Ricoriss リコリス

女性の「生きる」を創造する

オーラソーマのコンサルテーション、実際の雰囲気はこんな感じ

オーラソーマの実際の雰囲気

 
こんにちは。Ricorissリコリスの、Ricoりこです。
 
オーラソーマに興味がある。
コンサルテーション(個人セッション)が
どういうものか、気になる方へ。
 
オーラソーマが実際
どんな雰囲気で行われるのか
個人セッションの様子の紹介です。
 
 

最初に「4本のボトル」を選ぶ

 
オーラソーマは
100本以上あるカラーボトルから
 
最初に「惹きつけられる/気になる」
「4本のボトル」を選びます。
 

 
オーラソーマのボトル「イクイリブリアム」
植物や鉱物が配合され
 
自然植物の色を基調とした
身体に使う、エッセンシャルオイルです。
 
 
植物と水とが織りなす、ボトルの世界に
うっとりとボトルを眺め、時間をかけて
ボトルを選ぶクライアントさんもいれば
 
あっという間に、ボトルを選ぶ方もいます。
 
 

4本のボトルを見て「感じるもの」

 
この4本のボトルは
ある個人セッションで、選ばれたボトルです。
 
※以下クライアントさんの了承を得て、お話を掲載しています

 
まず1本目。上下がピンク色のボトルです。
 

 
ここで、クライアントさんに問いかけます。
 
【質問】1本目のボトルを見て
どんな印象を受けますか

 

クライアントさん
とても優しくて
温かい気持ちになります。
洋服ではあまり着ない色だけど
ピンクは好きです

 
 
1本目は「自分自身を表すボトル」です。
 
 
オーラソーマでは
プラクティショナー(実践者)が
ボトルにまつわるストーリーを、お伝えしたり
 
クライアントさんから
ボトルの印象を聞いたりしながら
 
 
クライアントさんの特性や強み。
そして普段は意識できない
隠れた性質などについても、話していきます。
 

 
オーラソーマは
「この部分をこう直した方がいい」
といった、一方的な決めつけや指導ではなく
 
対話を軸に、クライアントさんが
自分自身の思いの深みに繋がっていけるよう
内面世界を旅していきます。
 
 
今回、クライアントさんが選んだ
1本目、ピンクのボトルからは
思いやりや優しさの感覚を、強く感じたので
 
他者をサポートするのは好きか、尋ねたところ
実際に、人をサポートする職業に
就かれているのがわかりました。
 
 
「1本目のボトルの特性」を話していると
現在の仕事と繋がっていることが多く
驚くクライアントさんも多いです。
 
 

4本のボトルの中で「目立つボトル」は?

 
今回のセッションでは
 
2本目、マゼンタのボトル
特に際立って見えました。
 

 
【質問】4本の中でも、特に色が濃く
強い印象を受けますね

 

クライアントさん
普段はあまり、選ばない色です。
でも力が湧いてくるような…。
こんな風に、強くなりたい気がします

 
 
「強くなりたい」
 
ここでクライアントさんの
「小さな願い」が出てきました。
 
 
話を伺うと、現在は休職中で
 
経済的な部分を考えると
「次の職を見つけなければ」と思うものの
道が定まらず、前に進みきれない。
 
 
少し不安を感じるので、マゼンタの色のように
「芯のある強さを持てたら」とのことでした。
 
 
その時、あることに気づきます。
このマゼンタには、実は「隠れ色」として
レッドが隠されているのです。
 

 
レッド「生きていくこと」「お金」など
現実的な事象に関わる色、とも言われています。
 
経済、現実的な側面に意識が向いている
クライアントさんでしたが
 
 
実はこのボトルの名称は
「天からの愛」
 
 
マゼンタという色自体が
現実を超えた、天上のような世界であったり
超越した意識に関係しています。
 
 
「お金が心配。だから早く次の仕事を」
そう考えるクライアントさん。
 
けれど彼女の意識の深い部分では
マゼンタ=現実の意識を超えた、大きな意識
が、何かを訴えているのかもしれない。
 
そこでクライアントさんに尋ねます。
 
 
【質問】「お金や仕事」など
現実面が気になるようですが

 
現実的なことは一旦、置いておいて
「大きな流れに身を任せたい」
といった思いはありますか?

