カウンセリングや、心理系セッション受けたい人へ。留意したい、3つのこと

カウンセリングや、心理系セッション受けたい人へ。留意したい、3つのこと

カウンセリングを受ける上で 大切にしたいこと

 
こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさん、カウンセリングや
セラピーなどを、受けたことはありますか?
 
 
私はというと、オーラソーマを始める前は
そういった機会をもったことは、ありませんでした。

ですが自分が、精神的な領域に関わるにあたり
まず「セッションを、受ける側にまわろう」と

長期の心理療法やボディーワークなど
様々なセッションを、体験してきました。
 
 
みなさんの中には

  • こころに関する、セッションに興味がある
  • カウンセリングや、セラピーなど
    何らかを、体験済みかもしれませんが

 
今回は、そういった
精神的なセッションを受けるにあたって
留意したい、大切な点をご紹介します。
 
 

 

1 セッション後の「一人時間」の大切さ


 
こころに関する、セッションを受けるにあたって

時として、無意識に沈んでいた感情が
立ち上がってくる場合があります。
 
 
それは大きな怒りであったり
深い悲しみであったり、人によって様々ですが
その感情が潜伏していた期間が、長期であればある程。

突然湧き上がってきた、感情と対峙する際
いつもより、大きな力を必要とします。
 
 
よって可能ならば、セッションの後は
誰かに会ったり、どこかに赴くというよりかは

セッションでの余韻を、自分の内側に落としむための
「一人時間」を確保するのが、おすすめです。
 

 
「自分と向き合う」作業は
実はなかなか、難しいものです。

せっかくお金と、時間を払って得た
セッションの対価を高めるためにも

セッション後はなるべく、いつも以上に
内面の思いに、寄り添ってみて下さい。
 
 
大切な気づきや理解は、そういった静かな時間を通して
ふいに、現れてくるものだと思います。
 
 

2 願望のみを、追わない


 
私たちにはそれぞれ、意識的または無意識的に
「望んでいる願望」があります。
 
 
たとえば恋愛などの場合、もちろん最初は
相手が善良な人間であり

その関係性が、上手くいくよう願うため

その願望を補強し、肯定してくれる意見を
無意識に、追い求める傾向があります。
 
 
そして万が一、心理的なセッションで
「自分の願望と、相容れない意見」に直面した場合。

おびやかされた願望と、精神的安全を守るために

自らの願望や欲求を肯定してくれる
カウンセラーに出会うまで

どちらかと言えば、依存的な形で様々なセッションを
追い求めてしまうこともあります。
 
 
勿論、そういった経験から
学ぶものもあるかもしれませんが

こういった状況で、大切にしたいのが
オーラソーマ・93番ボトル「ヘンゼル」のメッセージです。
 
 

「今の自分の姿を、はっきりと見ること」


 
これが、93番ボトル「ヘンゼル」です。
 
このボトルは、自らの希望的観測だけに留まらず
自分が受けとめようとしていない
自らの「影の部分」を含めて
 
 
「今の状況と、自分をしっかり見つめなければならない」
 
 
という若干耳が痛い、けれど
大切なメッセージを伝えています。
 
私たちが自分を肯定する、優しい言葉のみを追う時。

その束の間、安心を感じることはできても
それは、現状のリピートに引き戻されるだけで
今後の景色は変わりません。
 
 
心理系のセッションを受けるのは
自分を単に、肯定してもらいたいから?
それとも「これから」に働きかけるため?
 
 
表面的な願望に惑わされず
本当に帰着すべきビジョンを、意識しましょう。
 
 

3 カウンセラーを、権威にしない


 
「カウンセラーや、セラピストに
こう言われたから大丈夫」

「彼らがああ言ってたから、難しいのだろう」
 
 
精神的なセッションを受ける時は
専門知識もない分、どちらかというと

クライアントさん=受け身の立場を
とる場合が多いかもしれません。
 
けれど、カウンセラーを絶対的な権威にせず
自らの意思や、自分主導の感覚をもつことは大切です。
 
 
場合によっては
カウンセラーや、セラピストの言動に対し

「それは、どうなんだ?」と、腑に落ちなかったり
納得がいかないことも、あるかもしれません。
 

 
現在、日本には、数多くのセッションが存在し
セッションを施す側が、自らの心理的な教育分析を
しっかり行なっていなくても

短期間で資格がとれ、セッションを施す側に
回れる状況があるのは確かです。
 
 

そして、そういった状況下では時折
セッションを施す側が、あまりにも個人的な信念を
無自覚にも、セッションに持ち込み

そのセッションにも、クライアントさんにも
ネガティブな影響を与える状況は起こりえます。
 
 
 
勿論、セッションを施す側にも
カウンセラーとしての、初期ステージがあり

経験値が浅くとも、実際の臨床に
誠心誠意ぶつかっていくしかありませんが

 
 

セッションを施す側の人間が、どういった倫理観を持って
その仕事に向かっているのかを確認したり

もし、カウンセラーやセラピストの
「腑に落ちない言動」があった場合は、相手がそれを

  • 個人的な感情から放っているのか、それとも
  • 言葉の厳しさはあったとしても
    専門家としての洞察を示しているのか、など

相手の言動を、ただ丸受けするのではなく
自分なりの、客観的な判断をくだす姿勢も大切です。
 
 
ですが、ここが少し難しいところで
判断を下す際に、先ほどの「ヘンゼル」のボトルに然り

自分にとって「都合の悪いもの」だからといって
遮断しすぎないよう

全体感とバランスをもって
相手の言動を見つめてください。
 
 
 
カウンセラーの指示や指導によって
クライアントさんの人格や状況が、変わる訳ではないし

誰かに与えてもらった指示の内に
盲目的に生きることが、ゴールではありません。

 
 

自分で、人生を創る力を起こす。
 
それを思い出すための過程の1つに
心理的なセッションがあります。

 
 
対面セッションはどうも気が乗らないけど
内的な取り組みに興味がある方は
 
自宅で行う、セルフ・カウンセリング形式の
Web講座をどうぞ

 
 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

 

Profile image
こころのコンサルタント
カウンセラー/サウンドセラピスト/
色や音を使った、こころの世界の探求を専門にしています
 
プロフィールを見る
TAG index

 

TAG index

TAG index

 

TAG index

 

TAG index
error: Content is protected !!