Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

職場に苦手な人がいる…。苦手な人とのつき合いでストレスを減らす対処法3つ

職場に苦手な人がいる…。苦手な人とのつき合いでストレスを減らす対処法3つ

こんにちは。Ricorissの、りこです。

相手は自分に対して、悪い感情は持っていないのかもしれない。
でも個人的には、苦手だ…。

できれば関わりたくないけど、会社だから避けられないし…。
そんなそばから、今日も相手と関わらなきゃいけないし…。

職場では、苦手な人とも付き合わなければならない場面があり、気が重い時がありますよね。

そんな職場に苦手な人がいる人へ。
苦手な人とのつき合い方と、ストレス対処法をまとめました。

この記事は、こんな人へ

  • 苦手な人がいて、相手と接することにストレスに感じる。ストレスを軽減したい。
  • 相手への苦手意識が強くなっている。
  • 相手ともう関わりたくない。相手の不愉快な部分しか見えない。

 

対処法1. なぜ相手を、苦手なのか考える

まずなぜ相手を苦手だと思うか、を探っていきましょう。

苦手意識の裏側には、原因の根っこがあります。
その根っこを理解することは、ストレスを軽減することにつながります。

 

相手のどこが、一番苦手ですか?

どこって
言いたい放題で、失礼なとこ!
人の気持ち考えず、好き勝手言う人に、苦手意識もつのは当然だよ!!

私たちが特定の相手を嫌っている時、通常は相手の言動が原因と捉えますよね。

ですが苦手意識を掘りさげてみると、実は過去に起因していることが多いです。

 

苦手意識は、無意識からくる

memory

上の例だと「言いたい放題の、相手が苦手」ですね。

この場合、過去を探っていくと、
その反対の状況を体験し、辛い思いをしたことなどが考えられます。

例えば「本音を言うことができず、言いたい事を我慢していた」可能性です。

そんな折に、好き放題に発言する相手を見ます。すると無意識は

 

無意識
私だって本当は、自由に言いたかったよ!
この人、私がしたくても出来なかったことを、私に見せつけてる!

 

と、不快反応を起こします。

私たちは勿論、無意識の声など知らないので、
見えている部分=相手そのもの、に苦手意識や、怒りを感じます。

 

苦手意識は、無意識からのメッセージでもある

shadow

時として苦手意識は、
辛かったことを解放して」という、心の叫びの場合もあるのです。

そんな馬鹿な」と思うかもしれませんが、苦手意識が強い場合は、
相手の態度が、過去の辛かった経験とリンクしていないか、探ってみて下さい。

それをしたところで、相手を変わらず苦手、と思うかもしれません。

けれど相手と、過去との関連性を見つけ、
ああ、だから苦手だったんだ」と理解に至ると、

やみくもな苦手意識から解放され、ストレスを軽減します。

 

対処法2. 様々な感情を使い、相手を見る

苦手意識のある人を、私たちはどう見ているか。色相環で、見ていきましょう。

通常の、相手の見かた

pattern1

あなたは中心にいて、周囲の色は、様々な感情・思考です。
普段私たちは、様々な色を通し相手を見ています。

 

例えばブルーを通し、相手を見る場合、
ブルーは論理的なので、相手の人格を分析します。

ブルー
言い方に気をつけないから、周囲からは、誤解をうける人だろう。
けれどその後に普通に話しかけてくるあたり、悪気は無いのかも。

次にイエローの場合です。
イエローにはユーモアがあるので、相手を笑い飛ばすかもしれません。

イエロー
うわー。言いたい放題だよ。今度から「壊れたラジオ」って呼ぼー。

このように普段は、複数の視点で、相手を認識することができます。

次に、苦手な人の見かた

pattern2
あなたの一部であったレッドが、中心のあなたに近づきます。

レッドは、この場合ネガティブに働いており、嫌い・拒絶を表します。

レッドはあなたを占領し、攻撃的な感情で満たす傾向があります。
苦手な相手へは、レッド・嫌いのみを通し見ています。

レッド
なにあの人…。ほんと無理…。苦手…。嫌い…。

 

又レッドには集中や、炎の性質があるので、
相手への拒否感に集中し、燃えさかり、ストレスとなります。

 

ストレスを食い止めるには、
拒否感に集中しすぎず、様々な感情を使い相手を見ることに、意識的であることが大切です。

けれど相手への怒りが、あまりに強い場合は、

怒りが、ずっと収まらない…。怒りが収まらず、長引いている時の対処法2つ
を参照して下さいね。

 

対処法3.視点を、高くもつ

96

これはオーラソーマの、ラファエルというロイヤルブルーのボトルです。
このボトルの視点は、

  • 相手を嫌っている、自分を見る。
  • 嫌われている、相手を見る。
  • その二人が出会い、何が起こっているを見る。

といった高い視点を持っています。

pattern3

そして高い視点は視野が広い分、状況に新たな対策・発見を、見つけやすくなります。

その対策、発見とは、例えば

  • 常識の範囲内で、相手と接することが最善。
  • 相手との接触を、極力おこさないことが最善。
  • 苦手な人の友人は、なぜ相手と友達になれるのかを考えること、等々かもしれません。

「嫌い・無理」は、基本そこで終わりで、その後はありませんが、
高い視点には、その後「新しい何かを生む余地」をもたらします。

あなたから、レッド・苦手のフィルターをはずしたら、相手は一体どんな人間に見えますか?

