Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

心が折れそう…。最も厳しい状況にいる時に、心に留めておきたい1つのこと

心が折れそう…。最も厳しい状況にいる時に、心に留めておきたい1つのこと
もやし
こころ折れた
ねぎ
どうしたの?

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。
 
みなさん「これはもう、心が折れるかも…」
と思う時、ありませんか?

いつもの比ではなく「本当にまずい」
と、警報が鳴っている状態です。

 

そういった状況下では
「もう、ともかく終わりだ…」
と、悲観的反応に終始してしまう
かもしれませんが

今回はそんな、非常に厳しい状況にいる方へ。
気に留めておきたい1つのことを、ご紹介します。

 

関連記事
計画通りにいかず、途方に暮れ気味の方へ。オーラソーマ77番ボトルからのメッセージ

 

 

完全に心が折れそうな 歴史

 

「本当に完璧に、心が折れる限界まで追い詰められる」

そんな状況を、歴史上で経験した一人が

フランス革命時の王妃
マリー・アントワネットだと思います。

Marie Antoinette Young3

彼女は、オーストリアの由緒ある家柄に生まれ
生まれたその時から「蝶よ花よ」と褒めそやされ
彼女が望めば、全て手に入る生涯を約束されていました。

 

やがて彼女は、政略結婚でフランスに嫁ぎ
フランス王妃となるのですが

そこで彼女は、道楽のために莫大な税金を使い
田舎を再現する施設を作ったり
友人のために、約60億円以上の経済支援をしたりと

際限のない、豪勢な暮らしを謳歌していました。

 

 

そうしてそのまま、富と名声に包まれ
美しい宮殿で、永遠の眠りに…と、なるかと思いきや

まずそんな「きらめきだけの人生はない」と
彼女の人生を見ていると、つくづく思います。

 

徐々に 王妃人生が陰り始める

 
彼女の人生が陰り始めたのが

国民の飢えや苦しみを一切配慮せず
好き勝手に血税を使い続けた王政に
国民の不満が大爆発した、フランス革命時です。

 
怒った革命軍と民衆によって、国王一家は幽閉され
裁判によって、国王も王妃アントワネットも
断頭台での処刑を、宣告されてしまいます。

 

人は深淵の中でしか 見えないものがある

 

革命で権力を剥奪され、奈落の底に落とされて初めて

アントワネットは人生に、そして自分自身に
徹底的に向き合うことを、余儀なくされます。

 

信頼していた貴族達は、革命が起きるやすぐに国外逃亡。

権威や利益があったからこそ
貴族たちは自分と共にいただけで
最後に残ったのは、家族と王の妹のみでした。

 
生まれた時から、権力と共にあった彼女は
その権力を支える民衆を見つめる、謙虚な姿勢を
冷静な眼差しを、忘れてしまったのかもしれません。

 

独房の暗闇の中で、ようやくアントワネットは
人との関係性や、生きること。
それらの本質を、深く見つめることとなります。

 

 

彼女は、処刑の前日
義妹に宛て、手紙を書くのですが

その手紙を読んでいると、彼女の人生になぜ
「革命と処刑」という深淵が
投入される必要があったのか

その「精神的な意味合い」のようなものを
感じられる気がします。

 

王妃 最後の手紙

 

手紙は長いので、割愛させていただきますが
マリーアントワネットの遺書

アントワネットが、その手紙で伝えているのは
 
 
死刑判決を受けたものの、王がそうであったように
自分も毅然とした態度で、死に向かいたい、ということ。

 

残された2人の子供には
「義務を果たすこと」が、人生で最も大切であること。

愛情をもって兄弟を助け、助けられた方も
愛情を持って、その助けに応えることを願い

どんな不幸な境遇にあっても
友情によって、人は慰め合うことができるし
友がいるからこそ、2倍の幸せを分かち合える。
 
 
友情と信頼のもとに、人は幸せになれる
と告げています。

 

手紙の最後では、気付かずに
他者に与えてしまった苦しみに対して謝罪し
同時に「自分に危害を与えた者を、許す」と
記されています。

 

その手紙にはもはや、血税を使い放題し
あまりに自由奔放、と言われた幼い王妃の面影はなく

人生で最も、心が完全に折れる状況に直面したことで
精神的に目覚めていった

「本物の王妃」からの言葉がありました。

 

 

深淵の中で光を見る オーラソーマ100番ボトル・メタトロン

 

オーラソーマにも
今回の話に通づるような、ボトルがあります。
 

 
100番ボトル、メタトロンです。

ボトルの下層には深淵のような深いマゼンタと、
上層には、その深淵を照らし出すかのような
クリアーがあります。

 

私たちが苦しみを感じるのは

「一体なぜ、自分はこんな心折れる状況を
走り抜ければならないのか」

と、その「意味のようなもの」が
全く掴めないことに、あるのかもしれません。

 

けれどアントワネットが
「革命と処刑」という激動をくぐり抜けなければ
人として目覚め、精神的な深みを育めなかったように

安穏な生活の中では、決して気づくことができない
その人の人生において、学ぶ必要のある
何らかの重要なレッスンのために

深淵「心折れる状況」は起こっているのかもしれません。

 

 

今はただ苦しく、打ちひしがれるだけで
その出来事の意味合いなど、理解するのは難しくても

私たちがその深淵を
苦悶と共に、精一杯に通過しきることで
時が経ったある瞬間に

その暗闇にあった、何がしかの意味や理解。

暗闇でしか見出せない
この世界を生きた証しとも言える
血の通った知恵を、見いだせるのかもしれません。
 
 

最後に オーラソーマ・カウンセリング

 

 

心が折れそうな時は
感情の揺れが激しく、建設的だったり
冷静な考え方をするのは、難しいかもしれません。
 
 
オーラソーマは、こころの奥底に沈む
様々な感情や思いを客観視し

「今、何をするべきか。何に気づく必要があるのか」

カラーボトルを通して、自らの内面に潜り旅をする
カラーセラピー・カウンセリングです。
 
 
こころを整え、自分の内側に滋養を与えたい方は
色の鏡で自分を見出す、オーラソーマをどうぞ

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index