失ってしまっても、先行きが見えなくても、あり続けるもの

失ってしまっても、先行きが見えなくても、あり続けるもの

「鬼滅の刃」を読んだ

もやし
こういう鬼が出るんだよ
ねぎ
あっち行ってよ

 
 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさん「鬼滅の刃」を知っていますか?
 

吾峠呼世晴
累計発行部数、1億部。驚異的な売り上げで
社会現象と言われている漫画です。
 
一体何が、人のこころに触れているかに興味を持ち
作品を読んでみましたが、今回は「鬼滅の刃」から
失っても、あり続けるもののお話です。
 
 
関連記事
最も大切だったものを、失ってしまったら?「喪失」という、闇の中にあるものの話
 

 
 

舞台は、大正時代

※以下、ネタバレあり
 
主人公の少年は、鬼によって家族を殺され
かろうじて生き残った妹も鬼にされ

妹を人間に戻すため、鬼を滅する部隊の剣士となります。

「鬼滅の刃」に出てくる鬼は、鬼と言っても
生まれつきの鬼ではなく

元々は人間だった点が、物語の要となっています。
 
 
鬼は無情の過去の末に鬼となり
人間だった頃の記憶を、失って生きています。
 
 
一方鬼を滅する剣士たちは、その多くが
鬼によって近親者を殺されており

もはや剣士の方が、鬼になってもおかしくない程
むごい過去を背負っています。

 
鬼が人を喰う悲劇を断ち切ろうと、戦う剣士たち。

鬼の中には人間の頃から、闇に囚われていた者もいますが

鬼も人も無情の淵を歩き、傷ついてきた者同士。
その戦いは、背中合わせであることがわかります。
 
 

死の際に、あぶり出されるもの

 
鬼は太陽光を浴びるか
剣士たちが使う「太陽の日を宿す刀」で
首を斬られると死ぬのですが
 
 
鬼は滅する瞬間「なぜ鬼となったのか」
人であった頃の記憶が、あぶり出されます。

 
時折こころの世界や、精神的な世界越しに人を見ていると

その人が持つ「命題のようなもの」を
感じとる瞬間があります。
 
 
それは生活の苦悩に覆われていて
本人が自覚することはなくても
 
幾重もの過去をつらぬく
一筋の「日の光」のようなものがある。
それを命題というのか、使命と呼ぶのかは分かりません。
 
 
ですが人間が地上で生きる以上
太陽の日から、逃れられないように

私たちそれぞれが持つ「日」は
頭上から私たちの人生をつらぬき

命題を生きるよう、道を与えているように思います。
 
 

そして「鬼滅の刃」で描かれる鬼は

 
人として持っていた命題「日」を
忘れてしまった者なのかもしれません。

 
闇に堕ち、鬼となり
けれど最後は「思い出せ」とばかりに

「日」を宿す刀を振り落とされる。
 
 
その最後の瞬間
必死に「日」を求め、もがきながら生きていた

人間であった頃の自分を思い出し
灰となって、消えていく。

この話は、全てが砕け散る場面から始まります。
主人公は家族を奪われ、日常が暗転してしまう。
 
 
砕かれた破片を握るしかできない、その手は非力で
その破片の鋭さに、切り裂かれた者は鬼となる。
 
 
人でありながら内面に修羅おにを抱え
本来内面に宿していた光を、喪失するように
戦う剣士もいる中で、異彩を放つのが主人公です。
 
 
太陽が全ての生命を照らすよう
この少年は、灰となって消えゆく鬼に

自らの内にある太陽のを、慈悲を注ぐことができます。
 
 
この物語には、人の生きる地上世界と
その地を離れた者が行く、あの世。

その2つの世界が交錯しています。

多くの者が戦いで散る、この話の舞台が地上世界のみなら
この話ほど、救いのないものはないでしょう。
 
 
けれど「日」は
2つの世界をつらぬき、紡がれていきます。

 
「失っても、失っても、生きていくしかないんです」
 
今の、先の見えない世界状況だからこそ
主人公の言葉が迫ってくる「鬼滅の刃」は
 
 
失い、滅せられ
手に残ったものが、無残な破片でも

日の元へ、日の元へと還ろうとする、いのちの衝動が
身を斬られるような切なさで、描かれています。
 
 
 

最後に


 
人がそれまで生きてきた、自分自身や人間関係、
生き方を転換しようとする時

「刃が振り落とされるほどの戦い」は
避けられないとも思います。
 
 
ですがゆるやかに自分と人間関係を癒し、育みたい方は
自分自身と関係性を見つめる
オンラインコース「人間関係の舞台裏」をどうぞ

もやし
鬼がでるよ
ねぎ
うるさいねあんた

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!