Ricoriss リコリス

女性の「生きる」を創造する

カウンセリングや、心理系セッションに興味がある方へ。留意したい、3つのこと

カウンセリングで、大切にしたいこと

 
こんにちは。Ricorissリコリスの、Ricoりこです。
 
みなさん、カウンセリングやセラピーを
受けたことはありますか?
 
 
今回は、心理系のカウンセリングや
セラピーに興味がある方へ。
 
セッションを受けるにあたって
留意したい、大切な3つのお話です。
 
 

①1人時間は大切


 
カウンセリングを受けると、時として
無意識に沈んでいた、感情や思いが
表出してくる場合があります。
 
 
それは大きな怒りや、悲しみなど様々ですが
それらの感情の潜伏期間が、長期であるほどに
 
湧き上がってきた感情と対峙するには
いつもより大きな力を必要とします。
 
 
よって可能なら、セッションの後は
人に会ったり、どこかに赴くよりかは
1人時間を確保するのが、おすすめです。
 
 
セッションで気づいたことを、改めて考えたり
こころの内側から湧き上がってきた思いに
いつも以上に寄り添ってみて下さい。
 
大切な気づきや理解は
静かな1人時間から、浮かび上がってきます。
 
 

②願望のみを追わない


 
私たちは、意識的にも無意識的にも
多くの願望を持っています。
 
 
たとえば恋愛の場合、相手が善良な人間であり
関係が上手くいくよう願うため
 
その願望を補強し、肯定してくれる意見を
無意識的に求める傾向があります。
 
 
ですがカウンセリングで自分の願望と
相容れない意見に直面した場合。
 
 
おびやかされた願望と、精神の安全を守るため
自分の願望を肯定し、励ましてくれる
カウンセラーに出会うまで
 
どちらかと言えば依存的な形で
様々なカウンセリング/セッションを
追い求めてしまうケースがあります。
 
 
勿論そういった経験から
学ぶものもあるかもしれませんが
 
こういった状況で大切にしたいのが
オーラソーマ・93番ボトル
「ヘンゼル」のメッセージです。
 
 

「今の自分の姿を、はっきりと見ること」

 
このボトルは「ヘンゼル」といいます。
 

 
このボトルは
自分の願望のみに浸り続けるのではなく
 
自分が受けとめようとしていない
「影の部分」を含め
 
「今の状況と自分を
しっかり見つめなければならない」

 
 
という若干、耳が痛い
けれど核心をつくメッセージを伝えています。
 
 
自分を肯定してくれる優しい言葉は
束の間の安心感を与えてくれますが
 
当人の意識が根本的に変わっていないなら
もちろん現実は変わりません。
 
 
 
心理系のセッションを受けるのは
他者からの一時的な肯定や、共感が欲しいから?
それとも今後の自分に働きかけるため?
 
表面的な願望に惑わされず、自分にとって
本当に帰着すべきビジョンを意識しましょう。
 
 

