Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カウンセリングや心の癒し系セッション受けたい人へ。心に留めておきたい3つのこと

カウンセリングや心の癒し系セッション受けたい人へ。心に留めておきたい3つのこと

カウンセリングを受ける上で 大切にしたい3つこと

 

こんにちは。Ricorissの、りこです。

みなさんはカウンセリングやセラピーなど
こころに関係するセッションを、受けたことはありますか?

 

私はというと、オーラソーマを始める前は
そういったセッションを、全く受けたことがありませんでした。

ですが、自分がこころの領域を扱う分野に関わるにあたり
セッションを受ける側に回ることも大切だと思い

以後、長期の心理療法を含めて
様々なセッションを体験してきました。

これを読んでる方の中には

  • こころに関するセッションに興味がある方や
  • カウンセリング、セラピー、心理療法、
    ヒーリングなど、何らかを体験済みかもしれませんが

 

今回は、そういったセッションを受けるにあたって
その効果を高めていく為に、
またセッションの盲点に留意する為に、大切な点をご紹介します。

 

関連記事
カウンセリングで、人生は変わる?カウンセリングに興味がある方へ。大切な心得
オーラソーマやカウンセリングでは「よくわからない部分」を意識することが大事

 

 

 1 セッション後は 一人時間を確保する

 

こころに関するセッションを受けるにあたって
時として、無意識の中にずっと沈んでいた感情が
立ち上がってくる場合があります。

それは大きな怒りであったり、深い悲しみであったり
人によって様々です。

そしてその感情が潜伏していた期間が、長期であればある程
突然湧き上がってきた感情と対峙する時、
いつもより大きな心身の力を必要とします。

 

よって、可能ならばセッションの後は
誰かに会ったり、どこかに赴くというよりかは

セッションの余韻を自分の中に落としこんだり
そこで感じたこと・思ったことを消化する為に
一人でのんびりと、時間を過ごし方がいいのかもしれません。

 

 

「自分と向き合うこと」は、忙しい日常の中では
出来そうで、なかなか難しいことだと思います。

お金と時間を払って得た、セッションという
対価を高めるためにも

セッション後はなるべく、個人的な時間を作るよう心がけ
いつも以上に、自分に寄り添ってみて下さいね。

 

気づきや理解は、そういった静かな時間の中で
ふいに現れてくるものだと思います。

 

2 自分の願望のみを追わない

 

私たちにはそれぞれ、意識的
または無意識的に、望んでいる願望があります。

たとえば恋愛などの場合、もちろん最初は
相手が善良な人間であり、自分と上手くいくよう願う為

自分の願望を補強し、肯定してくれる意見を
無意識に追い求める傾向があります。

 

そして万が一、セッションの中で
「自分の願望と相容れないもの」に直面した場合。

おびやかされた願望と、精神的な安全を守るために
自分の願望や欲求を肯定し、守ってくれる
カウンセラーや、セッションに出会うまで

どちらかと言えば依存的な形で
様々なセッションを、追い求めてしまうかもしれません。

 

勿論そういった経験から
色々と学ぶものがあるかもしれませんが

こういった状況で大切にしたいのが、オーラソーマの
「ヘンゼル」というボトルのメッセージです。

 

「今の自分の姿を、はっきりと見ること」

 

このボトルはオーラソーマ、93番ボトルの
ヘンゼルといいます。

 

このボトルは、自分の希望的観測だけに留まらず
自分が受けとめようとしていない、影の部分を含めて
「今の状況と、自分自身をしっかり見つめなければならない」

という、若干耳が痛いかもしれない
けれど、大切なメッセージを伝えています。

 

自分の耳に、優しい言葉のみを追う時。

つかの間の安心感を感じることはできても
長期的に考えた時に、それは本当に自分を救うのかを
意識してみることが大切なのかもしれません。

 

3 カウンセラーを権威にしない

 

「カウンセラーや、セラピストにこう言われたから大丈夫」
「彼らがああいう風に言ってたから、難しいのだろう」

など、こういったこころのセッションを受ける時は
専門知識がない分、どちらかというと
クライアント=受け身の立場と
なってしまうことが多いかもしれません。

けれど、カウンセラーを権威に見立てず
自分の意思、自分主導の感覚をもつことは大切です。

 

時にはカウンセラーやセラピストの言動に
「ちょっとそれは、どうなんだ?」と、腑に落ちなかったり
納得がいかないこともあるかもしれません。

 

現在、日本では沢山のセッションが存在し
セッションを施す側の
長期にわたる精神的、人格的な鍛錬がなくても

短期間で資格がとれて
セッションを施す側に回れる状況があるのは確かです。

そしてそういった状況の中で
セッションを施す側の個人的な感情が
セッションに大きな影響を与えているケースも
ままあると思います。

 

もしこれから、こころに関係するセッションを
受けたいと思っている方は

  • 相手がどういう倫理観をもって、その仕事をしているのか
  • またその倫理観を、自分は共感できるのか

を相手のホームページを意識的に読みこんでみたり
セッションを施す側に、腑に落ちない言動があった場合は
相手がそれを

  • 個人的感情から放っているのか、それとも
  • 専門家としての洞察を示しているのか

を自分なりに識別し、カウンセラーやセラピストの言動を
そのまま丸受けするのではなく

自分の倫理フィルターにかけることも大切です。

 

でもここが少し難しいところで
その「自分フィルター」をかける際に、先ほどのヘンゼルに然り

自分の願望にとって、都合の悪いものだからといって
遮断しすぎないよう、全体感とバランスをもって
相手の言動と、自ら直感的な感覚を見つめてください。

 

そして何より
「セッションで得たものに命を吹き込んでいくのは
カウンセラーではなく自分」という
自分主導の意識をもつことが、何より大切だと思います。

 

最後に オーラソーマ

 

こころを見つめ直し、これからを生き直す。
オーラソーマはそういった機会に
様々な洞察を与えてくれるカラーセラピーです。

こころを優しくほぐしながら、自分自身を見つめたい方は
美しいカラーボトルに包まれながら
こころと向き合う、オーラソーマをお試しください 

 

いいね!でRicorissの
最新情報をお知らせします

TAG index

 

TAG index