Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

職場に苦手な人がいる。苦手な人との付き合いで、取り入れてみたい「新しい視点」

職場に苦手な人がいる。苦手な人との付き合いで、取り入れてみたい「新しい視点」

苦手なものは?

ねぎ
お風呂
もやし
明太子の血管

 
 
こんにちは。Ricorissの、りこです。

「相手は自分に対して、悪い感情は
持っていないかもしれないけれど
自分としては苦手。

できれば関わりたくないけれど
会社だから、避けられない」
 
 
そんな難しい状況にいる方へ。苦手な人に
対峙する為の、新しい視点を紹介します。
 
 

 

なぜ 相手を苦手なのか

 
 
「苦手意識」の裏側には
原因「根っこ」があります。

私たちが、特定の相手に苦手意識をもつ時
「相手そのもの、または相手の特定の言動
が原因」と、捉えるのが普通ですが

「苦手意識」を意識的に掘りさげていくと
実は、その根が私たちの「過去の意識」と
深く関係している場合があります。
 
 

苦手意識の「根っこ」


 
 
たとえば会社で、口が達者で
「言いたい放題の相手」を苦手だとします。

この場合、意識を掘り下げていくと
「言いたい放題」に関する、苦い記憶
 
 
「本音を言えず、言いたいことを我慢していた」
「言いたいことを言ったら、攻撃された」
「親に言いたい放題、言われていた」など
 
 
時に、感情的に大きな痛みを抱えていた
過去の記憶に関係していることもあります。
 
 
そんな折に、歯に衣着せぬ相手を
目の当たりにすると
私たちの意識の奥にある「無意識」は

「まただ。また、言いたい放題が始まった」

と、過去から耐え忍んできた強い不快感や
怒りを伴い、私たちの意識や感情を
刺激する場合があります。
 
 
勿論、私たちは
「無意識の中で動き出した、感情的な反応」
など知る由もないので

目の前にいる相手そのものに
ともかく強い苦手意識や、怒りを感じます。
 
 

苦手意識という メッセージ

shadow
 
 
このように苦手意識は、時として

「気持ちを大きく傷つけられた、過去の意識」
と繋がっていて、それゆえに相手を
余計に苦手、と感じる場合があります。
 
 
全てのケースがそうだ、と断定しませんが
もしかすると今直面している「苦手な人物」は

「ここに、過去から持ち越してきた
苦しみがある。それを解放したい」という

こころの奥から発されている
「シグナル」の場合もあります。
 
 

 
 
「考えすぎな気がする。相手はただ単純に
無礼だったり、失礼な人間なだけ」

と思うのは通常の反応で
そのまま相手に対して、怒りと不快感で
応じ続けることはできます。

ですが、あまりに苦手意識が強く
ストレスが強い場合は

「相手がなぜ、自分をここまで揺さぶるのか」
 
 
と、今までの自分の経験や
苦しい、と感じた記憶とリンクしていないか。

意識的に発想を転換させて、自分の内面を
「探ってみる視点」を取り入れると

状況の中に隠れている
新たな一面を見いだせるかもしれません。
 
 

 
苦手な相手と、自分が過去に負った
「何らかの痛み」との因果関係を見い出し

「ああ、だから余計に苦手だったんだ」
と、客観的な気づきに至ると

相手と、自分の苦手意識の間に
「薄いレイヤー」を1枚入れて
相手に対峙できる、気持ちのスペースができます。

 
 
また、たとえば過去に親や友人から
言いたい放題、言われ続けたとします。

そうしてまた、会社で苦手とする相手が
色々と吹っかけてきた際に

「ふざけるな」

と、今までは我慢してきたけれど
「今度は反旗を翻せ」と
強い怒りを伴う苦手意識を
意識の底から、浮上させているのかもしれません。
 
 
「今抱えている苦手意識が、自分に
何かを訴えているとしたら、それは何か」

意識を少しずらし、新しい視点から
苦手意識に向き合うのも一手です。
 
 

苦手な相手と 向かいあう時に


 
 
コロラド大学の心理学の教授が
「温度が感情に与える影響」について
実験をした時の話です。
 
 
被験者を2グループに分け、1つのグループには
「温かいコーヒーカップ」を持たせ
別のグループには、何も持たせませんでした。
 
その後、各グループに
「ある人物を評価するよう」尋ねると

温かいコーヒーカップを持ったグループは
相手に「良い評価」をくだし

「温かいものを持つと、大らかな気持ちになり
相手を好意的に見る傾向がある」
という結果がでたそうです。
 
 
苦手な相手と向き合う場合
「相手を好意的に見る」境地までいくのは
難しいかもしれませんが

「気持ちをなだめる程度」に会社で
温かい飲み物で手を温めながら
相手と向き合うことも、助けになるかもしれません。
 
 

最後に オーラソーマ


 
苦手意識や、怒りを感じる相手がいて
カウンセリングで、自らの内面を見つめたら
問題はそこではなく、違うところにあった。
そういう事例は多々あります。

オーラソーマでは、通常は意識できない
「無意識」、こころの奥にある視点を取り入れ

特定の状況や、自分自身の気持ちを見つめ
どうすることが最善かを、探っていきます。

色の鏡で内面を見つめ、こころを癒したい方は
英国式オーラソーマをどうぞ 

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

TAG index

 

TAG index