Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人間関係で大切なのは「聴く」力。聴く力を育むために意識したい大切なこと

人間関係で大切なのは「聴く」力。聴く力を育むために意識したい大切なこと

人間関係で大切にしたい力

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん、より良い人間関係を保つために
心がけていることはありますか?

 

配慮し気遣い合う、適切な距離感を保つなど
自分なりに大切にしている意識や
視点があるかと思いますが

相手の話をしっかり聞くことも
大切な姿勢の1つですよね。

 

傾聴力など聞く力に関連する
様々な本が出版されているように

相手の話に耳を傾け、寄り添える力というのは
人間関係を支える上でも、大切な力だと思います。

今回はそんな聴く力について、「聴く」ということの
本質を感じた、とあるお話をご紹介します。

 

関連記事
心地良い人との距離感を保つために。意識したいパーソナルスペースのバランス

 

 

聴くことの本質を見た、とある話

 

以前、介護施設で暮らす
とあるシニア男性のドキュメンタリー番組を見ました。

 

この男性は遠い昔、結婚後すぐに
妻が自死を選ぶ、という過去を背負っていました。

 

それから長い期間
男性は消えることのない無念や、悲しみを背負い続け

彼の全身から漂う、どこか力ない様子からは
長年の心身の疲れが感じとれました。

 

 

今は静かに、介護施設に暮らすその男性は
週に一回、レクリエーションの一環として
俳句を習っているのですが

ある日、その男性と俳句を教える
女性の先生との間で、こんなやりとりが起こります。

 

 

ある日、男性が詠んだ句

 

 

かき氷 君の思い出 すぐとける

 

 

「かき氷も君も、こんな風にすぐ溶けて
消え去ってしまうよ」

 

その句からは、妻の自死という
拭いきれない現実と共に生きて来た
男性の無情さが強くこめられていました。

 

その句を見た俳句の先生は
しばらくの間、何も言わずじっとしていました。

 

先生は「生徒の書いた句には、極力手直ししない」
というスタンスを持っていましたが

この時ばかりは、彼女は静かな間をおいた後
男性に言いました。

 

「来週まで、この句を預からせて下さい」

 

先生はこの句を家に持ち帰り
自分なりに考えたい、と男性に申し入れたのです。

 

 

 

それから、一週間後の俳句教室で

 

男性の目の前には、先生に加筆を施された
5つほどの俳句が並んでいました。

 

 

 

かき氷 君の思い出 今もなお

 

かき氷 君の思い出 まだそこに

 

 

机に並べられた、それらの俳句たちを前に
先生は男性に尋ねました。

 

「この句の中で
あなたの気持ちに、最も近い句はどれですか?」

 

そう聞かれた男性は
ゆっくりと、それぞれの句を見つめた後

 

「…これです」と、ある1つの句を選びました。

 

 

かき氷 君の思い出 今もなお

 

 

 

 

「いまも、なお」そこにある

 

男性がその句を選んだ瞬間に
テレビの画面越しからでもはっきりと
彼の目に、光が宿ったのがわかりました。

 

それは今まで閉ざされてきた
けれど本当は触れたかった「希望のような感覚」に
男性が今一度、繋がったような瞬間でした。

 

 

その後、彼はこらえきれないように先生に尋ねました。

 

「…次のお題は、何ですか?」

「俳句を、もっと詠みたい」

創作意欲が沸き上がったのか
男性の目は輝き、番組の最後に言いました。

 

「俳句を作って、楽になった」

「人が、恋しくなった」

 

 

「言葉にならない声」を聴く、ということ

 

私たちは時に「大丈夫だよ」と言っていても
本当は辛い、と思っていることがあれば

「元気だよ」と微笑みながらも
こころの中では「助けて」と叫んでいることもあり

 

言葉が、物事の本質全てを語ることはありません。

 

 

 

かき氷 君の思い出 すぐとける

 

この句を見た時
俳句の先生はこの句にひしめく、男性の悲しみに配慮し
何もしないこともできました。

けれど先生はあえて、男性の句に加筆することで

彼のこころの奥に眠っている
「本質的な思い」を、掘り起こすことを選びました。

 

こういった行為は
人のこころの、あまりに繊細な部分に関わっているため
安易になされるべきではないと思います。

 

ですが先生のこの行為が、男性の内側で凍っていた
「温もりある思い」を
呼び覚ましたのを見て

 

人のこころの内側には
「言葉にすることのできない思い」があり

人の話を聴く時、それぞれの言葉の奥に隠されている
その人こころの思い、叫びに
寄り添う姿勢が大切なのだと思いました。

 

普段、会話の中で
相手がたとえ、屈託なく話していたとしても

 

「あなたは本当に、大丈夫?」

 

と、私たちが相手のこころの内に隠れているかもしれない
繊細な意識に対して「聴く」姿勢を向けられる時

より深みと、思いやりのある
温かい人間関係が築けるのかもしれません。

 

 

最後に オーラソーマ個人セッション

 

自分のこころの声を、聴く。

それがオーラソーマの主眼です。

 

胸の中にあって、けれどずっと言葉にならなかった
思いや感情を解放したい時、オーラソーマをお試しください。

美しいカラーボトルが、あなたのこころの内側を
紐解いてゆくカラーセラピーです 

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 
 

TAG index

 

TAG index