Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

何かを理解するためには、その「反対にあるもの」を意識することが大切

何かを理解するためには、その「反対にあるもの」を意識することが大切

何かを理解するときに 大切なこと

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

 

みなさんにとって、何かを本当に理解する時って
どんな時でしょうか。

 

私は以前、シンガポールに住んでいたのですが
そこは一年中が常夏で、春が来て夏が終わり…
というような、季節の変遷がありませんでした。

日本はその点、季節毎に風情が異なり
風があたたかい季節があれば、柔らかい季節もあります。

そうして季節の変化がないシンガポールと
ある日本とを対比したことによって
それぞれの季節が持つ価値が、より味わえるようになりました。

 

同様に「人が何かを深く理解する」時は
そういった「異なるものとの対比」があってこそ
深い理解に結びつくのかもしれません。

 

違いを知るからこそ、本質が見えてくる

 

もし「優しさ」を知りたかったら
対極に位置していそうな「冷たさ」を知ってこそ
優しさの質を、より理解できる。

静けさは、その対比として「音のある状態」があるからこそ
それがなくなった瞬間に立ち上がってくる。

 

何かを理解したい時は、そのものと対極に位置している
「異なる性質のもの」を知ることが大切で

もし私たちが、特定の物事の1つの側面のみを追うならば
そのものの神髄、本質といったものは
もしかすると眠ったままなのかもしれません。

 

異なる色が入っている オーラソーマのボトル

 

ちなみにオーラソーマのボトルの中には
性質の異なる、2つの色が入っていて

カウンセリングでは、その2色が混ざった時
何色になるのかにも注意が払われます。

 

2色が混ざった色は
クライアントの潜在能力であるかもしれないし
葛藤や苦悩を表しているかもしれません。

いずれにせよ、クライアントの中で
その異なる2つの色を統合することができる
精神的な土台ができてくると

考え方や感じ方の幅が広がり、今迄とは違う視点から
人や状況に対して、向かい合うことができる
新しい姿勢が生まれてきます。

 

隠れている側面を見る ということ

 

私たちには日常で

  • 人生の、この部分だけ上手く機能していない
  • いつも特定の状況で、ひっかかってしまう
  • 特定の人の、特定の振る舞いが苦手など

「自分にとっては、難しいと感じるポイント」
をそれぞれに抱えて、生活していると思います。
そこで大切になってくるのは

「難しいと思っているもの・ことの
対極にあるものは何か、隠れているものは何か」
を、意識することなのかもしれません。

 

 

今もし、誰かに「支配やコントロール」されているようで
息苦しさや怒りを感じているなら。

その対極に位置するものは、もしかしたら
「自由意志や、自分本位」といった在り方で

その状況は、今後どうそれらを獲得するために
戦えば良いのかを、学ぶための機会なのかもしれません。

 

また「人とコミュニケーションすること」が苦痛で
一人でいる方が楽だと感じていても

それはいつか「人と繋がることの大切さ」に向かう為に
あえて今、その状態を経験をしているのかもしれません。

 

私たちは、特定の状況に難しさを感じている時

そんな風にはっきりと、一体自分が
どういう2つの性質の間に挟まれているのかを
客観的に捉えることは難しいかもしれません。

 

けれど、もしかすると特定の状況は

「その対極、反対側にあるものを理解する為に
それは起こっている」

と、意識できるならば
状況は少しずつ、今まで見えなかった別の側面を
私たちに見せてくれるかもしれません。

 

 

難しい状況は避けられなくても
それに対峙する姿勢は調整していくことができます。

特定の現象の反対側にある、
隠れている「何か」を意識しながら
物事を見つめる姿勢を持つ時。

 

その時は、はっきりと答えは見えなくても
「あの出来事はこの理解を得る為に、必要だった」と

ある時ふと、深い理解がやってくるのかもしれません。

 

最後に オーラソーマ

何かを理解するために
その反対にあるものを意識することが大切、というお話でしたが

「右もだめ、左もだめ」と思ったときには
「いっぺんボーっとするか」というくらいのつもりでいると
答えが生まれてくることもあるのではないでしょうか
河合隼雄

という言葉があります。

何かを理解する為に、積極的に考えたり
または何も考えなかったりして
最善の理解にたどり着けることが何よりですが

一人であれこれ考えすぎて、こころ疲れた時は
色の中で自分の思いを棚卸しする、オーラソーマをどうぞ

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 
 

TAG index

 

TAG index