Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

会社の高圧的な人が苦手。心の平和を守るために、高圧的な人への対処法

会社の高圧的な人が苦手。心の平和を守るために、高圧的な人への対処法

会社の高圧的な人が苦手…

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん、会社にいる高圧的な人がとても苦手で
今後も人間関係が続くかと思うと
気が重いと感じることはありませんか?

 

また状況が長引くほどに、相手への拒否感が
増してしまうこともあるかもしれませんが

今回はそんな、会社の高圧的な人との人間関係で
ストレスが溜まっている方へ。自分のこころの平和を守りつつ
相手と接していくための、対処法をご紹介します。

 

関連記事
特定の人にイライラする時に。オーラソーマ・15番ボトルから、意識したい1つの視点
仕事の難しい人間関係や疲れ、自分を見つめ直したい時に。過去記事のまとめ

 

 

高圧的な態度の、背後にあるもの

 

私たちは誰しもが、生まれ育った環境や境遇によって
身につけなければならなかった
様々な防御姿勢や、行動パターンを持っています。

 

自己主張しなければ、存在を無視される境遇にいれば
「強い自己主張」の性質を身につけようとするし

本来穏やかな性質を持っていたとしても
攻撃性の強い環境に長期的にいたならば
同じく攻撃的な性質を身につけ
戦う性質を帯びるかもしれません。

 

そして「高圧的な態度をとる相手」というのも
おそらく彼らの生きてきた道筋において

たとえば攻撃的で、高圧的な人間の影響を受けたことで
彼らと同じように振る舞うことを覚えてしまったり

無意識的には、自分の身を守るために
他者と争う姿勢を、身につけていったのかもしれません。

 

 

理由はなんであれ、幼い頃に私たちが
環境的、感情的に優しく守られていたならば

「本来、身につける必要のなかった性質」
というものはあります。

 

そして今回の相手の、高圧的な態度というのは
もしかすると、彼らが経験してきた過去によって

本来必要でなかったのに、身につけてしまった
「悲しみの性質」であるかもしれません。

 

相手のせいで気分を害されている今、
相手の背景を考慮するなど「知ったこっちゃない」と
抵抗を感じるかもしれません。

けれども高圧的な相手の背後には
生きていく上で「どうにもならなかった思いや悲しみ」が
潜んでいる可能性があることを、心に留めておきましょう。

その上で、高圧的な人への対処法です

 

高圧的な人に対して、持ちたい意識

 

そういった相手と関わる時、意識したいのが

先に述べた、相手はどうにもならなかった過程を
生きてきたことによって、高圧的という攻撃性を
まとわざるを得なかったのかもしれない、という

「情け目線」を、状況に添えることなのかもしれません。

 

もちろん相手に対し、感情的になっている時は
その類の思いを持つことは難しいし

情けは人の意識の中でも、最も高尚な意識なので
それを意識することは、一筋縄ではいかないと思います。

 

 

けれども、その情けを示すことを試みたのが
とある最高裁判所の判事でした。

 

彼女は、誰もが敵意と嫌悪の目を向けた
とある凶悪殺人犯に対して

「強い固定観念を脇に置き、人としておだやかに接する」
という姿勢を、まっすぐに相手に示した時

それまで非道さの中にいて、全てを拒否していた
犯人の目には、涙が浮かんでいたといいます。

 

 

高圧的であること。あまりにも厳しく
強い怒りに満ち溢れていること。

 

特定の性質が過剰な場合、その背後には
「そうならざるを得なかった経緯」がある場合が
本当に多々あります。

 

けれどだからといって、人としての倫理をわきまえず
横暴に振る舞っていいはずもなく、そういった相手は
いつか彼らと似たもの同士の高圧的な人間に出会い

「一体自分が、人に対してどう振る舞っているのか」に
嫌でも直面する時がくるのだと思います。

 

相手を変えられる訳でもない今
不愉快な状況の中で、自らのこころを守るためには

相手を見つめる目線に異なる視点、できるなら
情けに関連する洞察を加えることは

ほんの少しかもしれませんが、気持ちと状況を
和らげることに繋がるかもしれません。

 

また、自分の内面をのぞくことも大切です


また過去に

「権力的な相手に従い、耐えるしかなかった」
といった記憶があるかなど、心理的なアプローチになりますが
自分の内側を探ることも大切です。

というのも、そういった権力や攻撃性を持った相手に
強烈な怒りや怖れがある場合は

その強い感情が逆に、力を誇示し威圧してくるような相手を
引き付けてしまうことがあるからです。

 

 

思い当たりのある方は、この状況によってもしかしたら

自分の尊厳を相手に譲らないことや、屈しないことを
試されているのかもしれないし

遠い昔、誰かから威圧的な態度をとられたことで
苦い経験をした当時の自分を慰め

「自分はあらゆる搾取から自由なのだ」と
自分の生き方を再定義し、癒すことが大切なのかもしれません。

 

 

相手を見る目線、そして
この状況で一体何が、自分に問いかけられているのか、を
見つめ直すこと。

それらを行うには、忍耐と努力を必要としますが
そういった異なる視点を取り入れる姿勢をもつことが
この状況の場合、助けになるのかもしれません。

 

 

こころが休まらず、お疲れ気味の方は
気持ちを和らげてチャージする、オーラソーマをどうぞ

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index