デヴオーラ。オーラソーマ発祥の地はこんなところ。オーラソーマ・イギリス紀行

デヴオーラ。オーラソーマ発祥の地はこんなところ。オーラソーマ・イギリス紀行

デヴオーラ オーラソーマ発祥の地

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん、イギリスに行ったことありますか?
イギリスは実は、オーラソーマの発祥地です。

 

私はオーラソーマを勉強し始めてから
「いつかはイギリスに行くのだろう」と思っていましたが

実際に赴いたオーラソーマの本拠地「デヴオーラ」は
イギリスの小さな村の中に佇む、小さな神殿のようでした。

今回はそんなオーラソーマの聖地、
デヴオーラのレポートをお届けします。

 

関連記事
オーラソーマとは?オーラソーマのボトルや歴史を紐とく、初心者の方へのまとめ集
「アロハ」の世界に触れる旅。会社を辞めて訪れた、ハワイ・オワフ島旅行記

 

  デヴオーラ オーラソーマの聖地

 

ここがHouse of Light「光の家」と言われる
オーラソーマ本拠地です。

オーラソーマは現在、世界50カ国以上に広がっており
この光の家には、世界各国から人々が訪れます。

 

デヴオーラへ行くには、空港から交通機関を乗りつぎ
自力でも行けるのですが、頭を使いたくなかったので
私はスクール側にチャーターをお願いしました。

 

今回デヴオーラで受けたコースは、日本人通訳の無いコース。
アルゼンチンやロシア、中国、イタリア、スペイン、
イスラエルなどからきた、多国籍の生徒達と一緒でした。

ちなみに「日本人通訳がないコースに出てみたいけど
英語力は、どれだけ必要なんだろう…」

と思っている方は、
コース中では他の国の生徒さんとペアになり
英語でカウンセリングし合う機会があるので

それができる程度の、スピーキングやリスニング力は必要です。

 

ここがスタディールーム。
様々なコースが開催されるお部屋で
オーラソーマなだけあって、椅子がカラフルです。

 

教室の前方には、様々なストーンが置かれていました。

オーラソーマのボトルには、クリスタルのエネルギーが
含まれているので、クリスタル達とともに
オーラソーマの世界を探求して行きます。

 

教室内にはオーラソーマ商品があって
生徒達は自由に製品を使うことができます。

教室の前方、ガラス張りのスペースには
優雅に佇む観音様がいたり

 

教室の後方にはインドの神様、ガネーシャがいます。
このまま「やぁやぁ」と、歩き出しそうなくらい
生命感にあふれています。

 

イギリスなだけあって、スクールには
アフタヌーンティーがいつでもできるような
テーブルと椅子があります。

そんな中、私が一番好きだったのがここ。
ブーゲンビリアとボトルが見えるテーブルです。

コース中、アフタヌーンティーの時間には
オーガニックの手作りクッキーやケーキがふるまわれ
アフタヌーンティー好きの自分には、たまらない時間でした。

 

壁には、絵画や
天使のボトルディスプレイが飾られています。

 

羽のようにも、貝にも見える繊細な彫刻で
ボトルがライトアップされて幻想的でした。

 

スクールの外はこんな感じ。

芝生と木に囲まれた、開放的で静かな空気感です。

スクールを背に少し進んで行くと
オーラソーマ創始者・ヴィッキーの
メモリアルガーデンがあります。

 

まるで秘密基地を見つけたように
ドキドキした心持ちで、ガーデンのゲートをくぐります。

 

途中の小道には、クリスタルが置かれていたり

 

ハートの池を、見つけたり。

子供の時に、ここに迷いこんだなら
2時間くらいは興奮して遊び回ったと思います。

クローバーの噴水もあり。
小さなところに、様々な仕掛けがある世界観が
たまりません。

庭の奥には、瞑想ルームがあります。

この日は、閉鎖されていましたが
この小さな空間の中で瞑想していた
創始者のヴィッキーの静けさが伝わってくるようです。

そんな瞑想ルームの正面には
オーラソーマボトル10番「行って木を抱きなさい」の
モチーフになった木があります

 

 

「日本から、ここまで来ましたよ」と
そっと木に伝えて、スクールに戻りました。

コース中、イギリスは曇り空続きだったのですが
この日は運良く、太陽が顔を出してくれました。

そうすると教室のガラス窓に日が差し込み
教室は光と緑溢れるサンルームに変わります。

 

滞在中は、スクールがくれた地図を片手に
羊やら農地やら、レンガ作りの協会を通りすぎ

スクールから徒歩10分程のところにある
オーラソーマ製品を扱うショップにも行ってみました。

 

オーラソーマショップの外観です。

店内では、ここぞとばかりに買い物する生徒達が
レジに長蛇の列をつくります。

生徒達の爆買いに、対応するスタッフさんが
レジを打ち間違えないよう「心臓に悪い…」
と呟きながらも、にこやかに対応してくれました。

 

ちなみに デヴオーラで泊まった部屋

デヴオーラにはシェアルーム、シングルルームと
様々な部屋があるのですが
今回泊まったのは、シングルルーム。

シェアルームよりは、少し料金がかかるのですが
コース中は、一人でぼーっとする時間は大切なので
あえてシングルにしました。

最終日に、学長のマイク・ブースが、
全員にボトルをプレゼントしてくれました^^

 

初めて訪れた オーラソーマの聖地デヴオーラ

イギリスの地方の村にある、その小さな施設は
オーラソーマそのものを、体現したような場所でした。

 

やろうと思えば、もっと人の多いイギリスの首都圏などに
施設を展開できるのかもしれません。

 

「けれどオーラソーマは、ここなんだ」
と思いました。

空と風と、大地に抱かれた静かな場所で
人知れず、ひっそりと光っている。

 

いつか私もこんな風に
自然の中でひっそりとボトルを飾っている
温もりのあるサロンを作りたい、と思いました。

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index

 
 

TAG index
error: Content is protected !!