ストレスから自らを引き上げる為にも、
今まで自分が見えなかったものを、見ようとする姿勢は大事です。

 

それでも相手と接する際、ストレスを感じる時

でもさ…
相手と接しなくちゃいけないと思うと、やっぱり逃げたい…。

やはりストレスは、ストレスですよね。

先ほどのラファエルのボトルですが、ラファエルは癒しの天使と言われており、優しさがあります。

rose

でもそれは苦手な相手に優しくする、ということではありません。

相手を嫌い、苦手意識でストレスを感じている自分に対し、優しくあることです。

自分に優しさを与える時、苦手な相手に対しても、穏やかにつき合える余裕がうまれます。

自分が穏やかである時に、相手と話すことは
相手に拒否感を感じている時より、たやすいはずです。

 

自分に優しくある時、相手はこう見える

実験です。2つのライオンの画像を、比べてみます。

このライオンを苦手な人だと思い、
ライオンがそれぞれどんな印象に見えるかに、注目して見て下さいね。

 

1. レッド背景
red

 

2. ピンク背景
pink

 

ライオンの印象が、ぜんぜん違いますよね。この状況が、実際私たちに起こっています。

うん…
レッドが背景だと、余計憎らしく見える…。ピンクは、まだマシ…

レッドは拒絶を、ピンクは優しさを表し、
私たちはレッドとピンク、どちらを通し相手を見るかを自分で選んでいます。

自分にピンク・優しさを与える時、拒絶感はやわらぎ、何かを受け入れる容量が増すため、
自分や相手を傷つけることから、離れることができます。

そしてその姿勢は人間関係に、人生に、ポジティブな変化をもたらします

 

心に優しさをもたらす、アイテム

では自分にピンク・優しさをかけるためのアイテムを紹介します。

ホット・ジャスミンティー会社・家でのケアに。

herbtea

花茶、と呼ばれるジャスミンティーは、
香りの美しさにも癒され、自分に優しくありたい時には、最適のお茶です。

3杯で、りんご1つ分のビタミンCを配合し、美肌効果があります。

女性ホルモンのバランスをとり、苦手な相手にイライラした時、
緊張をやわらげ、リラックスさせてくれます。

 

アロマオイル・オレンジスウィート家でのケアに。

orange

家で苦手な人のことを考えてしまい、気分が滅入った時には、オレンジスウィートがお薦めです。

オレンジスウィートは気分をあげ、気持ちを前向きにさせます。
色の観点からもオレンジ色は、感情が揺さぶられた後の、心の緩和に働きかけるので、
苦手な人と一悶着あり、リセットしたい時には、オレンジスウィートは最適です。

 

色なら、ピンク色を取り入れる

pink

ピンクは、苛立ちをそのまま相手にぶつけるのを避け、
優しさ、愛情の質から、相手と向き合うことを促します。

家なら、ピンク系の部屋着を取り入れてみたり、
会社で、ピンク系の洋服を取入れるのはちょっと…、と思う場合は、ピンク系のブランケットでもいいです。
優しい気持ちになりたい時は、意識的にピンクを見るといいでしょう。

あと、
喧嘩した相手と会う時、ピンク系の洋服を取り入れると
相手との調和に働きかけるよ。

 

相手と向き合った後、嫌な気持ちになったら

温かい飲み物の入ったカップを手で包み、しばらく休憩して下さい。
teabreakコロラド大学の心理学教授が、温度が感情に与える影響の実験を行いました。

被験者を2グループに分け、
1つのグループには、温かいコーヒーカップを持たせ、もう1つには、何も持たせませんでした。
その後各グループに、ある人物を評価するよう尋ねると、

温かいコーヒーカップを持ったグループは、相手にいい評価をくだしました。
温かいものを持つと、大らかな気持ちになり、相手を好意的に見るという結果がでたのです。

今回の場合、相手を好意的に見る、とまではいかなくても、
ピンク色でも見ながら手を温め、嫌な気持ちをほぐしましょう。

 

最後に

苦手な相手がいる時、ストレスがついてまわります。
その期間はそれ以上に、自分の心のケアをして下さいね。

オーラソーマ・カウンセリングは
ロイヤルブルー・自分の内側にある、高い意識に触れられる、カラーセラピーです。

特定の状況に気分が滅入った時、

感情の視点からだけではなく、より視野の広い視点から、現実を捉えると、
新しい何かを発見することがあります。そしてオーラソーマは、その新しい視点を提供します。

もし今の状況を一人で向き合うのが難しい、と感じた時、
お気軽にサロンにお立ち寄りくださいね。

 

保存保存

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index