バリ、天空の寺院で起きた奇跡。自然と芸術の村・ウブドで、内なる音を聴く旅へ 

バリ、天空の寺院で起きた奇跡。自然と芸術の村・ウブドで、内なる音を聴く旅へ 

 

神々の島、バリへ

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。
みなさん、好きな国はありますか?

私はインドネシア、バリ島が特に好きなのですが
今回は肥沃な大地と、自然に囲まれ
神々の島と呼ばれるバリ、ウブドでの滞在記です。
 
 
関連記事
水の神が住まう、京都 貴船神社。ご神水でこころを清め、癒す旅に出る

 

ジャングルの中に泊まる


今回バリで滞在したのは、芸術の村として有名な
ウブド地区。

お宿はジャングルに囲まれた
ALiLa、アリラウブドです。

 
 
部屋のバルコニーからの眺め

 
 
あたり一帯は、虫の鳴き声が響き
木々の濃密な空気で、肺が清められるようでした。

 

こちらは世界の絶景プールとして
賞をとる、ALiLa ホテルのプール。
ここだけ世界が違うような、幻想的な風景でした。

プールサイドの椅子。緑と空に包まれます。

アリラホテルの朝食は有名で、豊富なメニューから
注文して頼みます。
自然の中で食べる朝食で、毎日幸せでした。




※Alila Ubud の詳細はこちらから

 
 

島で森林浴


滞在中はスピードボートに乗って
レンボンガン島にも、足を伸ばしました。

 
 
マングローブが密生するエリアで、森林浴です

 
 
心身の力が抜けていき、こころが静かになります。

 
 
島への旅は バリ俱楽部という
ツアー会社に頼みました。

きめ細やかな気配りと
ツアーに対して、丁寧な説明をしてくれます。
そしてお客さんの写真をこの体勢で撮る
プロ意識が光ります

 
 
その後、シュノーケルで圧巻のサンゴ礁や
フグやニモを見た後、海を眺めながらのランチでした。


 
 

買い物で、こころを満たす

ウブドに戻って、お買い物を。
バリでは有名な「アタ製品」の工房
「バリハンディ」を訪れます。

 
 
手前にあるのが「アタ」シダ植物です。

 
 
私もいくつか、アタ製品は持っているのですが
アタの茎を編み、燻製にした製品は丈夫で長持ちします。

 
 
ウブドでは、丸いアタバックが人気で
斜めがけしている観光客が、多くいました。

 
 
次はシルバーで有名な村へ。
良質、良心価格のお店に行きました。

 
 
繊細なシルバー細工に集中する、職人さん

 
 
こちらは「ガムランボール」

 
揺らすと、鈴の音のような音が鳴ります。

ガムランボールには、中にボールが入っていて
白い色のボール=幸福、黄色=お金、など
中のボールの色によって、意味が違うそうです。


 
 

美的な感覚を刺激、ウブド散策


 
ウブドの魅力は、何と言っても散策の楽しさ

 
 
いたるところに
バリの美意識が凝縮された寺院があります。

 
 
寺院の精工な石の彫刻には
思わず立ち止まり、息を飲みました。
人の手で、本気で作られたものを見るのは楽しい。

 
 
数えきれない程、お店が並ぶウブドで
今回の行きたかった店の1つが
「UTAMA SPICE」ウタマスパイス

 
 
バリのハーブや植物の、伝統の知恵を生かした
100% ナチュラルコスメのお店で
精油やフェイス、ボディケアなどが並びます

映画の撮影でバリを訪れていた、ジュリアロバーツも
ウタマスパイスで、沢山買ったそうですよ。
 
 
 
買い物で脚が疲れたら、フットリフレクソロジーへ。
散歩中見つけた、アラヤホテル内の「Dala Spa」

 
 
今回の旅では、3つのスパに行ったのですが
ここが施術力、雰囲気ともに素晴らしかったです。

 
 
深呼吸から施術を始め、レモングラスや植物
スクラブを入れたフットバスで脚を洗い
60分のフットリフレをします。
 
スパアワードで受賞している「Dala Spa」は
施術後に素敵な空間のカフェで
クッキーとお茶を頂きながら、のんびり過ごせますよ。

ウブドに来たら、また来ようと思ったスパでした。

 
 

寺院で起きた、奇跡

 


今回行きたかったのが、ランプヤン寺院。
標高、約1100mの山にそびえる、天空の寺院です。

 
 
到着したのは夕方。階段を上がった先にある
祈りの場への扉は、残念ながら閉められていました。

 
 
お祈りの為に買った、花やお香のお供え物、
片道 2時間の移動も、全て無駄になってしまった。

呆然としながらも、せめてもう少しだけ
祈りの場の近くにいようと階段を登ると
そこに寺院で働いている、若い男女がいました。

 
 
階下にある、寺院の有名なゲート前で
記念撮影のために並ぶ人々を眺めながら
寺で働くバリ人の男女と、話をしていました。

 
 
数十分が経ち、寺院には霧が立ち込めてきて
さすがに、もう仕方ない。帰ろうと思った瞬間

背後でギィっと、扉が開く音がしました。
まるで仙人のようなお爺さんが
祈りの場への扉を開けたのです。

 
「扉が開いた… まさか、入れる?!」
 
 
一緒に話していた、寺院で働く男女の計らいか
ランプヤン寺院の神々の計らいかはわかりませんが

先ほどまで話していた、寺院で働く女の子が
「私があなた達のために祈ってあげる」と
開いた扉の奥、神聖な祈りの場へと案内してくれました。
 
 
他に参拝客がいない、完全貸切のありえない空間。
 
色とりどりの花を、指や耳、髪に挟み
聖水を浴び、聖米を眉間につけながら
寺院で働く女性の、誘導にそって祈ります。
 
 
「私たちの持つ、多様な側面に対して。
この神聖な寺院の神に対して、自然に対して。
 
そして、全てに対して」


 

全ての中に、宿る音


「万物に神が宿る」
バリは日本の「八百万の神」と似た信仰を持っています。
 
 
バリの寺院や彫刻、芸術品にはその細部に至るまで
職人による、卓越した技巧が宿っています。

そしてその技巧の、その奥にはもう1つ
ガムランボールの中に入っている
ボール=魂のような「核」があって

その「核」に託されている思いが、人々の足を止め
まるで時間が静止するかのような衝撃を
鑑賞者に与えるのだと思います。

私たち、人の内にも「核」があります。

何を欲し、欲していないのか。
こころから、喜びを感じるものは何か。
そして何が、その喜びを遮っているのか。
 
 
自らの内側にある「核」の音に耳を傾けるほどに

その音は曖昧だった意識に、意思を与え
また新しい地へと旅ができるよう
導きの音を、内から響かせてくれるのだと思います。
 
 
自らの内にある、核の音。

お供え物の花の香りが、ふわっと香るウブドで
けたたましく響くバイク音に混じり

微かに響いた、ガムランボールの高音を思い出します。


 

最後に


 
旅の最終日に使い切った、オーラソーマのボトル。

ボトルはいつでも、散らばりそうな意識を内に向け
自らの声を聴くよう促し

自分を縛りつけていたものから、距離をとり
新しい扉があると、語りかけてくれます。
 
 
ボトルに込められた、自然の力を受け取り
美しい色彩と共に、こころを整える。
内的な旅をしたい方は、オーラソーマをどうぞ 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!