 

クライアントさん
そうですね…お金は大切です。
けれど今は、それだけでは動きたくない
動けない気もします。
 
不安だけど「大丈夫、次の展望は見えてくる」
と時を待つ方が、今はしっくりくる気がします。
 
気持ちが整っていないのに
「ともかく次を」と考えすぎて
苦しかったのかもしれない

 
「今は自分が出来ることをしながら
大きな流れを待ちたい」

 
そう話してくれたクライアントさんでした。
 
 
「人生が与えてくれる流れを信頼し、身を委ねる」
マゼンタが問いかけてくるテーマは
簡単ではありませんが
 
今のクライアントさんは
現実的な意識で武装するより、天の采配を待つ。
 
 
マゼンタの意識が大切だったのでしょう。
 
 

3本目のボトルが伝えていた「変化」

 
選んだ4本のボトルのうち
3本目のボトルは「現在の様子」を表します。
 

 
このボトルは「創造性や芸術性」といった
キーワードに関連するボトルです。
 
ボトルの上層、ペールピンク
下層、ペールブルーを混ぜると
 
「大きな変容」に関する
バイオレットが表れるのに気づき
クライアントさんに尋ねます。
 
 
【質問】このボトルは
「何かを創造する」ことに関係し
また「変容の色」も隠れているのですが
 
何かを大きく、変えたい思いはありますか?

 

クライアントさん
あ、学びたい分野があります!
今までそれだけでは生活は難しいと
給与を考慮して、仕事を選んできたけど
 
最近やっぱり、その分野を勉強していけたらと
なんとなく思っていました。
 
あと「必要なものはもたらされる」と
こないだ何かで聞いて。
 
今はそれを信じたいです。
勉強、初めてみようかな

 
 
そして最後、4本目のボトルは
桜の開花を思わせるボトルでした。
 

 
4本目のボトルは
「可能性や潜在的な力」を表します。
 
 
このボトルの上層、ペールオリーブ
「橋」というキーワードに関連しています。
 
 
3本目のボトルに隠れていた
バイオレット「大きな変容」の可能性と
 
4本目のボトルの、新天地への「橋」を表す
ペールオリーブを前に
 
 
大きな変化のタイミングに
いるのかもしれないですね、と話しながら
 
桜、新しい息吹を感じる、4番目のボトルに
こころ和んでいたクライアントさんでした。
 
 
そしてこの日、クライアントさんは
「大きな流れの中で
道を見つけられるように」

 
マゼンタのボトルを、お持ち帰りしました。
 
 
後日談ですが、クライアントさんは
本当は学びたかった勉強を始め
 
勉強と両立できる、新しい仕事を選び
新生活を始めたそうです。
 
 

最後に


 
今回のセッションでは、4本ボトルの順に沿って
スタンダードに展開していきましたが
 
セッションによっては

  • 特定のボトルに集中して
    話が展開する場合もあれば
  • ボトルとはかけ離れた
    お話が展開したり

 
「こんな話をするとは思わなかった」
ずっと蓋をしていた思いを
吐露される方もいます。
 
 
オーラソーマは
日常生活での疲れや、葛藤を休ませて
 
ボトルの色の世界を見つめながら
自らのこころの世界に、寄り添っていきます。
 
 

About The Author

Ricorissリコリスを主催する
心理カウンセラー/サウンドセラピスト
 
プロフィールを見る

人間関係の舞台裏「人間関係には、舞台裏がある」

女性の「生きる」を創造する
人間関係を、自分を見つめる

オンライン・カウンセリングコース
Online Counseling Course

 

自分を思うひとときRicorissのメルマガ


●メルマガ限定のコラムや
●キャンペーン情報を含む

自分を思うひとときを過ごす
メルマガをお届けします

    
オンライン・カウンセリングコース
裏側の物語
 女性のための、カウンセリングサロン
Ricorissリコリスの思い
©Ricoriss All Rights Reserved
著作権者の許可のない、当サイトの文章や画像の無断転載や使用および
言い回しを変えた、内容の模倣を禁じます
error: Content is protected !!