オーラソーマのボトルは、最後まで使い切ろう。ボトルを効果的に使うために、大切なこと

オーラソーマのボトルは、最後まで使い切ろう。ボトルを効果的に使うために、大切なこと

ボトルの効果を、引き出すために

もやし
別に引き出さなくてもいいさ
ねぎ
引き出すんだよ

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん、オーラソーマのボトルを買ったけど
途中で使用を中断したことは、ありませんか?

イクイリブリアムボトルは
使い始めたら途中、大きなインターバルは開けずに
使い切ることを推奨されています。
 
 
今回は、ボトルを使い始めて間もない方や
ボトルの購入を考えている方へ。

ボトルの効果を引き出す為に
気に留めておきたいことを、ご紹介します。
 
 
関連記事
オーラソーマのボトルを、個人的に使いたい。ボトルの効果的な選び方や、留意点は?
オーラソーマのネットの無料診断をする方へ。気に留めておきたい大切なこと
 
 

 

ボトルは、最後まで使い切る

イクリブリアムボトルは、身体に塗って使用する
エッセンシャルオイルです。
 
 
ボトルには植物や、鉱物のエネルギーが配合されていて
自然界の力が、わたしたちの心身や
身体周りの、エネルギー的な領域に働きかけます。
※医療品ではありません
 
 
ボトルの使用中は、感情や精神面に
何らかの変化や動きがあったり

ボトルのテーマに関連した出来事が
誘発されることがあれば
全く想定していなかった事象が、起こる場合もあります。
 
 
関連記事
オーラソーマのボトルの効果って、本当にあるの?長年使用しての、体験レポート
 
ボトルは、1日、朝と夜の2回使用することで

その時、使用者にとっての必要な気づきや、癒し。
そして、バランスが弱まっていた部分に
調和がもたらされるよう、促してくれますが

使用を途中でやめることは、それらのボトルの
働きかけを、遮ってしまうかもしれません。

もちろん、身体的に症状が出た場合や
感情的に、あまりに辛くなった場合は

使用を中断し、様子を見るなどして
このままボトルを、継続して使えるか。
自分なりに、判断していきましょう。
 
 
けれども「なんとなく」や「面倒になった」
「飽きた」等で、ボトルの使用をストップするのは

ボトルが今、まさに私たちに働きかけようとしている
何らかの作用を、遮断してしまう可能性があります。
 
 
オーラソーマのボトルは、植物やクリスタル、
そして長年の研究によって、極限まで純化された水をベースに
丹念に作られた、エッセンシャルオイルです。
 
 
森で深呼吸すると、神経が休まったり
穏やかな海を目の前に、心身がくつろぐように

自然の力を凝縮した、オーラソーマのボトルもまた
私たちの心身を包み込み

緊張や硬直があった部分に
調和がもたらされるよう、働きかける力を持っています。

自然の恩恵を余すことなく受けれるよう
ボトルは、最後まで使用してみましょう。
 
 

自分を、モニターする

また、オーラソーマのボトルを
効果的に使用するためには

ボトルの使用期間中に、起こった出来事や
その出来事に対して、自分としては何を感じたのか。
意識的に、見つめる姿勢は大切です。
 
 
あまりに、ぼんやりとボトルを使っていると

何らかの出来事が起こっても、気づけなかったり
大きな感情的変化が起こったとしても、スルーしたりと

結果「ボトルを使ったけど、よく分からなかった」
という状態が、起きかねません。

初めてボトルを使用する方は、そもそも
客観的に状況や、自分を見つめること自体が
特殊だったり、難しいと感じるかもしれませんが

オーラソーマのボトルを買い
「使おう」と思った背後には、そこに働きかけたい
何らかの動機があったはずです。
 
 
その動機に、少しでも応えるために
「あ、何か起きてる」と、自分の内外で起きている
小さな変化を捉える、客観性を持つと

ボトルによって引き起こされる、何らかの化学反応を
よりリアルに、感じられるかもしれません。
 
 

最後に オーラソーマ


 
今の自分に、最も適切とされるボトルを使う。
それが、オーラソーマでは大切です。

「今の自分を、最も呼んでいるボトル」を選び
ボトルの問いかけを、ボトルを使用することで
自らの身体に、こころの内に取り入れていく。
 
 
何をしても、上手くいかないような停滞感を感じる方や
前を向くきっかけを作り、自分を立て直したい方。
そして、疲れたこころを労りたい方は

色の鏡で自分を見つける、オーラソーマをどうぞ

 
 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

TAG index
error: Content is protected !!