オーラソーマは占い?オーラソーマについて、正直に聞きたい5つの疑問

オーラソーマは占い?オーラソーマについて、正直に聞きたい5つの疑問

オーラソーマとは

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさん、オーラソーマを知っていますか?

  • ボトルを見たことがある
  • 興味はあるけど、何なのか知らないなど

よくわからない方もいますよね。
今回はオーラソーマへの、率直な疑問と答えを紹介します。
 
 
関連記事
オーラソーマとは。初心者必見!厳選アイテムや効果など、オーラソーマ完全版まとめ集
 

 

Q1.オーラソーマは占いですか?

 
A. 占いではありません。
 

オーラソーマでは、クライアントさんに
4本のボトルを選んでもらい、選ばれたボトルには
意識や無意識、感情など内面世界が映し出されます
 
 
オーラソーマでは
プラクティショナー(カウンセラー)が
指示や指導をしたり、一方的に判断するのではなく

あくまで、選ばれた4本のボトルを元に
普段は意識できない、クライアントさんの
こころの世界に迫っていきます。
 
 
様々な象徴性や、メッセージを含むボトルは
「本来は何を願い、どう生きたいのか」を表し
 
人生を歩む上で大切な
「自分をまず理解する」プロセスを助けます。
 

Q2. 宗教に関係していますか?


 
A. 特定の宗教には関係していません

オーラソーマのボトルには
観音菩薩や中国の老子や荘子、キリストといった

宗教的な人物や、歴史的な人物に
関連したボトルがありますが、オーラソーマそれ自体は
特定の宗教に属していません。
 
 
アロマセラピーの精油が実は、星座や天体、
タロットなど、幅広い世界観に関わっているように

オーラソーマも、星座や神話の神など
広い宇宙観を内包しています。
 
 
ボトルには「キリスト」と名のつくものもありますが
それはキリスト本人を謳っているのではなく

キリストに表現されるテーマ、
「自らを捧げ、世界に分け与える」
「復活、変容する」など、様々なテーマを表しています。
 
 

Q3. なぜ色で、自分のことがわかるの?

A. 色は古代から、人間の心身を表すツールです
 
 
世界には「3大伝統医学」と言われる、インドの
アーユルヴェーダや中医学、ユナニ医学がありますが

これらの伝統医学では顔色や肌、舌の色をもとに
人間の心身の状態を診察していました。
 
 
古代エジプトでは、心と体の治療のために
特定の色を身につけるよう、患者にアドバイスしたり
哲学者のピタゴラスも、色を用いた治療を行っていたそうです。

色は「人のこころと体の状態を、映し出す鏡」として
古代から使用されており、オーラソーマでも
「色は人間の心身と相関関係がある」と捉えています。
 
関連記事
オーラソーマ最大の不思議。なぜ色で、こころの世界を探れるのか。色の不思議のお話
 

Q4.カウンセリングで、勧誘されますか?

A. 勧誘はありません。

またネットワークビジネスでもありません。
 

Q5.カウンセリングでは、商品を購入しなくてはいけませんか?

A.無理に商品を買わせるなど、無理強いはありません。

 
オーラソーマのボトルは、最高峰オーガニック
として名高い、デメター認証を取得している
身体向けのエッセンシャルオイルです。
 
 
ボトルには、イギリスの広大な自社農園で作られた
植物や鉱物、そして分子レベルまで考慮された
精製水が含まれています。

ボトルは漢方のように、自然界の力が凝縮されていて
その自然の叡智が、私たちのこころや精神、
感情に調和をもたらすよう、働きかけます。
※医療品ではありません。
 
 
オーラソーマでは「最も惹かれるボトル」を
使用することを推奨されますが

クライアントさん自身が「使ってみたい」と
感じなければ、勿論ボトルを買う必要はありません。
 
 
オーラソーマが大切にするのは、色の世界を通して
自らを見つめ直し「自分で自分を癒す」過程です。
 
 
オーラソーマ製品は、医療従事者や心理学者など
アカデミックな分野の方々にも、愛用されていますが

オーラソーマ製品を使いたいかどうか
全ては自由意思に委ねられます。
 
関連記事
オーラソーマのボトルの効果って、本当にあるの?長年使用しての、体験レポート
 
 
そんな100本以上の、カラーボトルで
自らのこころ深みを見つめる、オーラソーマですが

人生の分岐点にいて
生き方や、自分自身を見つめ直したい方は
色の鏡で自分を見つける、個人セッションをどうぞ

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!