③カウンセラーを権威にしない


 
「カウンセラーやセラピストに
こう言われたから大丈夫」

 
「彼らがああ言ってたから、難しいのだろう」
 
 
など、心理的なセッションを受ける際は
どちらかというと、クライアントさんが
受け身の立場をとる場合が多いです。
 
 
けれどカウンセラーを絶対的な権威にせず
「自分主導の感覚」を持つことは大切です。
 

 
現在、数多くの心理的なセッションが存在し
中には短期で資格がとれ、セッションを施す側に
即、回れてしまうものもあります。
 
 
そういった状況下では、カウンセラーが

  • あまりに個人的な信念や
  • 考え方の癖
  • 自分の問題などを

 
無自覚にカウンセリングに持ち込みながら
その状況に気づく意識が
抜け落ちているケースは多々あります。
 
 
悪気はなくとも、カウンセラーのあまりに
個人的な意識に覆われたカウンセリングによって
 
傷つけられてしまった人々の声は
残念ながら、よく聞きます。
 

 
心理系セッションを施す側にも、勿論
カウンセラーとしての初期ステージがあり
 
経験値が浅くとも、実際の臨床に
真摯にぶつかっていくしかない期間はあります。
 
 
また自分自身の内面の問題から
完全に解放されたところで
カウンセリングをできる人間は皆無でしょう。
 
 
ですがカウンセリングを施す側の人間が

  • どんな意識で仕事に向きあってるのか
  • 療法家として以前に
    人として共感できるか
  • 社会常識は持っているか

 
などは意識してみましょう。
 
 
もしカウンセラーに
腑に落ちない言動があった場合、相手はそれを

  • 個人的な感情から放っているのか
    それとも
  • 言葉の厳しさはあっても
    療法家としての洞察を示している

 
など、相手の言葉を鵜呑みにするのではなく
自分なりの判断を持ってください。
 
 
ですがここが少し難しいところで
判断を下す際、先程の「ヘンゼル」に然り
 
自分にとって都合が悪そうだからといって
遮断しすぎないよう、全体感をもって
カウンセラーの言動を見つめましょう。
 

 
個人的な話になりますが、私個人は

  • 臨床心理士/公認心理士
  • 上記の国家資格はないが
    臨床心理士から心理療法を5年以上受けた
    民間のプラクティショナーから

 
教育分析(※)として
長期の心理カウンセリング/心理セッションを
受けています。
 
※教育分析=カウンセラー自身が、心理療法を受けること
 
 
私を担当してくれた
国家資格を持つ心理士も、民間の療法家も
 
自分自身が教育分析を受けた経験から
クライアントの置かれている状況を
身をもって理解し
 
自分がすべきこと・すべきでないことを
考え抜きながら、セッションに向き合う
真摯さがありました。
 

 
個人的には、カウンセラーから
教科書通りの定説を、一方的に押し付けられたり
表面的な励ましに終始されるより
 
 
カウンセラー自身が、心理分析の実践を通し
自分自身としっかり向き合っていて
 
精神世界と対峙する厳しさや
痛みを知っている。
 
そしてその経験から滲み出てくる
冷静さと配慮の方が、支えになりました。
 
 
 
こころの不調が増え続けている現代では
 
心理系の国家資格がなくても
クライアントさん親身に寄り添う
民間のカウンセリングは支えになります。
 
たった1日でも、数10分でも
誰かに話を聞いてもらうだけで
大きな救いとなる方はいるからです。
 
 
ですが

  • うつ症状や
  • 投薬を伴う精神疾患がある方
  • PTSD、トラウマによる心身の
    ストレス症状を発症している方
  • 重度の依存症状をお持ちの方は

 
かならず精神科や心理療法士、公認心理士など
国家資格のある専門家から
カウンセリングを受けてください。

 
 

関連サイト

今の自分にとって、必要な支援を探し出せる
完全無料お悩みハンドブックも役立ちます
 
支援を使いこなそう。お悩みハンドブック

 
 

最後に、オンラインコース

  • 1人時間を持つ
  • 自分の願望のみを追わない
  • カウンセラーを権威にしない

 
以上が、心理系カウンセリングを受ける際に
意識したい点でしたが
 
 
カウンセラーの助言や指導によって
人生が変わる訳ではありません。
 
そして誰かに与えてもらう指示に
盲目的に従うことが、ゴールではないはずです。
 
 
自分で、人生を創る力を育む。
 
その力を育てる道の1つに
心理系セッションはあります。
 
 
 
自分の思いを誰かに聞いてほしいけど
いきなり対面は緊張する。
 
うまく話せるか、こころもとない方は
自宅で行う、オンラインコースをどうぞ。
 
 
ゆっくりと時間をかけながら
カウンセラーと共に、人間関係と自分自身を
見つめる機会を持つコースです

オンラインカウンセリング

 
 

About The Author

Ricorissリコリスを主催する
心理カウンセラー/サウンドセラピスト
 
プロフィールを見る

人間関係の舞台裏「人間関係には、舞台裏がある」

女性の「生きる」を創造する
人間関係を、自分を見つめる

オンライン・カウンセリングコース
Online Counseling Course

 

自分を思うひとときRicorissのメルマガ


●メルマガ限定のコラムや
●キャンペーン情報を含む

自分を思うひとときを過ごす
メルマガをお届けします

    
オンライン・カウンセリングコース
裏側の物語
 女性のための、カウンセリングサロン
Ricorissリコリスの思い
©Ricoriss All Rights Reserved
著作権者の許可のない、当サイトの文章や画像の無断転載や使用および
言い回しを変えただけの内容の模倣を禁じます
error: Content is protected !!