Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自分をどこか誤摩化しながら生活している時に。オーラソーマ104番からの1つの言葉

自分をどこか誤摩化しながら生活している時に。オーラソーマ104番からの1つの言葉

 

自分を 誤摩化している

もやし
なんで?
ねぎ
ニンゲンはふくざつなのよ

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさんは
自分の思いのままに生きていますか?

 
とは言っても、社会の中では身を守る為に
本心を隠すのが大切な時もあれば
妥協せざるを得ない時もありますよね。
 

今回はそんな

  • あまり腑に落ちないものに、仕方なく従っている。
    自分を騙しているようで、スッキリしない
  • 本音と現実とが、ちぐはぐな状態にいる方へ

 
オーラソーマ 104番ボトル「カマエル」から
大切なメッセージをお届けします。

関連記事
流されるのは、やめにする。自分の意思で、これからの道を歩みたいと願う方への、お話
 

 
 

現実と 本音

 
これは、あるクライアントさんの話です。

彼女はある組織に属していたのですが、ある時
その組織の「不正」に気づいてしまったそうです。

 

 
彼女にとって、組織での生活は
全身全霊をかけ、取り組んできたものであり
彼女にとって、その仕事はとても神聖なものでした。

 

組織の不正に気づいた後、その組織に居続ければ
安定的な収入は得られるものの

自らの精神性が、傷ついたように感じた彼女は
その組織に居続けるのが正しいのか
わからなくなったそうです。

 

別の同僚からは

「何も辞めることはない。
こういうことは、どこにでもある。
ショックかもしれないけれど
きれいなことだけを言っても、仕方がないよ」

と、いさめられたそうです。

そうは言われても、全く煮え切らない思いや
収入とを天秤にかけて考えながら
気持ちがスッキリしない日々を、送ったそうです。

 

この話を聞いた時。ふと、こころに沸き上がった
オーラソーマのボトルがありました。
 
 

オーラソーマ 104番ボトル「カマエル」

 

 

私たちは年齢を重ねるほどに、状況によっては
本音を主張せず、こころの内に留めておいたり

本音をオブラートに包んだままで
当たり障りなく、振る舞う術を身につけていきます。

けれども時の経過とともに
 

「嫌だ、それは私のやり方じゃない。
それをしてしまったら、もう私ではない」

 
と、こころの中で沈黙を強いられていた本音が
反乱を起こす場合があります。

 
104番「カマエル」のボトルの上層、ピンクには
繊細な「パールの粒子」が含まれていて
その様子から、このボトルは「真珠」に関係しています。

 
真珠養殖で有名なアコヤ貝は、真珠を育てる際
「自分ではない何か」を、自らの内に押し込められ
いくばくかの苦しみを味わうのですが

 
104番ボトル「カマエル」は、真珠のように
自らの内に「本来の自分とは異なるもの」を飲み込み
「何らかの苦しみ」を伴っているのかもしれません。

 
そしてその苦しみに対し、104番ボトルは問いかけます。
 
 

「あなたの ありのままを生きる」


 

「ありのまま」

 
この言葉は一時期、あまりに脚光を浴びて
この言葉の深みも真髄も、薄れてしまった感があります。
 
けれど104番ボトルは
「ありのまま」という言葉を改めて問います。
 
 

「あなたは、あなたのありのままを
 
ありのままの思いを
ありのままのあなたを、生きていますか?」

 
 

 
そもそも「自分のありのまま」が
何なのかさえ、わからないかもしれないし

「言いたいことはわかるけど、それができれば…」
と思うかもしれません。

 
ですが、戦闘や攻撃性にも関連する
104番ボトル「カマエル」は
そんな時でもあえて、真っ直ぐに問いかけます。

 

「あなたは、あなたのありのままを生きていますか?」

 

 
本当はすべきだったこと、したかったこと。
胸の中で思っていたこと。伝えたかったこと。

 
私たちは様々な思いを抱えながらも
様々な理由によって、それらに蓋をし
生活しなければならない時もあれば

そうすることでしか、生きれない時もあります。

 

けれど自分の思いと、現実とが食い違い続け
こころの内側で、大きく何かが叫び始めた時
最後の砦となるものは

「自分のありのまま」とは何か
自らに、問いただす勇気なのかもしれません。

 

このボトルは、ピンクマゼンタ
優美な色調の「女性」を感じさせるボトルですが
いざとなったら戦える、勇敢さも兼ね備えています。

 
勝ち負けでも損得でも、社会や他者の為でもなく

「私はありのままの思いを、生きれているのか」

カマエルの問いは、私たちの内に隠された真珠を
日の当たる場所に差し出すよう
呼びかけているのかもしれません。
 
 

オーラソーマ 104番ボトル「カマエル」

【色】上層:イリデセントピンク 下層:マゼンタ
【キーノート】ありのままであること。愛のための新しい始まり
【使用部位】身体のどこでも。下腹部や背中周辺、脊柱の下部

ボトルを購入する¥5200(税抜き)

もやし
いまなら真珠エキス20%増量中
ねぎ
ばか言うのやめなさいよ

 

最後に オーラソーマ

 

「信頼せよ。そしてすべては完全であると知れ。

全てがそれと、反対に見える時ですら
いくら試みても、思いどおりにならない時ですら。


何事も、ただあるがままに存在する」

104番ボトル・カマエル

 

オーラソーマは、110本以上のボトルから
4本のボトルを選び、選ばれたボトルを通して
私たちのこころの奥、内面の世界を旅する
カラーセラピー・カウンセリングです。

普段、私たちが意識していることと
「こころの奥」にある、意識や思いは異なります。

「本当はこう感じ、こう思っていた」

カラーボトルは、私たちのこころの内に
溜められた思いや、本来どうあることが最善なのか
今の「あるがままの姿」を映し出します。

感情や意識、無意識と、多角的に自分を深く見つめ直す。
生活に、自分自身に迷いがある時は
オーラソーマをどうぞ 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index