Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

計画通りにいかず、途方に暮れ気味の方へ。オーラソーマ77番ボトルからのメッセージ

計画通りにいかず、途方に暮れ気味の方へ。オーラソーマ77番ボトルからのメッセージ

 

計画通りに 進まない

 

もやし
そんな時は すべて忘れてしまえ
ねぎ
むりだよ

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさんは、何か行動をおこす前に
計画を立てる方ですか?

 
以前、美術学校にいた時、友人が
興味深い、観察結果を教えてくれたのですが

「作品を作る際、プロセスが男女とでは違う」
というのです。

男性:計画を立て、計画通りに進行させ
完成するものは、計画通りのもの
女性:計画はラフ。計画から脱線しても
感性の赴くままに作り、完成品は
当初の計画と異なることがある

 
男性であれ女性であれ
もちろん状況によって方法は変わりますが

今回、クローズアップしたいのは日常で割と
「男性方式=計画通り」に進行させる方です。
この方式を選ぶ際、ネックになるのが

  • 計画通りに物事を進めても、上手く行かないと
    途中から、どうしていいのかわからなくなる
  • その結果、思考停止したり行動自体が止まってしまう

ことだと思いますが、今回はそんな
計画通りに物事を進めたいのに
うまく結果がでずに、途方に暮れ気味の方へ。

 
オーラソーマ・77番ボトル「カップ」より
心に留めたいメッセージをご紹介します。

 
関連記事
本当に好きなことは、捨てない。生活と、好きな事とのバランスに迷う方へのメッセージ

 

「計画外のもの」を 受け入れらるか

 
これもまた昔の、美術学校での話ですが
絵を描いていた時、間違って濃い色の絵の具を
ボトッと、キャンバスの上に落としたことがありました。
 

「あー やってしまった…」

 
と、その瞬間は苦い顔で
「早々に元に戻さねば」と思いました。

ですがその日はなぜか、すぐには修正する気にならず

「でも、この偶然に落ちた色の上に
絵を描いたら、どうなるんだろう…」

と好奇心半分に
そのまま絵を描き続けたことがありました。

 

 
そうして最終的に完成した作品を見て、驚きました。

 
誤って落とした、濃い色の絵の具のせいで
普段、自分で描くよりも、はるかに深い世界観が
作品に加わっていたからです。

 
「偶然」という、当初計画していなかった要素。

けれどその予測不可能な要素によって
自分一人で創作する以上の深みを
作品に与えられることもあるのだと

その時、学んだ気がしました。
 
 

計画外の要素は 「注がれるもの」

 
小説家や創作活動をしている方が
これと似た話をしているのを、聞いたことがあります。

「傑作ができる時は、頭の中にある計画や
自分の方法論を突き詰めた先にあるのではなく
 
自分以上の力が、想定していないところに添えられ
その力が作品と共に働いた時に起こる」

 
 

「自分以上の力」というと、一体何の力なのか
非論理的な話になってしまいますが

「自分以上の力」が働くのは
私たちの人生を振り返ると、案外ある話だと思います。

 

「あの時偶然、電車が遅延したから出会えた」
「偶然あの本を目にしたから、今に繋がっている」など。

 
予期しない「プラスアルファ」があったからこそ
計画していなかった、けれどより豊かな方向へと
物事が流れ始める場合があります。

 

もし今、計画通りに物事が進まずに
思考停止気味になっている方は
自分の頭で作り上げた計画の外側で

「実は注がれているかもしれない何か」
がある可能性に意識を向けるのも
大切なのかもしれません。
 
 

「注がれる」ために 必要な姿勢


 
このボトルはオーラソーマ、77番ボトル
「カップ」と言います。

 
ボトルの下層にあるマゼンタ
私の「誤って落ちた、絵の具」の話のように
「予期せず、落ちてくる何か」に関連しています。

 
自分の願った通りに、物事が進まない時は

「うまくいかない。もはや、これまで…」と
活動の火種を消したくなったり
実際に活動の停止を、選ぶ場合もあるかもしれません。

けれど「予期せず、注がれている何か」は
私たちの想像を超えていて
どんな働き方をするかはわかりません。

 

 
そして「注がれるもの」は
指を加えて待てば、必ずやってくるものではないし
「ここに、注いでおくからね」と教えてもくれません。

 
私たちが「注がれる何か」に気づけるのは

自らの行動パターンや、固定概念を緩ませ
自分のこころの中に、注がれるものを受け取る為の
「余白」を残しておける時です。

 

がむしゃらに全てをコントロールしようとせず
信頼しながら、こころに余白を残し

自分にやれる分量をこなして
何かが降り注がれるのを待つ。

 

こころの空白に予期せず落ちてきた「意外な何か」こそが
新しい世界への、扉となるのかもしれません。
 
 

そんなオーラソーマ 77番ボトル・カップ

【色】上層:クリアー 下層:マゼンタ
【タロットカード】ペンタクルの2/Two of Pentacles
【キーノート】受けとることにオープンになれば、
多くのものが与えられる
【使用部位】身体全体に使用できる

B77を購入する ¥5200(税抜き)


 

もやし
注いでくれ
ねぎ
もとめちゃダメだよ

 

最後に オーラソーマ個人セッション


 
オーラソーマは、110本のカラーボトルから
4本を選ぶ、カラーセラピー・カウンセリングです。

選ばれたボトルは、私たちの感情や意識、
無意識など、普段意識できない
「こころの世界」を映し出してくれます。

普段の思考パターンから距離をおき
自分自身や生き方を、深いレベルで見つめ直したい時は

今の自分に注がれるメッセージを受け取りに
オーラソーマをお試しください。

あなたが選ぶボトルには、
こころの深い部分からもたらされる
大切なメッセージが込められています

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index