネボトル1

 

【色】上層:クリアー 下層:ピンク
【タロットカード】Strength 強さ
【キーノート】自分の思考と感情に、責任をとる
【使用部位】腰・下腹部・背中を含む胴体周り・喉周り

11番ボトルは、女性ホルモンのバランスにも
効果的と言われ、子宮周りに使用するのもおすすめです。

またオーラソーマの他のボトルを使っても
効果が実感できない場合、11番ボトルを使うことで
オーラソーマボトルへの受容性を高めてくれます。

※医療品ではありません。

購入する¥5200(税抜き)

関連記事
【イクイリブリアムボトルの使い方】効果を高める、正しい使い方のまとめ
【イクイリブリアムボトル・効果のまとめ】ボトル使用後の様々な効果・5選
 

最後に、オーラソーマ


11番ボトル「エッセネ1」には
「花の鎖」という追記名があります。

強さや受容性をうたう、このボトルは一方で
物質的な欲望を追い求め「欲望の鎖」に
がんじがらめになる側面も隠されています。
 
 
自らを縛りつける、欲望の鎖ではなく
自らの内に、己や他者を守れる「花の鎖」を育てる時。
 
花の鎖は、私たちが本来持っている
あらゆる能力を開花させる、鎖となります。
 
 
オーラソーマには、100本以上のボトルがありますが
全てのボトルが、このボトルの基盤の上にあるような気がします。

今抱えている葛藤や苦しみに
「エッセネ1」ボトルのような、受容や強さをもたらしたい方は

美しいボトルに包まれ、内的な基盤を立て直す
オーラソーマをどうぞ

 
 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!