Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「アロハ」の世界に触れる旅。会社を辞めて訪れた、ハワイ・オワフ島旅行記

「アロハ」の世界に触れる旅。会社を辞めて訪れた、ハワイ・オワフ島旅行記

会社を辞めた ハワイに行った

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさんは、ハワイに行ったことはありますか?

 

私は学生時代、バックパッカーで
東南アジアを中心に、よく旅をしていたのですが

当時は「ハワイ=有名すぎ、メジャーすぎる」
と感じていたので
あえてハワイを訪れることはありませんでした。

 

けれどシンガポールで5年以上働いた後に
「日本に帰って、起業しよう」と決意した時
なぜだか「行こう」と思ったのは、ハワイでした。

今回はそのハワイ、オアフ島での旅行記です。

 

関連記事
屋久島。水と緑あふれる世界遺産の島で、心を洗う。癒しのボイスヒーリング紀行
水の神が住まう、京都 貴船神社。ご神水でこころを清め、癒す旅に出る

 

ハワイに 呼ばれる

 

 

シンガポールに住んでいた頃。

ドラッグストアに行けば、ハワイ産の商品に
やたらと目をとめている自分がいたり

同僚から突然「アロハ」と書かれた
ハワイのデザインのノートを貰ったりと

日常で何かと、ハワイコールが続いたある日、
「よし、会社辞めてハワイに行こう」と
突然決めたことが、ハワイ旅行の始まりでした。

 

そうして会社を辞め、日本に帰国してから
ハワイに飛び立ち、到着してまず思ったことは

「風が生きてる」ということ。

「自然が持つエネルギーの質が、全然違う」
ということでした。

 

以前、東南アジア各国を旅行して
様々な自然は見てきたのですが

ハワイの自然には、それらとどこか違う
「こちらに向かって動き出してきそうな躍動感」
を感じました。

 

山に空、風、太陽、花に
そこら中にいる、ニワトリにもみなぎる躍動感。

ニワトリには、外でお弁当を食べていると
よく狙われて格闘しました。

 

それまで「日本人は、何故ハワイが好きなのか」
いまいち理由が分からなかったのですが

ハワイ通の日本の人々は、ハワイのこの
「生きている自然の力に抱きしめられに来るのだ」
と、理解した気がしました。

 

ハワイでの こころ温まった出来事

 

そんなハワイ・オアフ島に滞在したのは、約3ヶ月ほど。
日本人の奥様とハワイアンのご主人、
息子さんのいる、愉快なお宅にホームステイしました。

その間、ハワイアンハーブの学校に通ったり
ハワイ島にも旅行に行ったり。
当てもなくバスに乗って、オアフ島を探検したり
ハワイアンの友人ができたりと、盛り沢山な日々でした。

 

そして滞在も後半になり、帰国日が近づいたある日。
ローカルハワイアン客が多いとあるスーパーに
足を運んだ時のことでした。

 

 

ミネラルウォーターを1本を買おうと
レジカウンターに商品を置いて、順番を待っていた時。

自分の番がきたので、お金を払おうとしたところ
レジのお姉さんが言いました。

 

「お金はいらない」

 

何が起こったのかわからずに、店員さんを見つめ返すと
「お金は、彼がもう払ってくれたのよ」と言うのです。

 

私の目の前には、小さなお嬢さんを連れた
ハワイアンのお父さんがいて

お父さんは自分たち買い物と一緒に
私のミネラルウォーター代を支払ってくれたようでした。

 

まるでドラマのような、突然の出来事に驚きながら

「ええ!(オーマイガー)どうもありがとう…!」
と、礼を述べると

ハワイアンのお父さんが、サングラス越しに微笑みながら
私に握手を求めて、言いました。

 

「アロハ」

 

 

アロハ という世界観

 

「こんにちは。ありがとう。いらっしゃい。
さようなら。愛」

 

アロハには
これらの言葉が全て含まれているといいます。

 

ハワイアンのお父さんが「アロハ」と言ってくれた時。
3ヶ月間滞在した、オアフ島そのものからも
なぜだか「アロハ」を言われた気がしました。

そうして「ああ、これで旅は終わりだ。
日本で起業して、次に進む時が来たんだ」
と、心の中でかみしめて

温かい感謝と共に、日本に帰国することができました。

 

 

5年以上住んだシンガポールを去った時も
最後にあったのは、やはり感謝「アロハ」でした。

 

生きていく中では、どうにもならない状況の中で
アロハなく終わってしまう関係が沢山あります。

けれど出会った人々や場所、
属していた組織から立ち去る際に

そこにあった全て
いい事も、そうでなかった事に対しても
最後にそっと、心の中からだけだったとしても
「アロハ」を思える時

そこで起こった困難さや、苦さから自分を解放させ
次へと、進むことができるのかもしれません。

 

 

ハワイでは、実際に起業している方々に会えたり
オーラソーマのディスプレイ棚を後に作ってくれた
木彫り職人さんを紹介してもらったりと

「次」へと繋がる何かを、沢山提供された気がします。

 

滞在中、沢山助けてくれた心優しいホストファミリーに

出会ってすぐに仲良くなり、多くのポキ丼をくれ
アロハ精神そのものだった、ハワイアンの友人に。

起業について教えてくれた、エネルギッシュで
思いやり深いカウンセラーさんに。

 

過去と、これからをつなげる旅先ハワイで出会った
全ての人達とハワイに
たくさんの「アロハ」を、今でも思います。

 

こんにちは。ありがとう。いらっしゃい。
さようなら。愛

 

ALOHA

Akahai 思いやり
Lokahi 協調性
Olu’olu 喜び
Ha’a Ha’a 謙虚・素直な心
Ahonui 忍耐

思いやりと素直な心をもって他者に感謝し
慈悲と愛情を与え、幸福を分かち合う

Alohaloco

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index